2017年07月31日

ワンダーフェスティバル2017夏

昨日幕張メッセで開催された、
ワンダーフェスティバル2017[夏]に行ってきました。
自分にとっては年に一度のお祭りで、
今回もディーラーで参加してきました。

しかし帰って来てから気がついたのですが、
自分のブースの写真を撮ってませんでした。
ツイッターでは画像をアップしているのですが、
これがPSVITAで撮影したものなので画質がイマイチ。
せっかく幼師人さんが製作してくれた、
「ド嬢」の二人をお借りして展示していたというのに・・・
まあ、会場で見られた方はラッキーだと思って下さい。
実際に手にとってまじまじと見れた自分はもっとラッキーなのです。

さて、今回も会場で気になった作品を撮影してきました。

IMG_6581.jpg IMG_6582.jpg

5-24-05「陽炎運命」さんの、ハシビロコウちゃん。
けものフレンズは見たことがないのですが、
この目付きの悪さと、それに相反する可愛さがステキです。
ディフォルメハシビロコウもプリティ。

IMG_6584.jpg

5-23-03「じゃんぼたにし」さんの、ディフォルメKMM団。
これも作品自体は未見なのですが、あまりの可愛さにパチリ。
SD系の小品ながら、帽子や眼鏡やアイパッチなど、
細かいところの造作にこだわりが感じられる良作でした。
チェスのコマ風の統一感もクールで素敵。

IMG_6587.jpg

5-20-13「M。(エムマル)」さんの、リョウ・サカザキ。
カラーレジンによる可動キットです。
展示にある「覇王翔吼拳」を使わざるを得ない、の表示が洒落てます。
可動キットは購入後の遊び方も含めて、色々な可能性のある存在ですね。
いつかはチャレンジしてみたいですが、まだまだ遠い存在です。

IMG_6593.jpg

5-21-12「ディーラー七英雄」さんの、世界樹の迷宮Xのフェンサー。
躍動感のあるキャラクターとポーズに、
細かな造作の剣や盾といった装備の組み合わせが、
とても魅力的に感じられた作品でした。
世界樹シリーズは3までしか遊んでおらず、
続きもやりたいのですが、時間が全然足りません・・・

IMG_6595.jpg

5-22-03「カルガモ」さんの、港湾棲姫バニーVer。
こちらの作品は事前にツイッターで見かけていて、
その存在感からとても気になっていた作品でした。
艦これはやったことが無いのですが(そんなんばっか)、
元ネタを知らなくても惹き付けられる、すごい作品でした。
展示の仕方も凝っていて雰囲気抜群! なのですが、
後ろ姿も見られるようにと設置された鏡に、
撮影者が映りこんでしまうという危険極まりないトラップが・・・

IMG_6600.jpg

4-19-03「3D Belle collection」さんの、コレジャナイ早川さん。
赤が鮮やかな服と、眼鏡が特徴的な物憂げな表情、
そして幻想的な展示についつい引き寄せられてしまいました。
今日の早川さん」が元ネタで、そのアレンジ作品なようですが、
そういった基礎知識が無くても、とても魅力的に感じられた作品です。

IMG_6604.jpg

4-18-48「メガテクボディ」さんの、田宮良子胸像。寄生獣のキャラですね。
キリッとした表情とトゲトゲしい武装状態。
それなのに美しいいう、不思議な魅力のある作品でした。

IMG_6605.jpg

5-02-05「Youre Fired!」さんの、ギルティギアよりアクセル、イノ、クリフ、ジョニー。
4体全て可動キットとなっています。
同じ原作からのキャラ4体ということで統一感があり、
それぞれの造形も良く、とても見応えのある展示です。
というか、展示の仕方はむしろ雑な感じで、
それなのに魅力的というあたりに、造形力の高さが窺えます。

IMG_6618.jpg

5-16-05「R-Grey」さんの、タユ・タユン。製作はおかやんさん。
河本ひろし先生デザインのオリジナルキャラクターということですが、
さすがにその存在感は圧倒的。
会場後直ぐに完売の知らせが飛び込んできたほどでした。
キャラクターの魅力×原型師の技量=瞬殺、といった感じでしょうか。

今回はあまり元気がなく、広い会場を回りきれず、
結局自分のブース周辺の4、5、6ホールしか見ていません。
7、8ホールにも行きたかったのですが、
疲労感と眠気から、全く足が動きませんでした・・・

今回自分の新作は「六道の悪女たち」の向日葵乱奈
何と言うか、自分の目で見てもイマイチな出来上がりで、
反応する人は多いものの、全然売れませんでした。

今回は、今までで一番打ちのめされたワンフェスとなりました。
自分の作品の出来がイマイチだったことに加えて、
会場で様々な作品を見るにつけ、その造形の素晴らしさに驚き、
翻って自分の技量不足にへこむ一方でした。
単純に技術の問題だけでなく、作品造りにかける情熱、
その熱量みたいなモノでも全然足りてないように感じ、
これからも趣味として造形を続けていくなら、
このままではイカンだろう、と思った次第です。

