2017年11月11日

身長差

さよなら私のクラマー3巻にて、
中学時代の曽志崎緑と桐島千花の二人は、
どんぐりコンビ」と呼ばれていました。

この「どんぐり」は、小さいという意味なのでしょう。
実際、第一話でのチカは背の低さを気にしていました。

cramer01_chikasuo.jpg

一方、これまで作品を読んできて、
曽志崎の背が低いとは特に感じていませんでした。
ですが恩田、周防らと一緒に挑んだフットサルで、
みんなが並んだシーンを見れば一目瞭然。

cramer03_5nin.jpg

久之木の井藤と佃も入っていますが、パッと見ただけで、
周防>恩田>曽志崎、という背の高さの違いが分かります。

「身長差のある女子高生3人組」

これで思い出したのが、川原泉先生の代表作である、
笑う大天使(ミカエル)」という少女漫画。



お金持ちの子女が集まる女子高校「聖ミカエル学園」の、
お嬢様と呼ぶにはやや風変わりな3人の女子高生が主人公。
いわゆる少女漫画というよりは社会派コメディといった感じで、
女性だけでなく男性にもおすすめできる作品です。

waramika02_souji.jpg

主人公の3人は、見事に背の高さが階段状です。

背の高い斎木和音は運動神経が抜群。
背の低い更科柚子は上級生のマスコット的存在。
真ん中の司城史緒は運動も勉強もできる万能型。

細かい設定や違いはさておいて、
概ねこんな感じのキャラクターとなっていました。

また、「主人公」ではないのですが、
身長差のある女子高生3人組としては、
とめはねっ!」も思い出します。

tomehane3nin.jpg

主人公が入部した書道部の先輩であるこの3人組も、
見事に見た目や性格がバラバラでした。

背の低い日野ひろみは恋愛話し好きの真面目な部長。
背の高い加茂杏子は姐御肌で気の強い武闘派。
真ん中の三輪詩織は現実的で策士な頭脳派。

「笑う大天使」と「とめはねっ!」のどちらも、
背の高さとキャラクターが上手く合っていましたし、
「見た目」が何よりインパクトを持つ「漫画」では、
外見とキャラの性格が関連付けられるのはよくあることです。

ですが「さよなら私のクラマー」の3人は、
目立って背の高さが違うわけでもないですし、
身長の高さと性格が関連しているようにも見えません。
また、3人のチームメイトにも、
目立って身長差のある選手はいません。
大体みんな同じくらいの身長のように見えます。

一方で、主人公たちの対戦相手を見ると、
身長で特徴を出した選手が何人かいます。

例えば、4巻で対戦している浦和邦成。
背は低いものの豊富な運動量を誇る桐島千花。
見た目は小さくて可愛らしい少女なのに毒舌キャラの天馬夕。
背が高いだけでなく濃い目のアニオタという安達太良アリス。

cramer04_urawa3s.jpg

浦和邦成は、見た目にインパクトのある選手が揃っています。

他に、背が高いキャラとしては、
3巻のフットサルに登場した九谷怜。
荒っぽく、フィジカルの強い選手として描かれていました。

cramer02_kutani0.jpg

また、1巻と2巻での練習試合で対戦した、
久乃木学園の2年生、梶みずき。

cramer01_kajim.jpg

一見して背が高く、ヘディングシュートも決めていました。
彼女は、U-15の日本代表でキャプテンだったり、
久乃木の1、2年生の中でもリーダー的存在であったりと、
その長身は強いキャプテンシーを体現しているように見えます。

主人公たちのいるチームはどんぐりの背比べで、
対戦相手には、身長で目立つ選手がいる。

これは、主人公たちには極端な身長差を付けないことで、
多くの読者から親近感を持ってもらい、
一方で対戦相手には外見に特徴を持たせ、
読者に強いインパクトを与える。
そういう狙いがあるように思います。

また、身長に関してもう一つ気になったのが、
キャプテンの田勢がコーチの能見について述べた言葉。

cramer02_tase_c.jpg

蕨青南女子サッカー部のコーチに就任した能見奈緒子は、
かつては日本を代表する世界的な名選手でしたが、
そんな彼女を評して2年生たちは、
「身長お母さんと同じくらいだった」などと言って、
普通の人として親しみを感じています。

