2016年11月28日

じけんじゃけん 1巻

「じけんじゃけん!」1巻を購読しました。



ミステリ」が好きでしょうがない女子高生、白銀百合子と、
百合子が好きでしょうがない男子高校生、戸入が所属する、
「ミステリ研究同好会」を中心にお話が展開するこの作品。

ヤングアニマル嵐に掲載されている作品で、
試し読みもできるので、興味のある方はまずはそちらへ。

ミステリが中心テーマに据えられてはいるものの、
本気でミステリが好きなのは百合子だけであり、
実際はミステリをきっかけにしたギャグネタの多い、
日常系学園モノの作品となっています。

この作品で特筆すべきは、何と言っても絵の上手さ。

白銀百合子

容姿端麗にして才色兼備、
超が付くほど美人という設定の百合子ですが、
その設定に全く遜色無く描かれています。

jikenjaken01_yuriko02.jpg

普段は物静かで冷静沈着に振る舞う百合子が、
ことミステリに関しては夢中になり、
瞳をハート形にして興奮する様は素晴らしく、
この描写を見るだけでもこの作品を読む価値があるでしょう。

jikenjaken01_yuriko03.jpg

黒髪ロングストレート好きな自分としては、
正にどストライクなキャラクター。
制服がセーラー服であるあたりもナイスで、
以前このブログで紹介したキャラを彷彿とさせてくれます。

他に登場する女子高生が、茶髪でショートカットだったり、
金髪ロングのお人形みたいなキャラもいたりで、
何となく「トモちゃんは女の子」みたいだなと思ったり、
その金髪ロングな女の子がヘンなニホンゴを喋っているのが、
ヒャッコ!」のアリスみたいだなと感じたり、
やたらに「〜じゃけえ」だの「たいぎい」という広島弁が出てきて、
それで「とろける鉄工所」を思い出したりと、
何だかやたらと他の漫画を連想させる作品でもありました。

また、ミステリに絡めてミステリー小説が取り上げられたり、
「叙述トリック」「倒叙ミステリ」といった単語が出てきたり、
男子一人に女子たくさんという状況から、
バーナード嬢曰く。」にも似た感じを受けますが、
「ド嬢」が読書ギャグに強く振っているのに比べて、
こちらはややラブコメ要素が強め。

戸入が百合子目当てで「ミス研」に入ったのもそうなのですが、
この作品をラブコメっぽくをしてくれているのが、
戸入が好きでしょうがない女子高生、四ツ名ひまわりちゃん。

四ツ名ひまわり

茶髪でショートヘアで、日焼けの跡も強く、
百合子とは真逆な感じのするキャラですが、
幼馴染みの戸入のことがずっと好きで、
戸入が百合子が好きなことを知っても諦めないあたり、
ラブコメ要素に欠かせないキャラでもあります。

制服から出ている部分は全て日焼けしており、
出ていない部分は日焼けしていないツートンカラーで、
それを強く意識できるお色気シーンがあったりして、
正統派の百合子とは違いマニアックな魅力がある彼女。

