2018年03月14日

六道の悪女たち 8巻

「六道の悪女たち」8巻を購読しました。



表紙を飾るは鬼島連合総長、松々宮童子。
てっきり椰子谷さんが来るものと思っていたので、
これはちょっと意外でした。

さて、その椰子谷唯。
鬼島連合幹部「ナンバー1」は伊達ではなく、
驚異的な強さを持つ女性でした。

rokudou08_yashiya01.jpg

前巻で幼田や波瑠也が苦戦した般東や朱井を、
「私なら1分で倒せる」と言い切る自信。
そして巻末の描き下ろし漫画を読む限りでは、
どうも総長の松々宮よりも強いようですし、
ちょっと強さの底が見えません。

rokudou08_yashiya00.jpg

そしてそんな彼女に一対一で立ち向かい、
全く手を出さずに気絶させて勝った六道。
六道の持つ能力もまた、底が知れません。

rokudou08_yashiya06.jpg

六道の「悪女が問答無用で惚れる」という能力。
今回の椰子谷の負け方や、以前姫野莇美が惚れた際、
「白馬の王子様」という姿を六道に見たことからすると、
「悪女の理想像を具現化して見せる」能力なのかもしれません。

rokudou03_azamid.jpg

もしこれが正しいのだとすれば、
乱奈から見た六道はどんな姿なのか気になるところですが、
多分これは能力の一部でしかないだろう、とも思います。

そう考える理由は、幼田にあります。
幼田が六道に惚れた際、彼女は悪女ではありましたが、
恋愛には全く興味がなく、むしろ嫌悪していました。

rokudou02_osanadad.jpg

そんな彼女には、理想の男性像など無かったことでしょう。
それでも六道の能力は発動し、幼田は六道に惚れました。

その後、幼田の悪女の部分が薄まるにつれ、
六道に対しての恋愛感情も解消していき、
現在の幼田は以前のように、恋愛とは無縁となっています。

六道の能力は、幼田の悪女の部分にだけ働きかけ、
それが少なくなると、その影響力も無くなっていきました。
このことから、六道の能力は「悪女度」の強さによって、
その影響力が増減するものだと言えそうです。

今回、椰子谷が気絶してしまったのは、
彼女の「悪女度」が飛び抜けて高かったため、
六道の能力の影響力も絶大になってしまったからでしょう。

ただ、この悪女の部分に作用する力だけが、
六道の強さというワケではありません。
相手がどんなに悪女であっても、相手を思いやる優しさ。
この大きな優しい心こそが、六道の力の源泉です。

rokudou08_yashiya02.jpg

椰子谷が六道に見た理想像だけでは、
彼女の攻撃はエスカレートするだけでした。
椰子谷に止めを刺したのは、彼女に対する六道の優しさであり、
この優しさがあったからこそ、六道は椰子谷に勝てたのです。

rokudou08_yashiya04.jpg

今回の、乱奈を巡る鬼島連合との戦い。
これにしても、六道の能力と優しさの両方が、
乱奈に影響を与えたことで起きた出来事だと言えます。

もし乱奈が六道と出会う前に松々宮と出会っていたら、
暴力を好む乱奈はあっさり松々宮の誘いに乗り、
鬼島連合に入っていたかもしれません。

rokudou08_ranna02.jpg

また、乱奈と六道が出会って直ぐの頃であったなら、
松々宮の言葉に乱奈が惑わされるようなことは無く、
乱奈は六道から離れず、ずっと一緒にいたことでしょう。

しかし現在、乱奈は松々宮の言葉に乗り、
六道から離れていこうとしています。
それは、自分は暴力を好むような悪い人間であり、
そんな人間が六道の傍にいてはいけないという、
六道への「思いやり」の心からです。

rokudou08_ranna01.jpg

六道の言うことなら何でも聞いてきた乱奈が、
六道の言うことを聞かず、自分でそう判断している。
これはすごい変化です。

そして、乱奈にそんな変化をもたらしたのは、
孤立しがちな乱奈をみんなと一緒に行動させ、
何かを感じ、考えることを促してきた、
六道の乱奈への「思いやり」です。
六道の優しさは、確実に乱奈に影響を与えています。

