2017年12月17日

六道の悪女たち 7巻

「六道の悪女たち」7巻を購読しました。



表紙を飾るは、なんと飯沼波瑠也。
これまでずっと女性キャラの表紙絵でしたが、
遂に男性キャラが単独で表紙絵となりました。
男性キャラとしては菫風乃の方が先ですが、
単独ではなく、女装していたこともあって、
インパクトは今巻の波瑠也の方があります。

カバーイラストの特徴である「赤い糸」は、
波瑠也の小指にこそ結ばれていませんが、
しっかりと掴んでいるように見えます。

今巻末の中村勇志先生の「あとがき」では、
「隠れヒロイン」とまで言われた波瑠也。
今巻では彼の過去のエピソードが描かれましたが、
それとこの「あとがき」を読んだことによって、
波瑠也がなぜ六道たちの仲間になったのかが、
やっと理解できたというか、ストンと腑に落ちました。

rokudou07_haruya00.jpg

1巻で波瑠也が六道たちの仲間になったのは、
六道がタイマン勝負で根性を見せたからだと思っていました。
ただ、それだけで六道のことを認めダチとなるのは、
ちょっと性急過ぎるんじゃないか、とも感じていました。

あの時、実際に波瑠也をぶっ飛ばしたのは乱奈であって、
六道はただ殴られていただけだったワケですし、
課長と大佐に至っては、ただそこにいただけです。

しかし、「そこにいただけ」の課長と大佐の存在こそが、
波瑠也が六道たちの仲間になった最大の理由なのだと、
今巻の、鬼島連合ナンバー2である朱井公平と、
波瑠也との戦いを通じて理解できました。

rokudou07_3nin.jpg

かつて仲間に裏切られた波瑠也は群れることを嫌い、
それゆえ、いつも一緒に行動している六道たちを、
「弱いから群れている」と見下し、嫌っていました。
しかしその後、ザコだと思っていた六道が根性を見せ、
課長や大佐も逃げることなく、六道と一緒にい続けました。

弱いから群れているのだと馬鹿にしていた連中が、
弱いながらも仲間を大切に思い、支え合い、
恐怖を克服して、常に一緒にいる。

そんな信頼し合う六道たちの姿を見て、
波瑠也は、自分もその仲間になりたいと願ったのだと思います。

rokudou07_haruya01.jpg

波瑠也にとって強いとか弱いとかはあまり関係なく、
お互いに信頼し、一緒に行動できることが重要なのでしょう。
乱戦で全く役に立たない六道たちですが、
だからといって見限るようなそぶりも見せません。

rokudou07_haruyayubi.jpg

むしろ、朱井公平との対決場面では、
課長の勇気が波瑠也を救ってくれます。
弱くとも勇気を奮い、仲間を見捨てない強い思いが、
波瑠也に力を与えてくれました。

さて、表紙が波瑠也なら、裏表紙は幼田。
波瑠也と朱井の対決の前段において、
幼田と、鬼島連合ナンバー4の般東若之介が激突。

rokudou07_osanada00.jpg

鬼島連合幹部たちが亞森高校に乗り込んで来て以降、
意識的に暴力的な行動を避けてきた幼田。
そのせいで、普段の彼女の思い切りの良さは鳴りを潜め、
番長としてのアイデンティティも失いかけていました。

暴力を振るうことに躊躇いを覚えていた幼田ですが、
松々宮を盲信し、彼に言われるがまま暴力を振るう般東に、
かつて人に言われるがままに行動していた自分の姿を見て、
彼を止める決心をし、立ち塞がります。

rokudou07_osagenkotu.jpg

「力」しか誇れるものがなく、何かしようとしても失敗ばかり。
でも、それで自分で考えることをやめて人まかせにしていたら、
その時は上手くいって楽かもしれないけれど、必ず後悔する。

rokudou07_osakoukai.jpg

過去に自分が経験した「痛み」を、般東に味わわせたくない。
そんな優しさと、「番長」としての責任感が彼女の原動力です。

幼田は元来、優しい女の子でした。
ただ、持ち前の馬鹿力がもとで失敗してしまうことが多く、
そこを周囲の人につけ込まれ、言われるがまま、
暴力を振るう悪女となっていました。