jikenjaken01_himawari01.jpg

メインヒロインで抜群の美貌とスタイルを持つものの、
天然系お嬢様であり、戸入との恋愛が考え辛い百合子。

百合子にぞっこんで、やや変態的な部分はあるものの、
ひまわりに優しい一面も見せていた戸入。

戸入のことが好きで、でも戸入からは何とも思われてなく、
でもボーイッシュでコケティッシュな魅力のあるひまわり。

とても先が気になる、この三人の関係。
やはり三角関係はラブコメの王道ですね。

恋愛要素が無くても充分面白い作品ですが、
ラブコメ成分のおかげで、とても自分好みな作品でした。



posted by 山田工作 at 21:49| Comment(0) | コミックス2016

2016年11月25日

波よ聞いてくれ 3巻

「波よ聞いてくれ」3巻を購読しました。



沙村広明先生による日常系シュールギャグ漫画であり、
ラジオと北海道をネタの中心に据えた本作品。

試し読みが出来る公式サイトがありますので、
未見の方はまずはそちらをご覧になるのが宜しいかと。

これまでのお話は、主人公の鼓田ミナレ嬢と、
彼女の金を持ち逃げした元彼の光雄の関係を中心に描かれ、
この件については今巻冒頭でほぼ収束しました。

その後、ミナレのアパートを巡るゴタゴタがあったのですが、
同じアパートの別室に住む男性の名前が
「沖進次」

namiyo03_shinji01.jpg

という、どこかで見たことのあるような人物。
きっと沙村作品では眼鏡を掛け黒髪で言動が不審な人物は、
皆この名前になるきまりがあるのでしょう。

まあそれはそれとして、3巻目にしてやっと、
ミナレがラジオのパーソナリティのような仕事をしています。
ラジオの仕事もやりつつカレー屋でのバイトも続けており、
ラジオ局とカレー屋、そして自宅だったり他人の部屋だったり、
とにかく出ずっぱりだったミナレさん。
主人公だから当然と言えば当然なのです。

が。

今巻に関しては、間違いなく南波瑞穂嬢が主人公。
これは目次ページ隣りの、この巻最初の扉ページが、
この彼女の一枚絵であることからも明らかです。

namiyo03_mizuho01.jpg

南波瑞穂。

ミナレが関わるFM局「藻岩山ラジオ」(MRS)のAD
見た目に可愛らしい彼女ですが、
かなり強引な流れで自宅に転がり込んできたミナレを、
厭な顔一つせず受け入れたばかりか、
食事の世話をしたり、ラジオについて色々教えたりと、
とても優しい心根の持ち主でもあります。

namiyo03_mizuho02.jpg

今巻では、ミナレと一緒に取材に赴く際に巫女の衣装を着たり、
作品内でラジオについて詳しく語られる重要な場面では、
女子高生時代の彼女がセーラー服で登場したりと、
彼女の魅力を様々な面からアピール。

namiyo03_mizuho03.jpg

コミックスのカバーを外した本表紙と裏表紙に、
彼女が授業で取ったノートが再現されているあたり、
いかに今巻が彼女に焦点を当てているかが分かります。

namiyo03_mizuho04.jpg

MRSの人気パーソナリティである茅代さんに向ける、
全ての感情を殺したような暗い眼差しからは、
ただ単にカワイくて優しい女性というだけでなく、
「女」としての情念が強く感じられたりして、
そんな風に色んな姿を見せてくれた彼女は、
本当に魅力的でありました。

namiyo03_mizuho05.jpg

一度は部屋を出ていったミナレが再度戻った時も、
全くこだわりなく笑顔で迎えてくれた瑞穂ちゃん。
ミナレでなくとも心底惚れてしまうのは仕方ないかと。

namiyo03_mizuho06.jpg

破天荒で自爆傾向の強いミナレと、
慈母の如く穏やかな瑞穂ちゃんは正にベストコンビ。

ラジオのことなど全く知らずに飛び込んできたミナレ。

ラジオの世界に憧れ、目指し、努力して辿りついた瑞穂。

全く違う性格で、全く違う人生を歩んできた二人が、
素晴らしいコンビネーションを発揮しているこの作品。

きっと今後も色々と楽しませてくれることでしょう。
posted by 山田工作 at 19:54| Comment(0) | コミックス2016

2016年11月18日

六道の悪女たち 1巻

「六道の悪女たち」1巻を購読しました(2回目)。



先日は「表紙買い」をしたと書きましたが、
その表紙に期待したとおりの素晴らしい内容でした。
今は試し読みができるサイトがありますし、
Kindleには「試し読み増量版」がありますので、
まだ読んだことの無い方はそちらをどうぞ。