rokudou08_ranna04.jpg

一方で、六道の能力もしっかりと効いています。
六道から離れれば、自分は思う存分暴力を振るえる。
でも、好きな六道とは離れたくない。

悪い人間でいてもいいんだって思えば思うほど
 六道くんのことが もっともっと好きになっていく

暴力を好む「悪女」の部分が、六道を好きな気持ちを強くする。
六道から離れれば、自分の暴力性を解放できる。
でも、大好きな六道からは離れたくない。

rokudou08_ranna03.jpg

深刻なジレンマに陥った乱奈の流す涙の、何と美しいことか。
今までも様々な表情を見せてきた乱奈でしたが、
今巻の見開きでの乱奈の泣き顔は、極上のものでした。

そんな乱奈の表情を引き出したのが六道桃助の力。
六道の持つ「能力」と「優しさ」は、
向日葵乱奈に大きな、そして複雑な影響を与え、
彼女から多くの感情を引き出していく。

この二人の関係の変化と、それによる乱奈の変化。
これこそが、この作品の見所だと思っています。
今後どんな風に変化していくのか、とても楽しみです。

が、それはそれとして。

六道が好きで好きで大好きで、
それを満面の笑顔で表している乱奈さんも好きなので、
ただただ六道と乱奈さんがイチャイチャしている、
そんなシーンも見たいんですよ僕ぁ。

無事に鬼島連合との戦いが終わって、
いつも通りの日常生活を取り戻して、
六道と乱奈さんのラブラブな姿が見れることを期待しています。
posted by 山田工作 at 22:40| Comment(0) | コミックス2018

2018年03月02日

幼女戦記 8巻

「幼女戦記」8巻を購読しました。



ターニャ・デグレチャフ少佐率いる第二〇三航空魔導大隊の、
敵基地への奇襲攻撃が前巻より続いています。

youjo08_vs01.jpg

迎撃のため出撃してきたアンソン・スー大佐は歴戦の魔導師。
数の優位を活かしてターニャを追い詰めますが、
自身の弾切れなどもあって撃破には至らず。

両者の闘い自体は痛み分けとなりますが、
大局的にはターニャたち帝国軍の大勝利となり、
レガドニア協商連合は国家存亡の危機に瀕します。

スー大佐の、敗戦国の軍人としての悲哀が描かれますが、
本人はあくまで軍人としての本分や義務を果たそうとしており、
ターニャに対する闘争心も衰えることはありません。

youjo08_anson01.jpg

思えば、これまでターニャと対峙してきた相手は、
出た→死んだ状態のことがほとんどだったため、
キャラクターとして語られることはありませんでした。

軍人で、名前付きで登場するのは帝国ばかりなため、
国の様子や軍隊の様子、キャラクターの掘り下げなどは、
どうしても帝国についてのものに偏っていました。

そんな中で、ターニャと複数回戦闘を行い、
今なお生き残っているスー大佐は、
帝国以外の国の様子を描く上で、とても貴重な存在です。

youjo08_haisen.jpg

周辺全てが敵という状況ながら、未だ勝利を続ける帝国。
それに対し、敗れてしまったレガドニア協商連合。
両者の様子をそれぞれ描き、対比することで、
勝敗のもたらすコントラストはより鮮やかになります。

youjo08_tanya03.jpg

とはいえ、戦争は敗者だけでなく勝者にも消耗を強いるもの。
帝国側にも戦争の当事者としての苦悩や負担があり、
それを最前線で受け止めるのが軍隊の役割です。
その軍隊の中でも、更に最前線でこき使われるターニャたち。
負けた方は悲惨ですが、勝った方も単純に幸せではない様子。

youjo08_tanya04.jpg

つくづく、戦時下に生まれなくて良かったなあと実感します。

幼女が戦争で活躍する作品などケシカラン、
そもそも戦争を娯楽扱いするとはナニゴトか、
という向きの意見もあるでしょうが、
戦争の悲惨さや不条理を描き、世に知らしめるのも、
戦争を扱った作品だからこそできることです。