しかし六道と出会い、きっかけこそ六道の術であるものの、
六道たちと一緒に行動するうちに優しさを取り戻し、
今では「悪女が必ず惚れる」という術の効果を超え、
六道に厚い信頼を寄せています。

rokudou07_osashippai.jpg

幼田も波瑠也も、六道と出会うことで大きく変わりました。
今巻で六道自身はあまり活躍していませんが、
彼が周りの人間に与える影響力は絶大。

巻末では、菫雷乃が兄の菫天乃に立ち向かいます。
彼女もまた、きっかけは六道の術で彼に惚れ、
六道と一緒に学園祭の準備などをするうちに、
普通の女子学生になることを望むようになりました。

rokudou07_raino00.jpg

直接的な活躍場面は無くとも、
この作品の主人公はやはり六道桃助。
彼の優しさが、思いやりが、そして勇気が、
周りの人たちに強く影響を与え、変化を起こしています。

乱奈まではもう少しのところまで来ましたが、
力強く頼もしい仲間たちは次々に抜けていきました。
今後は六道が自分で頑張る場面となってくるでしょう。

rokudou07_3nins.jpg

次巻以降も目が離せない展開となること間違いなし。
期待しましょう。
posted by 山田工作 at 14:46| Comment(0) | コミックス2017

2017年12月13日

謎の食欲と入間くん

最近購読したコミックスをまとめてご紹介。

謎のあの店 3巻



松本英子先生によるレポート漫画。
住まいのある東京で見かけた奇妙なお店や、
あちこち訪れた先での出来事を描いたレポート漫画。
9年に渡る作品もこれで終わりとなりました。

nazomise03_mincafe.jpg

東京ネタが多いのですが、地方への遠出も結構あり。
今巻では長野を訪れたネタが多く、知っている場所もちらほら。
(以前長野に住んでいました)
自分の知っている場所が出てくると嬉しくなりますね。

知っている、行ったことのある場所が描かれれば嬉しく、
知らない場所であれば行ってみたくなり、
自分では絶対行かないようなお店であれば、
そこでの体験を面白おかしく楽しむことができる。
こういう体当たりレポート漫画は、
色んな関心を呼び起こしてくれて良いですね。

nazomise03_togakushi.jpg

松本先生の絵柄は独特なので好みは分かれると思いますが、
旅や、お酒や、日本文化的なものが好きな方であれば、
かなりオススメできる作品です。


山と食欲と私 6巻



今巻では、漫画の中で登場した、
鮎美の会社の社内報を模したペーパーが付属。

yamasyoku06_pp.jpg

こういった漫画の内容とリンクしたオマケは嬉しいものですが、
数人分のエッセイを書くのは大変だったろうなあと、
余計な心配もしてみたり。

漫画の方は、いつもように山に登ったり食事をしたり。
ただ、半可通のアウトドアラーが自業自得で痛い目にあったり、
鮎美自身も、テントを忘れてちょっとピンチになったり、
疲労による不注意で絶体絶命の大ピンチになったりと、
レジャーとはいえ、登山は危険と隣り合わせであることを、
強く訴える場面が多かったように感じました。

yamasyoku06_ayumi00.jpg

漫画は、気軽に読めることと、
表現のエンターテイメント性の高さが売りです。
この作品でも、登山やキャンプの楽しさを、
明るく、分かりやすい表現で描いて伝えてくれています。

その一方で、事前の準備やしっかりした心構えが必要な、
危険と隣り合わせなレジャーであることもしっかり描く。
とても大事なことだと思います。


魔入りました!入間くん 3巻



1巻2巻では入間くん自身の頑張りが目立っていましたが、
今巻では周りの人たちの活躍や出番が多め。

irumakun03_kurara00.jpg

特に良かったのが、表紙にもなったクララ。
生徒会長から入間を取り返すため、
自身の魅力を高めようとサキュバスに弟子入り。
しかし絶望的に色気が無く、敢えなく破門。
意気消沈するも、入間から女の子扱いされて一転復活。
この一連のドタバタが面白い。

irumakun03_kurara01.jpg

クララは一見おバカキャラのようで、
実はかなり気の回る、状況認識に優れた女性です。
そんな彼女が、自分の色気の無さに気付きつつも、
入間を振り向かせるため、無駄とも言える努力をする。