どんなにすごいスポーツ選手であっても、
自分たちとそんなに変わらない人間であり、
自分だって努力すれば、そういう選手になれるかもしれない。

cramer02_tase_c2.jpg

実際に能見と接し、田勢はそう感じていました。
田勢に限らず、蕨青南の選手たちが同じような身長なのは、
このメッセージをより強く伝えたいがためなのかもしれません。

さて、ここでは「母親と同じくらいの身長」が、
親しみを感じる要素として使われました。

実際、娘の方が高校生くらいの年頃であれば、
母娘の身長はそう変わらないことが多いので、
これは妥当な表現であるといえます。

一方で、母親がかなり大きく描かれる作品もあります。

mugenshinsi10_mad.jpg

夢幻紳士」に登場する、福音温子と主人公の母、夢幻雪絵。
二人の体格は、作品内では相当違います。
ヒロインの温子はかなり子供っぽく描かれていますが、
浅草のストリップで踊り子をしていたくらいですので、
それなりの年齢ではあります。
対して雪絵夫人は、実は結構若いのですが、
経産婦ということもあってか、かなり豊満に描かれています。

また、アニメ作品になるのですが、
スタジオジブリの宮崎駿監督の作品では、
ラピュタ」のパズーの親方の奥さんやドーラ、
魔女の宅急便」のパン屋のおソノさんなど、
ヒロインよりずっと大きい「母親キャラ」が登場します。

他にも、あだち充先生の作品に登場する母親キャラは、
ヒロインと比べて身長ないし体重がグッと大きいことが多く、
こういった体格差は、少年漫画やギャグ漫画などでよく見られます。

「少女」と比べて、かなり大きく描かれる「母親」。
これは、子供の側から見た母親の大きさや強さを表したもので、
母親というものの逞しさや、母性についての表現でもあるのでしょう。

強く、大きく、逞しい母親キャラ。
と来れば、真っ先に思い当たるのがマリー・イボンスカヤ

マリー・イボンスカヤ

漫画に限らず、アニメでもゲームでも、
いつの世でも、大きくて頼りがいのあるオカンは普遍。

そして、隙あらばいつでもマリーを登場させる、
このブログの方針もまた不変なのであります。

posted by 山田工作 at 11:53| Comment(0) | 女性キャラ考察

2017年03月17日

ルーズソックスをもう一度

前回の「とうげる!ヨツワちゃん」についての記事で、
ルーズソックスを気になるアイテムとして挙げました。

ルーズソックスについてネットで調べてみると、
90年代に女子高生の制服ファッションとして登場し、
その後、女子中高生の間で広く普及し一般化したものの、
2000年代には衰退していったことが分かります。

流行当時にはもう高校を卒業していたオッサンとしては、
ルーズソックスは全く身近なものでは無かったので、
ギャル系女子限定のファッションアイテムという認識がありました。
しかし実際の90年代の女子中高生の間では、
制服着用時のファッションとして広く定着していたようです。

それは漫画の世界にも現れていて、
超メジャー作品である「犬夜叉」の主人公で、
特にギャルでも無い日暮かごめ嬢がルーズソックスを着用していたり、
それ以外の漫画でも普通の女子学生キャラが身に付けていることからも、
特にギャル系キャラに限定したアイテムでは無いことが分かります。

ルーズソックスを履いたギャル系JK的な漫画キャラとして、
自分が真っ先に思い浮かべたのは、
ケロロ軍曹」のアンゴル・モアちゃんでした。

宇宙人のモア殿が地球人に擬態する際に選んだ人間が、
いわゆる「コギャル」であったため、
ガングロでルーズソックスなJKという外見になりましたが、
直後に「カカロット症候群」を起こしてしまったため、
外見はコギャル、性格は純真無垢という、
いわゆるギャップ萌えなキャラとなりました。

このモア殿とルーズソックスのイメージの結びつきが強かったため、
ルーズソックス=ギャル系という認識が自分の中にあったのですが、
実際は広く女子中高生の間で使用されていたことから、
「ケロロ軍曹」の中でも、モア殿だけでなく、
ヒロインの日向夏美やその友人なども普通に履いています。