そのことを、面白い漫画で読むことで実感できる。
とてもシアワセなことだと思います。

とりあえず、今巻で一番シアワセを感じたのがこの1コマ。

youjo08_tanya01.jpg

この、男性の部下の前で胸元をギュッと隠す仕草。
見た目だけでなく、仕草も少女らしさが身についています。

中身がオッサンなのは重々承知の上で、
次第に女の子らしくなっていくターニャが見られる、
このシアワセを、改めて噛み締めているのでございます。
posted by 山田工作 at 23:06| Comment(0) | コミックス2018

2018年02月28日

猫のお寺の知恩さん 6巻 + おじさまと猫 1巻

「猫のお寺の知恩さん」6巻を購読しました。



知恩さんが猫ちぐらを作りはじめたり、
源のクラスは学祭で猫喫茶をやったりと、
タイトル通りに猫にちなんだネタの多かった今巻。

chion06_chigura01.jpg

まあ猫喫茶といっても高校生が学校でやることなので、
本物の猫はおらず、学生が撮った写真の展示と、
猫の着ぐるみを着た生徒による接客がメイン。

chion06_nekomusume.jpg

しかしまあ、猫は全てを可愛くしてくれますね。
女の子が猫に扮する場合はもちろんのこと、
男子が着たとしてもそれなりにオモシロ可愛くなるという。

chion06_nekootoko.jpg

そんな中、今巻で一番可愛かったのは、
源のクラスメイトの昼間陽子ちゃん。
源のことが気になりつつも素直な態度が示せず、
クールを装いつつも感情が表情に出やすいという、
何となく猫っぽい雰囲気のある女の子です。

chion06_chigura02.jpg

とにかく知恩さん大好きな彼女ですが、
今巻では二人の出会いのエピソードが描かれ、
なぜ彼女が知恩さんに懐いているのかが分かります。
親切にされるとその恩を忘れない気質のようです。

chion06_chibihiru.jpg

親切で、自分のことを気遣ってくれる源に対しては、
憧れの知恩さんと同居していることへの嫉妬もあって、
愛憎相半ば、なかなか距離感がつかめない様子。

chion06_suku.jpg

それでも、二人とも文化祭の実行委員になったことで、
その準備や買い出しなどで一緒にいる時間が多くなり、
次第に親密さが増してきているように見えます。

chion06_kick.jpg

手(足)を気軽に出せるのは、
それが許してもらえるという信頼がある証し。
ある意味、源の優しさに甘えてると言えます。

知恩さん相手に男性論を語ってみたり、
同級生の男子に恋愛観を話してみたりと、
少しずつ昼間ちゃんの心情が明らかになってきています。

そんな真昼ちゃんの気持ちなど露ほど知らない源。
源の気持ちはまっすぐに知恩さんに向いています。
そんな二人の気持ちを知っているのかどうなのか、
自分自身の心情もよく分かっていないような知恩さん。

他のキャラも含め、今後どういった人間関係になっていくのか、
全く読めず、とても先が気になる作品です。

さて、写実的な「知恩さん」の猫たちも良いですが、
独自にディフォルメされた猫もまたカワイイもの。
キャラクターとしての魅力溢れるある猫の漫画がこちら。

「おじさまと猫」1巻



ペットショップで売れ残っていた猫と、
それを買い取った一人暮らしの中年男性。
お互いが初めての飼い主と飼い猫である二人の、
どこかおかしく、ほのぼのとしていて、
少し切なさもある、そんな創作猫漫画です。

桜井海先生がツイッターで描き始めた作品で、
現在はモーメントにまとめられているのが読めます。

多分にキャラクター化された猫の「ふくまる」は、
これぞ「ぶさカワ」という独特の魅力があり、
すでにグッズの製作も始まっています。

ツイッター発で作品が始まり、
既存の出版社からコミックスが発売され、
すぐさまグッズ展開が行われる。
ネット時代らしくスピード感のある、
漫画文化の新形態が生まれているようで、
その変化を実感できることに喜びを感じています。
時代は変わって行くのですねえ。

さて、コミックスの巻末のあとがきでは、
売れ残りの猫を主役としたことについて、
桜井先生の気持ちが少し触れられています。

売れ残りの問題、繁殖と処分の問題など、
ペットショップにはとても深くて暗い闇がありますが、
この辺のネガティブな話題は、中々扱いが難しいものです。

個人的には、ペットショップでの生体販売には反対です。
しかし、一人暮らしの年輩の男性が猫を飼おうと思ったら、
ペットショップくらいしか入手ルートがないのもまた事実です。