全く悪魔的でない行為ですが、
それだけの魅力が入間にあるということなのでしょう。
もしくは、悪魔だって何かを得るためには、
対価を払っているのだということの表現なのでしょうか。

クララだけでなく、アスモデウスやサブノックなど、
入間の心根に触れた悪魔は、大抵魅了されてしまいます。
今後も多くの悪魔たちが、入間の魅力にまいってしまうはず。

魔王の席が空席であること。
最上位の悪魔であるサリバンがあえてその席に着かず、
人間の入間を孫として手元に抱えていること。
このへんの事情と入間の持つ魅力が、
今後どう絡み合っていくのか。
ますます続きが楽しみです。

irumakun03_callego.jpg

個人的には一番可愛いと思っている、
カルエゴ先生の今後の活躍にも期待。
まあ、使い魔状態で登場してくれれば、
それだけで十分なのですが。
可愛いので。
posted by 山田工作 at 22:33| Comment(0) | コミックス2017

2017年11月30日

幼女戦記 7巻

「幼女戦記」7巻を購読しました。



6巻についてブログで書いていなかったので、
ここで少し触れておきたいと思います。

4巻にて、第二〇三遊撃航空魔導大隊の隊長に就任、
隊員に地獄の訓練を施したデグさん(ターニャ・デグレチャフ)。

5巻では、南方から新たに参戦したダキア公国に対し出撃し、
華々しい戦果を挙げ、休みがもらえるかと思いきや、
今度は北方方面の最前線、ノルデンへと派遣されることに。

youjo05_kunren.jpg

そして6巻、ノルデンに舞い戻ったデグさん。

以前は北方方面軍の観測手の一人に過ぎず、
敵の攻撃を受け、自爆せざるを得なかった彼女ですが、
今回は中央軍参謀本部直属の魔導大隊を率いる隊長として参戦。
敵の攻撃を受け窮地に陥っていた友軍に替わって戦闘に突入し、
圧倒的な強さでレガドニア協商連合軍を壊滅させただけでなく、
敵の背後にいた第三国勢力をもまとめて粉砕しました。

youjo06_heitan00.jpg

以後、冬季攻勢を訴える北方方面軍司令部に対し、
デグさんは「補給と兵站の致命的不足」を理由に反対。
理路整然と論陣を張りますが、結局会議の場から退場させられ、
今後の方針は冬季攻勢実施に決まります。

youjo06_degu00.jpg

そして今巻。
冬季攻勢を決めた帝国に対し、
愛想を尽かしかけていたデグさんでしたが、
ルーデルドルフ少将との会話から、
ゼートゥーア少将を含めた参謀本部の真の狙いを理解し、
何とか意欲が回復してきました。

youjo07_degupara.jpg

とはいえ、その能力の高さから、
いつも貧乏クジを引くのがデグさんの役割。
敵陣ど真ん中への奇襲の先鋒を務めることに。

そもそもこの作戦が立案されたのは、
以前ゼートゥーアに話したデグさんの考えが原因であり、
その優秀さが自分自身の窮地を招くという、
いつもの墓穴掘りの名人芸を見せてくれています。

youjo07_watasika.jpg

見た目は可憐な美少女であるものの、
中身はオッサンであるデグさんが、
どこかコミカルに、半ば自業自得というかたちで、
難儀な目に遭う様子が、この作品の面白さのひとつ。

youjo07_kancho.jpg

帝国海軍の艦隊司令長官。
どう見ても某宇宙戦艦艦長です。
この艦長を筆頭に、作戦に参加する将校らが、
可憐で健気に見えるデグさんを女神と称え、涙する。
真面目な会議のシーンであるのに、
どこかバカバカしさも感じられます。

youjo07_namida.jpg

戦争という、重く暗いテーマの作品なのですが、
東條チカ先生の美しい絵柄とキャラクターデザインに、
原作の持つ、皮肉に富んだ笑いのセンスの良さが加わって、
とても読みやすい漫画となっています。

とはいえ、これが戦闘シーンとなれば一転、
凄惨で激しい殺戮が繰り広げられます。
笑いのある場面と、戦闘場面のコントラストの差、
明暗の強さこそが、この作品の大きな魅力でしょう。

