2016年11月17日

六道の悪女たち ・・・?

「六道の悪女たち」1巻を購読しました。



久々に、表紙買いをしてしまいました。

何故、この表紙に強く魅かれたのか?

それは表紙を飾る向日葵乱奈嬢が、
紅夜叉にとても似ていたからです。

(※あくまで似てる似てないは主観の問題ですので、
  この件に関しての疑問、苦情等は一切受け付けません)


紅夜叉とはどんな人物か?
詳しくはリンク先のウィキペディア読んでもらえば分かりますが、
彼女は90年代に活躍した女子プロレスラーです。

KYasya_02.jpg

女性版暴走族である「レディース」スタイルの衣装を着用し、
その見た目のインパクトからテレビに出たりもしていたので、
30歳以上の方であれば、女子プロレスに詳しくなくても、
紅夜叉のことは知っているかと思います。
ただ、彼女は見た目だけのコスプレレスラーではなく、
れっきとした女子プロレスラーでした。

彼女が現役だった90年代の女子プロレスは、変革の時代でした。
それまでの、ビューティペアクラッシュギャルズといった、
強力な女性ファンに支えられたアイドル路線が終わり、
それに代わって、男性のプロレスファンの興味を引くような、
本格的なプロレスを女子が繰り広げるようになっていったのです。

当時の女子プロレス団体は、全日本女子プロレス以外の、
JWPLLPWといった新たな団体が生まれた頃で、
それぞれの団体が独自に活動をしていました。
とはいえ、老舗かつ大手である全女と新設の団体では、
選手の数でもプロレスのレベルでも相当の差があったのですが、
その状況を変えたのが、団体の垣根を越えた交流戦でした。

基本的にプロレスというのは自主興行であり、
選手は自分の所属する団体内で、同じ団体の選手と戦います。
客も、普段は自分の団体を見に来る人たちだけなのが、
交流戦となれば、他の団体を見に来ている客もいます。
客は、それぞれが贔屓する団体の選手に声援を送り、
他団体の選手がしょっぱい試合をすれば批判されるだけでなく、
選手一人一人の戦いっぷりが、団体の評価にも繋がってきます。

そんな厳しい環境で戦うことにより、選手個人はもとより、
女子プロレス界全体が切磋琢磨することでレベルが高まり、
それにつれて女子プロレスの人気も盛り上がっていきました。

当時、その人気の中心にいたのは北斗晶であり、神取忍であり、
他にも数多くのスターレスラーがいましたが、
その中で紅夜叉は、独自の存在感を放っていました。

団体対抗の激しい戦いが繰り広げられる中では、
自然と戦い方がガチンコスタイルとなっていきます。
プロレスである以上、客を楽しませてナンボではあるのですが、
より以上に勝ち負けと、その試合内容が問われるようになっていました。

そんな中、特攻服を着てヤンキースタイルを決める紅夜叉は、
間違いなく色物レスラーだったわけですが、
彼女が凄いのは、徹底してそのキャラクターを通しつつ、
プロレスラーとして魅力的な勝負を繰り広げていた点です。

KYasya_boku.jpg

ヤンキー座りでメンチを切ったり、ゴング前に奇襲を仕掛けたり、
奇声を上げて木刀で殴りかかるなどの反則をしながらも、
投げ技や飛び技もきちんとこなし、ロープワークも上手い。

体格的にはそれほど恵まれていないものの受けが強く、
相手の攻撃を長時間に渡って耐えきることができるため、
相手の良さを引き出した上で、自分の強さのアピールにもなる。

例えば、北斗晶とのシングルマッチでは瞬殺されたりしましたが、
華々しく戦って、華々しく散った様は見事で、
見て分かりやすく、楽しく、見事なプロレスを見せてくれました。

KYasya_ilust.jpg

ただのコスプレレスラーではなく、実力もあった紅夜叉ですが、
やはり女子プロレスラーとしては、その外見も魅力のうち。
こうしてイラストになっても見栄えがするくらい、
コスチュームが良く似合っています。

KYasya_01.jpg

更に言えば、パンツスタイルなので分かり難いのですが、
彼女はスタイルも良く、特に魅力的なのは何といっても胸。
彼女の所属していたLLPWは胸の大きい選手が何人もいましたが、
その中でも彼女は特別な存在感がありました。

ただの助平と罵るなかれ。
ただのプロレスではなく「女子」プロレス。
女性としての外見の魅力も、レスラーの魅力のうち。
プロレスラーとしては体格的に恵まれなかった彼女も、
女子プロレスラーとしては特別なモノを持っていたと言えるでしょう。