向日葵乱奈

表紙を飾っていた向日葵乱奈は「女番」であり、
見てのとおり、通常時は不機嫌な仏頂面をしています。

それが「悪女から好かれる」という特殊能力を得た、
主人公の六道桃助と話すときだけは、
全く違う表情を見せてくれます。

rokudou01_anna02.jpg

つり上がっていた目付きが優しくなり、
にらみを効かせていた瞳も大きくなり、
固く結ばれたへの字口は小さく開かれ、
六道への愛の言葉を呟きます。

rokudou01_anna03.jpg

このデレっぷり。
通常時とのギャップがすごい。
表紙の、怖い女番の乱奈さんも良いですが、
このデレた時の表情もまた良いですね。
表紙に惚れてコミックスを買った自分としては、
色んな表情が見られて期待以上でした。

ただ、ちょっと期待外れだったのが、
乱奈さんの出番がそれほど多くなかったこと。
コミックス全体で見てみれば、六道をいじめていた、
不良の飯沼の彼女であるつばき嬢の方が目立っていました。

rokudou01_tubaki.jpg

つばきだけでなく、六道に魅かれる悪女は数多く登場します。
彼女らは「悪女」であるので、大抵はヤンキーかギャルなのですが、
それぞれがちゃんとキャラクターとして描き分けられ、
個性を持っているのは素晴らしいところ。

rokudou01_mob01.jpg

個人的には、サイドに剃り込みを入れた彼女が、
見た目はハードコアな不良といった感じなのに、
けっこうチャラい言葉遣いをするのが好ましかったり、

rokudou01_mob02.jpg

ひとりだけぽっちゃり体型の彼女は、
他の娘たちと同じように六道に魅かれているにも関わらず、
他の娘よりちょっと後ろのポジションにいつもいるあたり、
実は控えめな性格なのかな?
とか細かいところまで想像して楽しめるくらい、
一人一人がしっかりとキャラ付けされていました。

乱奈の登場シーンの少なさはちょっとがっかりでしたが、
代わりに彼女たちの立ち居振る舞いを見れると思えば、
作品全体としての魅力はより増したのだと言えます。

rokudou01_anna04.jpg

また、名も無き脇役の彼女たちと対比することで、
乱奈の存在感が際立つことを考えれば、
彼女たちの存在もまた重要な要素なのでしょう。

実際、彼女たちと乱奈やつばきでは、
六道に対する好意の表し方にかなり違いがあります。

キャーキャー言いながら六道を取り巻いている彼女たちに比べ、
飯沼という彼氏がいるつばきは、ちょっと距離を置いていますし、
飯沼が六道を殴るのを止められませんでした。

それに対し乱奈は、六道への溢れる好意を少しも隠そうとせず、
六道の為に力を振るい、六道の言うことは無条件で聞いています。
こういった、六道への好意のレベルの違いは、
今後の物語の展開上、重要な部分なのではないかと思います。

rokudou01_anna05.jpg

特に乱奈は、六道に対する盲目っぷりと、
それ以外の人に対する無関心さの違いが際立っています。

rokudou01_anna06.jpg

「目障りだから」と不良グループを叩き潰したり、
そもそも今時女番をやっているあたり、
彼女の心の中には、何か荒んだものがあるように感じられ、
それが六道への強烈な好意の源泉であるようにも思います。

日常に空虚感を覚え、何ものにも関心が持てず、
ただイライラと日常を過ごしていた彼女にとって、
例え怪しげな術の影響を受けた結果だとしても、
自分から「好意」を持った六道は、
今までに無い感動を与えてくれた存在だったのではないか。
そんな風に自分には見えました。

今は何も明らかにされていない彼女のプライベートですが、
物語が進むにつれて少しずつ明らかになってくるのではないか。
またそれに連れて、六道が身につけた能力についても、
徐々にその目的などが分かってくるのではないかと期待しています。

巻末で、乱奈に次ぐ「二人目」が登場しているあたり、
2巻に向けての引きもバッチリですし、
先が楽しみな作品がまた一つ増えました。

rokudou01_anna08.jpg

圧倒的な暴力の化身である「女番」向日葵乱奈も、
ただただ六道が好きで仕方ない乱奈さんも、
読んでみればどちらもとても魅力的でした。
そんな彼女にまた会えることを楽しみに、
2巻を待つことといたしましょう。

rokudou01_anna07.jpg
posted by 山田工作 at 23:01| Comment(0) | コミックス2016

2016年11月17日

六道の悪女たち ・・・?