そして今巻終盤、1巻でデグさんを自爆にまで追い込んだ、
レガドニア通商連合のアンソン・スー大佐が再び登場。
このスーさん、軍人としては国の未来を案じ、
夫としては妻子を愛する好人物なのですが、
1巻での初戦といい、今回の再戦といい、
どうも彼と戦うと、デグさんは裸になってしまいます。

youjo07_deguhadaka.jpg

帝国にあっては「白銀」の二つ名を持ち、
敵国からは「ラインの悪魔」と恐れられ、
数々の敵を難なく打ち破ってきたデグさんが、
スーさんと戦う時はボロボロになり、衣服が吹き飛んでしまう。

これはスーさんの強さ、優秀さを示す証拠に他ならないのですが、
どうも他意があるというか、何か理由があるというか、
彼にロリコンの烙印を押し付けるような意図が感じられなくもなくも。

youjo07_su.jpg

主人公相手に勝ちを意識するなど、
死亡フラグが立ちまくっている彼に対してあまりの言い草ですが、
むしろ彼には感謝したいくらいです。

ありがとう。本当にありがとう。

君のことは、決して忘れない。
posted by 山田工作 at 19:44| Comment(0) | コミックス2017

2017年11月22日

マヤさんの夜ふかし 3巻 + 早乙女選手ひたかくす 4巻

「マヤさんの夜ふかし」3巻を購読しました。



今巻で最終巻となります。
ウェブでは既に最終回がアップされており、
終わりなのは分かっていたことですが、
楽しみにしていた作品だけに残念です。

保谷先生自身がツイッターで語られていましたが、
終了はコミックスの売り上げ不振によるとのこと。
商業で漫画を描くことの難しさ、厳しさを痛感します。

1巻2巻にあったような後書きは今巻では無く、
かわりに巻末には描き下ろしの漫画があり、
カバー下にも描き下ろしの漫画。
一冊にぎっしりマヤさんと豆山が詰まっていて、
まだまだ描き足りなかったんだという、
保谷先生の気持ちが溢れているように感じられます。

mayasan03_maya01.jpg

魔女でありながら現代社会で非正規労働者として働き、
ネットに依存して引きこもりがちにダラダラと暮らす、
強気で弱気な、マヤさんの様子が好きでした。

mayasan03_maya00.jpg

そんなマヤさんに対し時に辛辣に、時に優しく、
とても親しげに楽しそうに語りかける豆山との、
二人のやりとりがとても面白く、羨ましくもありました。

mayasan03_mame00.jpg

作品としては終わりましたが、
二人の関係が何か決定的に変わったワケではなく、
時に離れたり、時にくっついたりしながら、
今後も二人の夜更かしは続いていくのでしょう。

mayasan03_mayamame.jpg

ひょっとしたら、またどこかで、
二人の様子を見ることができるかもしれない。
そんな淡い期待を抱きつつ、
今は無事に出た3巻を、じっくりと楽しむことにしましょう。

「早乙女選手、ひたかくす」4巻も購読しました。



表紙の八重さんも良いですが、
カバー折り返しの若乃真帆さんが素晴らしい。
本誌では全く登場しませんでしたが・・・。
個人的に注目しているサトルの姉も全く登場せず。残念。

その代わりと言っては何ですが、
今巻では八重さんの家族がいい味を出していました。

saotome04_fuki00.jpg

目つきの鋭さでは全く引けをとらない母と弟。
早乙女家の遺伝、怖るべし。

saotome04_aiman.jpg

サトルは「愛の力マン」という名を拝命。
弟くん、良いセンスをしています。

インターハイはさっくり終わり、
因縁の地であるように思われた京都からもあっさり帰還。
3巻で、サトルは姉から京都行きを心配されていましたが、
サトルの過去については、今回一切触れませんでした。
しかし、どうも八重さんも何か京都には縁がある様子。

saotome04_boat.jpg

八重さんとサトル、二人の過去については、
今後おいおいと明らかになっていくことでしょう。
できればその過程でサトルの姉が登場し、
彼女についても色々と細かい設定が語られることを期待しています。
posted by 山田工作 at 19:44| Comment(0) | コミックス2017

2017年11月01日

のぼさん知恩さんモノローグ

今回は3冊ご紹介。



「ふたりモノローグ」2巻

女子高生二人の微妙な関係性を、
モノローグ=独白を中心に描いたこの作品。

人と人とのやりとりは、直接交わす会話だけでなく、
表に出ない思考も重要で面白いということを、
漫画という表現を上手く使って描いています。
こちらで読めるので、未読の方はまず一読を。