広く世間に認知されたモノが漫画に反映されるのは当然のこと。
90年代後半からの数年間、漫画のキャラクターにおいても、
ルーズソックスを履いたキャラが多く見られるようになります。
ここでのルーズソックスは「女子高生」を表すアイコンであり、
見た目が重要な漫画においては使いやすいアイテムだったのでしょう。

例えば前回でも紹介した「黒の男」の殺女(あやめ)。

ayame_09.jpg

作品が麻雀漫画であることと、怪しげな術の使い手であることから、
妖艶な感じのキャラとなっており、およそ女子高生っぽくありません。
それでも、セーラー服とルーズソックスを身に付けることで、
彼女は女子高生なんだと、多少無理矢理でも読者に認識させます。

この作品が発表されたのは1997年。
ルーズソックスが流行真っ盛りだった時期であり、
女子高生のほとんどがルーズソックスを身に付けていたことから、
そのキャラがひと目で今時の女子高生だと分かるアイテムとして、
ルーズソックスは漫画の中で有効に活用されました。

また、ルーズソックスが広く一般的だったことから、
それ以外のソックスを履かせることで、
キャラの差別化を図ることもできました。

「ケロロ軍曹」では、くノ一の東谷小雪が、
他の女生徒たちがルーズソックスを着用する中で、
一人普通の黒いソックスを履いています。

keroro07_koyuki.jpg

ルーズソックスが女子高生の間で一般的だった当時は、
普通のソックスを履くのはダサイと思われていたはずで、
これは、社会から隔絶された忍びの里で育った小雪の、
世間知らずで時代遅れな感じを表現するための手法なのでしょう。

殺女では最新の女子高生らしさを出すためにルーズソックスを履かせ、
小雪では古くささを出すためにルーズソックスを履かせない。

これはルーズソックスが流行っていた当時だからこそ、
読者がひと目で分かる有効な手段でしたが、
現在の女子高生の間では紺のハイソックスが主流であり、
こうした使い分けはできなくなってしまいました。

今の時代の女子高生を描いた漫画としては、
教えてギャル子ちゃん」がありますが、
この作品ではギャル系女子も真面目な女子も、
みんなが紺ハイを履いいます。
ルーズソックスを履いている女子高生は現実にもほとんどおらず、
こうなってしまっては靴下ひとつでキャラ付けをすることはできません。

yotuwa00.JPG

そんな中、ルーズソックスを履いて現れた円陣ヨツワちゃん。
彼女のルーズソックスには何か明確な意図があるはずです。
何故そう断言するかというと、現在主流の紺ハイに比べて、
ルーズソックスは描くのが面倒だからです。
特別な理由がなければ、わざわざ履かせることはありません。

では一体、どんな理由があるのでしょう。

・デザイン的に、足下にボリュームを持たせたかった。

・世間知らずなお嬢様らしさを出すため、あえて古いファッションにした。

・子供っぽさの表現として、母親の学生時代のファッションを真似た風にした。

・活動的でお転婆な感じを出すのにハイソックスではイマイチだった。

思いつくのはこんなところです。
どれも当たっていそうですが、本当のところは分かりません。
ですが、どんな理由であれ、ルーズソックスを履かせたことにより、
魅力的なキャラが誕生したのは確かです。

幼く、世間知らずの大金持ちのお嬢様が、
何故かいまどきルーズソックスを履いている。
そのアンバランスさこそが、ヨツワちゃんの魅力でしょう。

当時の女子高生らしさを演出するため、
ルーズソックスを履いて登場した殺女といい、
流行が過ぎ去っている中であえて履くことで、
独自の魅力を生み出したヨツワといい、
「制服とルーズソックスを着たキャラ」そのものというよりは、
そのキャラがルーズソックスを身に付けていることのギャップに、
どうも自分は強く惹かれているように感じます。

一つの時代を象徴するアイテムとなったルーズソックス。
今はほとんど目にすることはなくなってしまいましたが、
それでも独自の、強い存在感を放ち続けています。

90年代当時を懐かしむ際のアイテムとして、
また現在においても、キャラを構成する一要素として、
ルーズソックスは漫画の中での役割を得たのだなあと、
今回の記事を書く中で強く認識した次第です。
posted by 山田工作 at 21:48| Comment(0) | 女性キャラ考察

2016年08月22日

クインシー・ワンダフォー・ビューティフォー!