今回のワンフェスで見聞きし、感じたことをしっかりと覚えて、
今後に活かしていきたいと思います。
会場でお相手して下さった皆様、本当に有難うございました。

さて、今回購入したのはこちら。

IMG_6620.jpg

5-01-04「二次元分離帯」さんの、探偵 神宮寺三郎 胸像と、
4-11-02「スカルチュラはにわや工房+」さんの、動くチンアナゴ。
あとアクセサリーをいくつか。

イベント後にアレもコレも買っておけば良かったと思うのはいつものコト。
また来年のワンフェスを楽しみに。
posted by 山田工作 at 12:39| Comment(5) | 模型造形

2017年06月13日

ワンフェスへの道 2017「焦燥」

今年の夏のワンフェスで出す予定の新作について、
数日前に版権許諾が下りました。
これで後は原型を仕上げるだけなのですが、
現状はこんな有様。

IMG_8390.jpg

インダストリアルクレイによる一次原型を、
シリコン型に取り、ポリパテに置き換えた状態ですが、
今のところ見事にバラバラです。

造形の修正やダボを作ったりしながら仕上げていきます。
今月中には表面処理も終えて、原型完成といきたいトコロ。

というか、予定ではもう完成しているはずだったのに、
実際は遅れに遅れております。
とはいえ、計画よりも遅れるのは毎年のことなので、
ある意味、予定通りだともいえます。
ダメな人間の思考です。

今回は塗装に時間をかけたかったのですが、
この先一体どうなることやら。
気ばかり焦る今日このごろです・・・
posted by 山田工作 at 21:55| Comment(0) | 模型造形

2017年02月22日

Road to Wonder Festival 2017 Summer

ワンダーフェスティバルの公式HPにて、
WF2017[夏]の参加マニュアルが更新されました。
先日WF冬が終ったばかりですが、
この「ハイ次々」感がなんともいえません。

冬のワンフェスは、自分の住所が豪雪地ということから、
雪による交通障害に巻き込まれるおそれがあるのと、
冬はインフルエンザやノロなどの感染症の流行期で、
慢性疾患持ちの身としては用心のため参加をしていません。

しかし、次々とネットに出てくるレポ記事などを見ていると、
多少無理してでも参加しといた方が良かったなあと、
毎年のように思ってしまいます。(2014年は除く)

さて、ここでせっかく刺激をもらったのだから、
少しでも早く夏のワンフェスに向けて動き出すよう、
自分に発破をかける意味で、新作の予定をひとつ。

IMG_6164.jpg

この写真では何じゃらホイといった感じですが、
今回は「六道の悪女たち」の、
向日葵乱奈さんを作ろうと思っています。

申請しても許諾が頂けるかは分かりませんし、
製作していて自爆する可能性も無きにしも有らずですが、
何とか頑張ってモノにしていきたいと思う所存です。
posted by 山田工作 at 18:54| Comment(0) | 模型造形

2016年07月25日

ワンダーフェスティバル2016夏への道・当日

ワンダーフェスティバル2016[夏] に参加してきました。

まずは当日会場で気になり撮影した作品のご紹介。

IMG_5427.jpg IMG_5428.jpg

6-04-05「PHANTOM PROJECT」さんの、ライオン丸とタイガージョー。
とても迫力のある造形で、展示の仕方も凝っていて見応えがありました。
ライオン丸はとても好きなキャラなので、自分もいつか挑戦したいです。

IMG_5444.jpg

8-11-14「金魚堂」さんの、翠星のガルガンティアのベローズ。
申し訳ないことにこのキャラも作品も知らないのですが、
小物類の造形や塗装がとても印象的で、
思わず近寄ってまじまじと見てしまいました。
こういう未知の作品と出会えるのも、イベントの楽しみの一つです。

IMG_5449.jpg IMG_5448.jpg

8-14-16「ももなみらっち」さんの、ビキニっ娘とセーラー服お嬢さん。
おっぱいにつられてついフラフラと寄って見ましたが、
ビキニちゃんの方は表情がとても良く、
セーラー服さんの方はとてもかっちりとした、キレイな造形。
どちらもオリジナルで、展示のみの作品でした。

IMG_5466.jpg

5-20-13「アリガトウネ」さんの、桜玉吉とO村。
御緩漫玉日記らしい、味わい深い感じの作品です。
一緒に展示してあったロールちゃんとのギャップが凄まじかったです。

IMG_5472.jpg IMG_5471.jpg

5-04-02「尾崎翔三工房」さんの、シェルクーフ。
これは見つけた時、思わず変な声が出るほど驚きました。
何故シェルクーフ?
パンドラ好きは多いけど、それでもマイナー過ぎない?
こういう作品が見られるのもワンフェスなればこそですね。