大人しく引っ込み思案な麻績村ひなたと、
かなり無理してクールなギャルを装う御廚みかげ。
この二人の思考の対比がひとつの見所で、
引っ込み思案のひなたがどちらかといえばプラス思考で、
見た目は派手なみかげの方が激しくマイナス思考なのが面白いところ。

1巻では、みかげと仲良くなろうと自分を奮い立たせていたひなたと、
ひなたが好き過ぎてどうして良いか分からなくなっていたみかげの、
すれ違いや勘違いがネタの中心でした。
それは2巻でも同じなのですが、二人が少し仲良くなったことで、
新たな面白さが現れています。

futarimono02_mikage00.jpg

今巻で一番良かったのが、二人で喫茶店に行くエピソード。
ひなたを食事に誘ったものの、
初めて入った喫茶店の雰囲気に飲まれ、
意気消沈し諦めモードになってしまったみかげ。
それに比べ、同じく飲まれてはいたものの、
「命まで取られることはない」という、
最悪ラインスタートの思考で平静を維持したひなた。

futarimono02_hinata00.jpg

ひなたは、初めての店でも平気で入ったみかげに感心しており、
みかげは、ひなたの店での振る舞いに心酔しきっている。
この、どちらもお互いに対しては勘違いした結果、
両者がWINWINとなる関係、素晴らしいですね。

思考の可視化というのは漫画には昔からある手法ですが、
二人の人間関係に限定し、それを深め、絡めて描くことで、
より面白く、楽しめるものにしています。

一方で脇役では、思考が口からダダ漏れの、
ストレートな物言いのキャラがちらほら。

f_m_0.JPG

みかげのおっぱいが好きだと言って憚らなかった男子生徒。
ポッと出の一発屋的な馬鹿野郎ですが、
コミックスではこんなキャラへのフォローもあるのが素晴らしい。

誰だって考え無しに生きているワケではないということを、
脇役一人一人についても丁寧に扱い、きちんと描いています。
この辺は前作の「つまさきおとしと私」から一貫していますね。

巻末を含め描き下しが多数収録してあり、
充実の一冊となっていました。



「猫のお寺の知恩さん」5巻

「ふたりモノローグ」が思考の可視化で楽しませる作品なら、
こちらは少ない台詞と、キャラクターの表情で語る作品。
これは、どちらが良いとか優れているとかではなく、
表現方法と作風の違いです。

chion05_sanpo.jpg

この作品では、モノローグどころか台詞も無いコマが多くあります。
登場人物の考えていることは、はっきりとは描かれないため、
読者は色々と想像するしかありません。

高校生の源は分かりやすいですが、
知恩さんの気持ちは分かりにくく、掴み辛い。
そこからくるもどかしさ、ハラハラ感が、
この作品のキモでしょう。

chion05_pool.jpg

絵の美しさも素晴らしい。
前巻では海。今巻ではプールと、
夏を満喫しております。

chion05_nekoz.jpg

猫もたくさん登場するのが嬉しい。

chion05_ten.jpg

何気に犬も活躍。
散歩に出かけて出会いがあったり、会話の糸口となったりと、
良い働きをしているお犬様であります。

そしてこちらも描き下し多数。
おまけの知恩さんに加え、猫ちゃんを探せクイズもあり。

また、カバー内本表紙にはハロウィンの企画で、
怪盗キッドのコスプレをする知恩さんのイラストが。
何故か知恩さんのカードは配布されないので、
これで我慢することにしましょう・・・。



「のぼさんとカノジョ?」8巻

今巻で最終回。
めでたくハッピーエンドとなりました。
やはり物語の基本はハッピーエンド。
期待どおりで何よりでした。

nobokano08_nobokano.jpg

カノジョの素顔は最後まで描かれずじまい。
少し残念ですが、これはこれで良かったのでしょう。

そういえば、最終巻でやっと気づきましたが、
カノジョさんの方が野保くんより年上。

知恩さんも源より年上。

果たして、年上女性キャラが流行っているのか。
はたまた自分がそういう設定が好きなだけなのか。

・・・多分後者。
posted by 山田工作 at 19:28| Comment(0) | コミックス2017