前回では、クインシー・王の魅力について語りましたが、
今回は、話の最後まで特に浮いた話の一つも無かった彼女の、
物語後の世界でのパートナーを考えてみたいと思います。

幸いと言うか何というか、「ツマヌダ格闘街」の主要キャラで、
年頃で独身の男性キャラはあまり多くないので、
順番に検討していきましょう。

まずは、カイン・ブルツ・トゥーラッド王子。
ミツルのライバルの一人であり、物語の中盤からずっと出ずっぱり。
主要キャラの一角を占める彼ですが、一国の王子でもあり、
妃となる人にはそれなりの地位が必要と思われるので、
クインシーがパートナーとなる余地はまず無いと思います。
物語の最後ではエリザとつるんでましたし。

そうすると、エリザの執事である新風イリヤが、
エリザとのカップリングが無くなりあぶれてしまうのですが、
残念ながら彼はクインシーとの関わりが作中でほとんど無い。
また、カインとエリザはビジネスパートナーっぽく、
主従カップリングも好きな自分としては、
エリザとイリヤの線も残しておきたいので彼も除外。

ミツルのライバルキャラとしては、衛府流空手の鷹羽和義もいますが、
彼は作中一の朴念仁であり、直ぐ傍にいる朝倉阿弥に対してすら、
男女間の感情を持っていないように見られます。
また彼もクインシーとの関わりに乏しいため、対象とはなりません。

クインシーとの関わりがある人物、という点で見ると、
王家流太極拳のスポンサーとなったポコロフスキ家の人間であり、
次郎との手合わせの際、クインシーとも面識があるであろう、
ドラエの弟、イヴォン・ポコロフスキがいます。

可愛いモノが好きなクインシーですので、
わりと可愛らしい顔立ちのイヴォンは「アリ」だと思っていたのですが、
物語の最後の最後で、アメリカに行ってしまいました。
クインシーや王家太極拳はアメリカに縁はありませんし、
米国と日本、台湾との距離を考えると、ちょっと現実的ではありません。

と、ここまで考えてきて気になるのが、
王家太極拳とポコロフスキ家の関係です。

先ほど述べたように、王家太極拳のスポンサーはポコロフスキ家です。
そしてこのポコロフスキ家が運営するスヴェト・ダローガ社は、
ツマヌダ格闘街との提携事業を行っており、これら事業の中心人物が、
ドラエの双子の姉である、アナスタシア・ポコロフスカヤ。
通称アーニャ。

本誌での記念大会以降、次郎とクインシーのツマヌダでの戦いは、
アーニャの意向によるところが大きくなっています。
王家への支援とツマヌダとの提携はアーニャの専決事業のようで、
アーニャはロシアと日本を行ったり来たりしている様子。
そして20巻カバー内本表紙を見ると、バウワンとミュウミュウ兄妹も、
ボディガードとメイドとして、アーニャと一緒に行動しているとのこと。

ここに、クインシーと接点を見出せそうな男性キャラがいました。

tumanuda16_vowone.jpg

バウワン・アマンガム。
17巻のキャラクタープロフィールによると、24歳。
クインシーより2、3歳年下といったところでしょうか。
ロシアの武術であるシステマの使い手であり、
アーニャのボディガードとして常に行動を共にしています。

実際には、作中ではバウワンとクインシーが絡むシーンはありません。
ですが、作中で明らかになる情報を色々と組み合わせると、
以下のようなことが、ありえなくもないと思えるのです。

アーニャは提携事業のためにツマヌダを訪れる機会も多いでしょうし、
その際には王家太極拳のスポンサーでもあるため、
次郎やクインシーと会うこともあるでしょう。
そしてバウワンはボディガードとして「くそ真面目」に、
その場に同行することでしょう。

tumanuda19_vowone.jpg

そんなバウワンの様子を見て、その持ち前の性格から、
クインシーは気安くバウワンに話しかけるかもしれません。

「そんなに気負ってちゃ、ボディガードは勤まらないよ」と。

バウワンはシステマの使い手であり、その実力は相当のもの。
ただ、アーニャのボディガードとしては申し分は無いものの、
バウワン一人で、人ひとりの安全を常に確保するのは難しい。
極端なことを言えば、アーニャを庇ってバウワンが死んだ場合、
その後アーニャを守ることが出来なくなってしまう。