「六道の悪女たち」1巻を購読しました。



久々に、表紙買いをしてしまいました。

何故、この表紙に強く魅かれたのか?

それは表紙を飾る向日葵乱奈嬢が、
紅夜叉にとても似ていたからです。

(※あくまで似てる似てないは主観の問題ですので、
  この件に関しての疑問、苦情等は一切受け付けません)


紅夜叉とはどんな人物か?
詳しくはリンク先のウィキペディア読んでもらえば分かりますが、
彼女は90年代に活躍した女子プロレスラーです。

KYasya_02.jpg

女性版暴走族である「レディース」スタイルの衣装を着用し、
その見た目のインパクトからテレビに出たりもしていたので、
30歳以上の方であれば、女子プロレスに詳しくなくても、
紅夜叉のことは知っているかと思います。
ただ、彼女は見た目だけのコスプレレスラーではなく、
れっきとした女子プロレスラーでした。

彼女が現役だった90年代の女子プロレスは、変革の時代でした。
それまでの、ビューティペアクラッシュギャルズといった、
強力な女性ファンに支えられたアイドル路線が終わり、
それに代わって、男性のプロレスファンの興味を引くような、
本格的なプロレスを女子が繰り広げるようになっていったのです。

当時の女子プロレス団体は、全日本女子プロレス以外の、
JWPLLPWといった新たな団体が生まれた頃で、
それぞれの団体が独自に活動をしていました。
とはいえ、老舗かつ大手である全女と新設の団体では、
選手の数でもプロレスのレベルでも相当の差があったのですが、
その状況を変えたのが、団体の垣根を越えた交流戦でした。

基本的にプロレスというのは自主興行であり、
選手は自分の所属する団体内で、同じ団体の選手と戦います。
客も、普段は自分の団体を見に来る人たちだけなのが、
交流戦となれば、他の団体を見に来ている客もいます。
客は、それぞれが贔屓する団体の選手に声援を送り、
他団体の選手がしょっぱい試合をすれば批判されるだけでなく、
選手一人一人の戦いっぷりが、団体の評価にも繋がってきます。

そんな厳しい環境で戦うことにより、選手個人はもとより、
女子プロレス界全体が切磋琢磨することでレベルが高まり、
それにつれて女子プロレスの人気も盛り上がっていきました。

当時、その人気の中心にいたのは北斗晶であり、神取忍であり、
他にも数多くのスターレスラーがいましたが、
その中で紅夜叉は、独自の存在感を放っていました。

団体対抗の激しい戦いが繰り広げられる中では、
自然と戦い方がガチンコスタイルとなっていきます。
プロレスである以上、客を楽しませてナンボではあるのですが、
より以上に勝ち負けと、その試合内容が問われるようになっていました。

そんな中、特攻服を着てヤンキースタイルを決める紅夜叉は、
間違いなく色物レスラーだったわけですが、
彼女が凄いのは、徹底してそのキャラクターを通しつつ、
プロレスラーとして魅力的な勝負を繰り広げていた点です。

KYasya_boku.jpg

ヤンキー座りでメンチを切ったり、ゴング前に奇襲を仕掛けたり、
奇声を上げて木刀で殴りかかるなどの反則をしながらも、
投げ技や飛び技もきちんとこなし、ロープワークも上手い。

体格的にはそれほど恵まれていないものの受けが強く、
相手の攻撃を長時間に渡って耐えきることができるため、
相手の良さを引き出した上で、自分の強さのアピールにもなる。

例えば、北斗晶とのシングルマッチでは瞬殺されたりしましたが、
華々しく戦って、華々しく散った様は見事で、
見て分かりやすく、楽しく、見事なプロレスを見せてくれました。

KYasya_ilust.jpg

ただのコスプレレスラーではなく、実力もあった紅夜叉ですが、
やはり女子プロレスラーとしては、その外見も魅力のうち。
こうしてイラストになっても見栄えがするくらい、
コスチュームが良く似合っています。