こちらは以前、ブルードラゴンも製作されていたとのこと。
会場では気付かなかったですが、写真をよーく見ると、
シェルクーフの下に小さな何かがいる!
ブルードラゴンでしょうか。芸が細かい。
会場で気付いて良く見ておきたかった・・・

IMG_5477.jpg IMG_5478.jpg IMG_5479.jpg IMG_5476.jpg

5-26-01「NorthStar/DeadPool」さんの、スカイライダー怪人、
ムササベーター兄弟&マダラカジン。
ライダー怪人の持つ、怖さ、格好良さ、ユルさが良く表されていて、
中でもマダラカジンの頭部の造形と彩色が、
絶妙にリアルで気持ち悪くて、タマラナイ感じです。

IMG_5485.jpg

5-14-11「Dolly Dagger」さんの、獅子。
ブースの前を行ったり来たりしながら、
しばし買うた止めた音頭を踊っていたのですが、
今になって買わなかったことを後悔しております。
見たら買え、気になったら即買えは鉄則ですねえ。

さて、今回購入したのはこちらの品々。

IMG_5488.jpg

6-12-10「印内サービスエリア」さんの、約1/1すずめ。

5-30-01「削盛彫造」さんの、necocaのすこちゃん。

7-23-08「スカルチュラはにわや工房+」さんの、ヒキガエル根付。

IMG_5441.jpg

7-02-14「有幻堂」さんの、セイバーと赤トンボの紙飛行機

IMG_5455.jpg IMG_5458.jpg IMG_5456.jpg

そして、8-18-09「結晶洞窟」さんの、吉田さんと久ちゃん。
今回のワンフェスの最大の目的物がこちら。
買えて良かったですし、製作者の幼師人さんとも会え、
色々とお話が聞けて本当に嬉しかったです。
メガドラ部長りるなちゃん共々、一所懸命作るでありますよ。

あと、今回もディーラーで参加しました。
当日の当方卓の様子はこちら。

IMG_5417.jpg

新作で「団地ともお」より、ともおと本田先生。
「ねこたん。」より、所長と助手。
「バーナード嬢曰く。」より、町田さわ子と神林しおり。
再版で「覇邪の封印」よりテラリン。

新作はどれも結構反応があり嬉しかったです。
あとテラリンは今回で無くなったので最後です。
三年に渡りウチのブースを賑わせてくれました。本当に有難う。

今回のワンフェスの印象としては、人が少なかったように感じました。
お客さんでは、去年のような中国人パワーが無かったですし、
ディーラーでは空卓がやけに目立っていました。
あれだけ空のテーブルが並んでいると、
イベントとしての活況感がかなり削がれてしまいます。

今回は(も?)抽選で漏れてしまったディーラーさんが多いと聞きます。
空卓がどうしてこんなに多くなってしまったのかは分かりませんが、
出られなかったディーラーさんの気持ちを考えれば、
抽選の仕方や空卓にした申込者への対応など、
運営には一考の余地ありかと思います。

まあ何はともあれ、参加した皆さんはお疲れ様でした。
例年以上に充実し、楽しいイベントでした。
また来年も出られるよう、頑張りますです。
posted by 山田工作 at 14:58| Comment(2) | 模型造形

2016年05月08日

ワンダーフェスティバル2016夏への道・本申請

ワンダーフェスティバルにおける版権モノ造形の、
版権利用の許諾申請の締め切りが迫っております。

明日の23:59までがリミットなのですが、
明日は仕事ですし、締切日の夜は凄く込み合うらしいので、
今日のうちに申請してしまおうと決めていました。

製品の状態としてはまだまだ仕上がりに程遠いのですが、
とりあえず今の時点ではこれが出来る全てです。

wf2016neko05.jpg

新規申請作品その1。
ねこたん」より、所長と助手。
所長の全長が2センチ程度と、小さな作品です。

IMG_5236.jpg

新規申請作品その2。
バーナード嬢曰く。」より、町田さわ子と神林しおり。
両方とも腰掛けているのはプラカラーの瓶ですので、
大きさはそこから察して下さい。

ねこたん」も「バーナード嬢曰く。」も、
このブログで取り上げたことのある好きな作品ですので、
どちらも許諾が下りて欲しいものです。

そして、新規申請作品その3。
アニメ版「団地ともお」より、ともおと本田先生、なのですが・・・

IMG_5193.jpg

この作品だけ郵送での申請となり、配達の分締め切りが早まり、
結果クレイの状態での申請となってしまいました。
しかも、自分の目から見てもかなり出来がイマイチ・・・
今後も調整を入れていきますが、果たしてどうなることやら。

まあ、今回はこんな感じでの参加予定となります。
当日を少しでも良い感じで迎えられるよう、もうちょっと頑張ります。
posted by 山田工作 at 19:14| Comment(3) | 模型造形