ペットショップで売れ残りの猫を、
一人暮らしの中年男性が買う。
この設定が生まれた背景には、猫を巡る、
様々な問題が隠れているように感じました。

もちろん、この作品を楽しむ上で、
こういった事情を斟酌する必要はありませんし、
それがこの作品の面白さに影響を与えるものでもありません。

ただ、ふくまるが幸せに巡り合えたように、
ペットショップにいる動物たちにも幸せが訪れることを、
猫や犬たちを取り巻く環境が少しでも良くなることを、
願って止みません。
posted by 山田工作 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス2018

2018年02月25日

ゴロセウム 6巻 + 魔入りました!入間くん 4巻

「ゴロセウム」6巻を購読しました。



これが最終巻となるのですが、
表紙にプーチノフ大統領を持ってくるあたりに、
この作品の主役が誰だったのかが端的に現されています。

goro06_puchi.jpg

ピースメーカーという、近代兵器を全て無効化する機械を以て、
肉体的実力至上主義の世界を実現しようとしたプーチノフ大統領。
その真の目的や、そもそもピースメーカーが何なのかといった、
物語の重要事項を全て説明し、見事に風呂敷を畳み切ってくれました。

暴れるだけ暴れまくった後の、非常にスッキリした感じの、
とても読後感のよい終わり方をしたと思います。

goro06_enzui.jpg

人がミサイルとして飛んだり、ラリアット一発で建物が倒壊したり、
日本の総理大臣が猪木ばりの延髄切りを巨人にかまして倒したりと、
壮大なバカバカしさが爽快感を与えてくれるだけでなく、
美麗な絵で描かれるキャラクターの魅力も素晴らしい、
非常に希有な漫画でした。

goro06_sasya.jpg

作者の馬場康誌先生は、もう次回作に向けて動き出している様子。
今度は一体どんな作品になるか、ドキドキしながら待ちましょう。


「魔入りました!入間くん」4巻も購読しました。



前巻から引き続き、学園祭の準備をしています。
魔界で、悪魔の学校の学園祭を満喫しようとする入間くんですが、
その学校を破壊しようとする人物が、今巻では登場しました。

irumakun04_rank.jpg

悪魔の本文は欲望に忠実であることであり、
悪魔の世界は実力至上主義であったはず。
それが学校などという序列と階級を管理するものができて、
魔界はすっかり変わってしまった。

それを本来の姿に取り戻す。
そのためには、秩序の象徴である学校を破壊し、
混沌と混乱を巻き起こす必要がある。

この考え方、やり方や目指す世界は違うものの、
「ゴロセウム」のプーチノフ大統領と似ています。

現在の世界を否定し、既存の秩序の破壊により、
古くて新しい世界を取り戻す。

まあ、現代でも極端な人が陥りがちな思考ですが、
とても一人よがりな考え方であり、
今の世界で普通に暮らしている人を置き去りにしています。

「ゴロセウム」は、その野望を砕いて終わりました。
その後には、いつもの生活が戻ってきています。
「入間くん」でも、この試みは入間によって止められますが、
これが今回で終わるのか、それとも繰り返されるのか、
それは今のところ何とも言えません。

ひょっとしたら、現状維持とも原点回帰とも違う、
これまでとは全く異なる世界が出現するのかもしれず、
それをもたらすのが入間なのかもしれません。

現状、そんな風に考えたりもしていますが、
実際のところ難しいことはどうでもよくて、
ただただ入間くんの頑張る姿を愛でるのが、
この作品の一番の楽しみ方だと思っております。

irumakun04_iruma.jpg

主人公にしてヒロインな入間くん。
読者は既に、入間くんに参っています。
魔界全体が入間くんの魅力に参った時が、
この作品の終わりの時なのかもしれません。
posted by 山田工作 at 20:08| Comment(0) | コミックス2018