バウワンが本当に成すべきことは、自身が盾になることよりも、
常にアーニャや要人の安全確保が図れるような、
安全保障や危機管理のための体制を整えることなのではないか。
そして必要であれば、そのために王家一門は協力を惜しまない。
そんなような話を、二人きりになった時にするかもしれません。

バウワンは、見た目も性格も絵に描いたような「真面目」です。
自身の役割を遂行することにのみ忠実であり、
それは堅さとして表れ、ともすれば周囲との壁となるでしょう。

それに対しクインシーは、かなり砕けた、捌けた性格であり、
敵対していた相手とでも打ち解け、親しくなれるという、
懐の深さを持っています。

常に弟の身を案じ、厳しくも優しく見守る心優しい姉であり、
ただ明るいだけでなく、一本芯の通った女性です。
見た目はとても柔らかそうですが。

ツマヌダ クインシー・王

そんな明るく、暖かく、柔らかな彼女と接するうち、
バウワンの頑なな堅さも次第にほぐれ、
そして次第に彼女に魅かれていくのではないでしょうか。

クインシーにとっても、次郎という寡黙な弟がいることもあり、
バウワンの生真面目さは嫌いではないでしょうし、
イジり甲斐のある男性として、興味を引く存在でしょう。

また、身内をことのほか大事にするのがクインシー。
物語終了時点での人間関係を見てみれば、
ポコロフスキ家と王家は身内も同然。
となれば、ポコロフスキ家に仕えるバウワンもまた、
彼女にしてみれば身内のようなもの。
より彼のことを心配し、身を案じるようになるかもしれません。

かようなことをつらつら考えるに、
クインシー×バウワンのカップリングは、
ごく自然なものではないでしょうかと、
まあ、そんな感じです。

posted by 山田工作 at 22:10| Comment(0) | 女性キャラ考察

2016年08月19日

クインシー・ワンダフル!

前回の「ツダヌマ格闘街」最終巻の話で触れましたが、
今回はその登場人物である、クインシー・王について、
ちょっと掘り下げてみたいと思います。

クインシーについては以前ちょっと紹介していますが、
コミックスの3巻にキャラクタープロフィールがあり、
具体的に色々な数字などが書いてあるので、
それを基に改めてご紹介。

クインシー・王

クインシー・王。
本名は、王 宮世(ワン グンシー)。クインシーは通称。
台湾生まれの26歳(3巻時点)。
身長166センチ、バスト99センチ

幼少の頃より父から王家流太極拳を学び、
達人である王英才譲りの腕前は相当のもの。
ツダヌマに来た理由は、自分たちが活躍することによって、
父に汚名を着せ一族から追放した台湾の本家に対し、
その実力を証明し、父の拳名を取り戻すため。

tumanuda08_kenmei.jpg

登場当初は気負っていたためか、
周囲に対して挑発的、威圧的であったものの、
本質的には家族思いの優しい女性であり、
明るく、割と誰とでも仲良くなれる性格の持ち主。

tumanuda06_okasi.jpg

食い気が張っていたりするものの、それもあってか、
ミツルたちや対戦相手とでも直ぐに打ち解けることができる、
屈託の無い子供のような愛嬌がある。

tumanuda09_tashe.jpg

かと思えば、敵対していた相手であっても、
そのわだかまりが無くなれば、目上の人には礼を持って接し、
教えを乞うことも辞さないなど、大人な面もちゃんとある。

tumanuda07_haji.jpg

その家族愛の強さは相当なもので、
必要とあれば自分の非力さを認め頭を下げたり、
敵対していた本家が苦境に陥り助けを求められた際、
二つ返事で受けていた辺りに、彼女の器の大きさと、
家族や一族への深い愛情が感じられます。

tumanuda02_kataduke.jpg

反面、というか何と言うか、家事はあまり得意では無い様子。
割り切りが良く、おおらかでさっぱりとした気風が、
日常生活では大雑把な感じで出てしまうのかもしれません。