さて「胸」といえば、当時だけでなく今もって、
女子プロレス最大の胸を持つをレスラーがおりました。

reggie_GP01.jpg

レジー・ベネット
女子プロレスラーとしてよりも、
「ダッダ〜ン、ボヨヨンボヨヨン」のCMが有名で、
紅夜叉と同じく、ある程度の年齢の方ならご存じでしょう。

彼女の特徴は、なんと言ってもそのボディ。
圧倒的な存在感を誇っております。
プロレスの内容も分かりやすく、パワーで押しまくり、
多くの女子レスラーを吹き飛ばす様は圧巻で、
紅夜叉と並んで、今でも大好きな女子レスラーです。

思うに、自分はこういった体格や見た目で分かりやすいキャラに、
強く魅かれる傾向があるのかもしれません。

当ブログではもう何回も言及していますが、
自分がゲームキャラの中で一番好きなキャラである、
マリー・イボンスカヤ
ひょっとしたら、レジーがモデルになって、
彼女は生まれたのかもしれません。

だとすれば、両者共に好きなのは当たり前だなあなどと、
そんなことをつらつらと考える、良いきっかけとなりました。


って、肝心の「六道の悪女たち」は・・・?
posted by 山田工作 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物・その他

2016年05月04日

山古志の牛の角突き

せっかくのゴールデンウィーク。
どこかに行かねばもったいない、という気分で、
初めて山古志の「牛の角突き」に行ってきました。

ウチからは車で1時間ちょっと。
くねくね山道を上り下りする道中は、
ほとんど対向車などとすれ違うことはなく、
もう全くの大自然な山の中。

本当にこの先に闘牛場があるのか?
と不安になるころ、突如現われる大量の駐車車両。
今年の「牛の角突き」の初日とあって、とても賑わっていました。

IMG_5210.jpg

間近に見る闘牛はとても大きく、迫力があります。
こんな勇壮な牛たちが何頭も闘牛場の周りに繋がれているのですが、
そんな中に、なぜかポニーが1頭。

IMG_5205.jpg

牛との大きさの比較用に繋がれていたのでしょうか?
たくさんの大きな牛に囲まれて、どことなく不安げです。

IMG_5212.jpg

初めて見る闘牛は、もうスゴイの一言。
ゴツンゴツンと、牛同士が額をぶつけ合う音や、
激しくいななく牛の息吹が場内に響きわたります。

牛たちと同じくらいスゴイと感じたのが、
闘牛場の中にいる、勢子の人たちの勇気。

山古志の牛の角突きでは勝敗を決しないため、
最終的には勢子が牛同士を引き分けるのですが、
牛の足に紐を掛けに行く人や、牛の鼻を取る人など、
一歩間違えば大怪我をしかねない危険な行動ばかり。

お金を取って見せる興行とはいえ、
勢子のみなさんは、普段は普通に生活する人たちです。
そんな人たちが一丸となって協力し、闘牛を支えている。
これは本当にスゴいことだと思います。

司会と実況をこなすおじさんも名口上で、
牛一頭一頭についてのエピソードから、
闘牛の楽しみ方や闘牛に関する豆知識の解説、
勢子や牛主についての様々な情報を、
アドリブを効かせながら、とても楽しく聞かせてくれました。

場内の観客のレスポンスも良くて、
迫力のある場面ではどよめきが起き、
楽しげな雰囲気のところでは笑い声が上がり、
惜しみなく拍手が送られるという、
とても居心地の良い場所でした。
行って良かったと心から思えるイベントでした。

IMG_5213.jpg

観戦していて、気がついたらカエルが足の上に。

随分久しぶりに訪れた山古志。
自然に囲まれ、とても気持ちのいい場所でもありました。
posted by 山田工作 at 21:57| Comment(2) | 生き物・その他

2015年07月20日

ベタ♂

ワンフェスに向けての作業中、
接着剤などが無かったためホームセンターへお買い物。
その際、生き物コーナーをちょっと覗いたのがマズかった。
気が付いたら、ベタの雄を1匹購入していました。

ベタ ♂

青い体に赤いヒラヒラが美しい。
因みに600円でした。

ベタを飼うのはこれで2回目。
2005年に、何も知らずに綺麗だからと購入して、
オスメスを一緒にしていたら産卵したため、
それを孵化させたり稚魚の世話をしたりして、
2009年まで飼っていました。

今度は特に繁殖などは考えていませんが、
彼がどれだけ生きてくれるか、楽しみです。
posted by 山田工作 at 19:57| Comment(0) | 生き物・その他