KYasya_01.jpg

更に言えば、パンツスタイルなので分かり難いのですが、
彼女はスタイルも良く、特に魅力的なのは何といっても胸。
彼女の所属していたLLPWは胸の大きい選手が何人もいましたが、
その中でも彼女は特別な存在感がありました。

ただの助平と罵るなかれ。
ただのプロレスではなく「女子」プロレス。
女性としての外見の魅力も、レスラーの魅力のうち。
プロレスラーとしては体格的に恵まれなかった彼女も、
女子プロレスラーとしては特別なモノを持っていたと言えるでしょう。

さて「胸」といえば、当時だけでなく今もって、
女子プロレス最大の胸を持つをレスラーがおりました。

reggie_GP01.jpg

レジー・ベネット
女子プロレスラーとしてよりも、
「ダッダ〜ン、ボヨヨンボヨヨン」のCMが有名で、
紅夜叉と同じく、ある程度の年齢の方ならご存じでしょう。

彼女の特徴は、なんと言ってもそのボディ。
圧倒的な存在感を誇っております。
プロレスの内容も分かりやすく、パワーで押しまくり、
多くの女子レスラーを吹き飛ばす様は圧巻で、
紅夜叉と並んで、今でも大好きな女子レスラーです。

思うに、自分はこういった体格や見た目で分かりやすいキャラに、
強く魅かれる傾向があるのかもしれません。

当ブログではもう何回も言及していますが、
自分がゲームキャラの中で一番好きなキャラである、
マリー・イボンスカヤ
ひょっとしたら、レジーがモデルになって、
彼女は生まれたのかもしれません。

だとすれば、両者共に好きなのは当たり前だなあなどと、
そんなことをつらつらと考える、良いきっかけとなりました。


って、肝心の「六道の悪女たち」は・・・?
posted by 山田工作 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物・その他

2016年11月12日

山と食欲と私 3巻

「山と食欲と私」3巻を購読しました。



くらげバンチに掲載されているこの作品ですが、
1巻について書いた記事のとおり、
試しに読んでみた際に登場していた、
小松原鯉子さんに一目惚れして購読したようなもので、
この3巻ではその小松原さんが巻頭から登場しています。

yamasyoku03_koiko01.jpg

遂に小松原さん、登山デビューです。
とても楽しそうであります。

以前も書いたとおり、黒髪おかっぱに細目と、
見た目には地味系な小松原さんですが、
こうしてレジャーを積極的に楽しみいく姿勢といい、
会社で働くシーンでのぶっちゃけっぷりといい、
性格的には結構にぎやかな感じの人です。

yamasyoku03_koiko03.jpg

関西弁がよりにぎやかさを強調しているのかもしれません。
しかし、別れた男のことをいつまでも引きずっていたり、
山での食事時、鮎美が体育座りなのに対して、
小松原さんは横座りだったりといった女性らしさもあり。

yamasyoku03_koiko02.jpg

いずれにしろ、自分の気持ちにストレートで、
喜怒哀楽が解りやすく豊かなところが良いですね。

今までこのブログで紹介してきた黒髪長身女性といえば、
メジャーなところではニコ・ロビンであったり、
マイナーなところでは四月鑑さん天戸勇さんなど、
自分の感情を抑制しているような、
大人な女性であることが多かったと思います。

そんな彼女らと比べ小松原さんは、
見た目の地味さと言動のにぎやかさのギャップが良いですね。
今後も注目していきたいと思います。

また今巻では、第三の山登り女子として、
瀧サヨリさんが登場しました。

yamasyoku03_sayori01.jpg

短めのおかっぱに大きなツリ目、小さな眉。
感情表現はごくごく抑え目で、基本無口。
身体も小さく、何から何まで小松原さんと対極な彼女。

連載をリアルタイムで読んでいるとより一層、
瀧さんと小松原さんの対比が目立ってきています。
無料で読める作品ですし、興味を持たれた方は、
是非読んで見ることをオススメします。
posted by 山田工作 at 21:55| Comment(0) | コミックス2016