2018年02月23日

肉極道 3巻 + おくさん 13巻

「肉極道」3巻を購読しました。



肉に異常な拘りを持つ、見た目極道風の男「肉極道」。
彼が主人公なのは間違いないのですし、
表紙にでっかく描かれているのは分かるのですが、
もう一方の主人公である浅倉まなびちゃんの、
表紙での扱いがとにかく小さい。

1巻2巻に比べればまだマシですが、
そのうち、肉極道のどアップが表紙になって、
まなびちゃんはグラサンに写り込んでいるだけ、
とかいう風になってしまわないか心配でなりません。

さて、本文はこれまでと変わらず、
まなびちゃんが様々な肉料理に挑戦しています。

nikugoku03_uzumi.jpg

「うずみ飯」や「肉吸い」といった珍しい料理から、
家庭のホットプレートで出来る美味しい焼き肉など、
肉を食べることに関しての豆知識が盛りだくさん。

連載当初の「美味しい肉の焼き方」のような、
家庭でもできるハウツーネタも相変わらずあるのですが、
日本や世界各地の肉料理の紹介も増えてきており、
一括りに「肉料理」と言っても非常に幅の広いことが分かる、
「肉の多様性」が実感できる内容となっています。

nikugoku03_potato.jpg

また、肉の調理に限らないネタも多く、
素材の選別や丁寧な下拵えといった、
基本的な部分が大事なのだということが描かれています。

nikugoku03_niboshi.jpg

何かをおいしく楽しもうと思ったら、
面倒なことでもしっかりと、手間を惜しまない。
料理だけでなく、趣味や、人生にも通じることです。

nikugoku03_yakitori.jpg

「埼玉さん(仮)」の再登場は嬉しいところでした。

nikugoku03_saitama02.jpg

埼玉民であることでディスられていると嘆きつつ、
その実、自分が一番埼玉をディスっているんじゃないかという、
見た目はハデだがが中身が薄そうなこの女性。
女っ気の少ないこの作品では、華として貴重な存在です。
まあ何というか、夜の徒花といった感じではありますが…。

nikugoku03_saitama01.jpg

また今巻では、まなびちゃんの姉が登場。
まなびちゃんの店からそれほど遠くない所で、
パティシエとして働いているとのこと。

今回は顔見せ程度の登場でしたが、
今後何かの絡みがあるのかもしれません。
期待したいところです。


「おくさん」13巻も購読しました。



毎回、ぶりんぶりんと肉を振るわすおくさん。
「肉極道」とはまた違った視点で、
「肉」の魅力を伝えてくれます。

okusan13_kyouko.jpg

そんなおくさんの対極にいるのが、
おくさんの友人の野々宮遥(ののみや はるか)さん。

okusan13_haruka00.jpg

小柄で痩せ型と、体型が正反対なだけでなく、
ラブラブで性に対して明け透けなおくさんに対して、
見た目は金髪ヤンキーなのに、やたらとウブで、
エロに対する耐性がとても低いのが特徴です。

okusan13_haruka02.jpg

夫への態度もラブラブにはほど遠く、
普段はかなりぞんざいな扱いをしています。

okusan13_haruka01.jpg

それでも、夫の食の好みは把握しており、
長距離トラッカーで体を酷使する夫のために、
がっつり飯を用意してあげるあたりに愛を感じます。

okusan13_nikudon.jpg

ここで登場するのが、大盛りの肉。
やはり肉の力は偉大なのですねえ。

「おくさん」こと沖田恭子さんと、
その友人の三輪あきらさんの二人が、
この作品を代表する「肉」なのですが、
そこにもう一人、沖田(夫)の上司である、
火神洋子さんも加えた三人による、
「肉三種大盛り丼」的なお話が読んでみたいです。

okusan13_miwakyo.jpg

「肉の祭典」、ここに開幕!!
みたいなノリで。

もしくは、以前から言っておりますが、
野々宮夫妻が主役のスピンオフ的なお話とか。

「肉」の持つ、絵面の力強さは分かりやすく良いものですが、
小さくて気が強くガラの悪い女の子(笑)の、
ツンデレ炸裂、嬉し恥ずかしエピソードもまた良いものです。

okusan13_haruka03.jpg

是非実現して欲しいところです。
posted by 山田工作 at 23:25| Comment(0) | コミックス2018
Powered by さくらのブログ