2014年08月20日

虫の名は

毎年、全国のどこかで虫の大発生が起こっています。

ウチのあたりでも、7月に蛾の大発生があり、
8月になって、バッタが大量に出ました。

蛾については、行政から注意喚起の文書が出て、
マイマイガであることが判りました。
触れると、痛みを伴うかぶれや発疹を起こすとのことで、
むやみに虫を捕まえたりするクセのある自分としては、
こういう情報を得られるのは有り難いことです。

ところが、バッタについては特に注意情報が出ていません。
職場の人などは、イナゴの大量発生だろうと言うのですが、
そういえば、そもそもイナゴとバッタの違いが何なのか知りませんでした。

普段、何かと目に付く虫たちですが、あまりに身近すぎて、
その名前や特徴などを良く知らない、ということはまま有ります。

そんな時役に立つのが、この「虫の呼び名事典」。



身近にいる虫70種類について、大きな写真と解りやすい解説文が載っており、
普段見かける虫について調べるのに役立つだけでなく、
パラパラと見て楽しく、読んでも面白い本となっています。

A5サイズの誌面いっぱいに、白バックで撮影された虫が載っており、
とにかくひたすら虫の姿を堪能できるのがこの本の特徴で、
ひょっとすると、実物を見るよりも良く見えるかもしれません。

また、載っている虫が本当に身近な虫ばかりで、
そんな虫たちのどアップ写真を見ていると、
今まで気が付かなかった可愛らしさなどが感じられ、
改めてそれらの虫の実物が見たくなります。

どの虫も、美しく面白いのですが、中でも特に目を惹いたのが、
「ビロードツリアブ」のページ。

ビロードツリアブ

アブですよ、虻。
あの、プイ〜ンとそこらを飛んでいるちっこい虫を、
こんなに大きく、こんなに綺麗に、
こんなに可愛らしく載せている本は、他に無いと思います。

とにかく、どの虫も綺麗に撮られていて写真集のようであり、
その虫についての解説文はとても読みやすく、
また、写真脇の柱の部分に書かれている「一言コラム」が、
虫への愛情が溢れていてとても良いのです。

例えば、「コカマキリ」についての一文。

 地味なカマキリだが、カマの内側に謎の模様がある。
 彼らはこれで何を主張したいのか。


一見ヒドい文章ですが、対象を良く観察した上で、
その特徴を面白く伝えています。

虫に限らず、生き物関係のフルカラー本というものは、
どうしても値段が高価く感じてしまいがちですが、
この本はむしろお手頃で、常に手の届く所に置いておきたくなります。

ムシ初心者の方や、虫に興味が湧いてきた方に、
最初の一冊として、間違いなくオススメです。


ちなみに、近所で大発生したバッタは、
この本で写、真付きで紹介されていたイナゴの特徴、
通称「のどちんこ」を、ガラス越しに確認できたので、
イナゴだということが判りました。

う〜ん、今年のコメは、大丈夫なのだろうか・・・
posted by 山田工作 at 22:35| Comment(0) | 生き物・その他

2013年08月02日

ツバメ

今年は初めて、車庫にツバメが巣を作りました。

卵が孵り、5羽のヒナが育ち、巣立ちをしたのが3日前のこと。

そして今朝、車庫の中を見たら、床に散らばっている大量の羽と鳥の足・・・

多分、ずっと降り続く雨を避けるため、
生まれ育った車庫で雨宿りしているところを、
野良猫か、イタチやテンの類にやられてしまったのでしょう。
自然のことなのでしょうがないとはいえ、
ちょっと切ない巣立ちとなりました。


さて。ツバメといえば思い出さずにはいられないのが、例のアレ。

soft_g01.jpg

そう、ツバメ玩具の「ソフトグライダー」 。
とても簡単に作れて、安いのに恐ろしいほど良く飛ぶ飛行機のオモチャ。
子供から大人まで、みんなが手軽に楽しめる、例のアレです。

コレ、家の中では飛び過ぎるほどなのですが、猫たちが好むオモチャで、
ヒョイと投げれば、3匹とも 「わーーーっ!」 と追っかけていきます。

特にてんは大好きで、らいやふーが飽きてもずっと遊び続けますし、
自分だけしか遊ばないと解ると、「取って来い」までします。

まあ、口で咥えて持って来るのですから、
当然ヤワい機体はボロボロになるわけで。

soft_g02.jpg

まるで至近距離から機銃を食らったような有様に。
でも、どれだけ牙で穴を開けられようともしっかり飛ぶのが、
このオモチャのスゴイところ。
翼が折れるか、胴体が切れるかするまで飛び続け、
猫とヒトを楽しませます。

これで一機100円しないのですから、
コストパフォーマンスにも優れます。
まとめて買えば、さらにお得。

ホント、楽しいですよ〜。

posted by 山田工作 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物・その他