まだまだ魅力を語り足りないとは思うのですが、
ヒーローについて熱く語る悪の女幹部のようになっては困るので、
彼女の紹介についてはこのくらいにしておくとして。

さて、こんな彼女でありましたが、
物語の序盤においては、その腕前を披露したり、
ミツルにちょっかいを出したりと出番も多く、
ドラエに対するヒロイン対抗馬なのかな?
と思わなくもない活躍ぶりでした。

tumanuda04_itaku.jpg

それが中盤以降、孫安福との戦いを経て台湾本家と和解し、
一時的にミツルのライバルが次郎から鷹羽に移行したこともあって、
次郎ともども戦線を離脱。一気に影が薄くなりました。

そして復帰した後も、ミツルのライバルとして次郎だけが注目され、
クインシーの役割といえば、ほぼ解説だけ。
寡黙な次郎の代弁者としての活躍はあっても、
実際に彼女が太極拳の腕を振るう場面は最後までありませんでした。

まあでもこれは、話の展開としてしょうがないのは分かっています。
終わりが見えた物語にあって、テーマは絞り込まれてきており、
本筋とあまり関係ない部分は削ぎ落とされていくものです。

ただ一点納得がいかないのが、初期からの主要キャラの中で、
ミツル、ドラエ、ラミィ、次郎らは明確にパートナーが決まったのに、
クインシーだけは放ったらかしにされてしまったこと。

例えどんな相手であっても、作中でパートナーが決められていたなら、
そういうものかと納得したのですが、その相手がいなかった。
わりとカップル厨な気のある自分としては、大いに不満です。

というワケで、これからが本題。
独り身のまま物語が終わってしまった今、
クインシーのパートナーに相応しい人物は誰なのか。
これについて、ちょっと考えてみたいと思います。

が。

あまりに長くなったので、次回に続きます。

おかしいな、一回で終わらすつもりだったのに。
何でこうなったんだろう・・・

posted by 山田工作 at 21:31| Comment(0) | 女性キャラ考察

2015年10月01日

月ガミチルヨ・・・

10月1日はメガネの日、ということらしいので、
気になる眼鏡キャラをご紹介。

keroro_chiruyo01.jpg

ケロロ軍曹」に登場する、月神散世。
ご覧のとおり、かなり大きめな眼鏡をしていますが、

keroro_chiruyo04.jpg

眼鏡を外せば美少女、という、
古来からの漫画の作法に則った、
典型的な眼鏡キャラであります。

keroro_chiruyo03.jpg

「ケロロ軍曹」における人間側の主人公の一人、
日向冬樹に想いを寄せており、
同じく冬樹に想いをよせる西澤桃華に対し、
彼女が超絶お嬢様だからといっても臆することなく、
その要求を断るなど、気の強い面もあり。

keroro_chiruyo02.jpg

また先日紹介した「増すコミ」の主人公と同じく、新聞部に所属しており、
普段はメモばかりしていることが多いものの、
新聞部イチの身軽さをほこり、
いざという時は、潜入調査も厭わない行動派。

keroro_chiruyo05.jpg

某有名女盗賊のようなレオタード姿で、
果敢にも、ケロロの秘密基地に潜入したりもします。

keroro_chiruyo06.jpg

こうしたピッチリとした衣装を着ると、
制服の時では判らなかった、
プロポーションの良さも露わに。

keroro_chiruyo08.jpg

幼児体型であることにコンプレクッスを持っている桃香と比べ、
あまりにも立派なこのカラダつき。
これで冬樹や桃香と同学年の中学一年生なんて、信じられますか奥さん?

keroro_chiruyo07.jpg

ある種ストーカーにも似た、想いと執念の深さ。
しかしそれだけでなく、自分を恋のライバルと知りつつも、
危機に陥った時に助けてくれた桃香の心情を思いやり、
その気持ちに真っ向から向き合う、優しさと真摯さ。

keroro_chiruyo09.jpg

この散世と桃香。
性格や行動に二面性があったり、
自分が好きな人に対しては好意を表せないけど、
自分が好きな人を好きな人(ややこしい)に対しては、
自分を正直に出して対抗していけたりと、
結構似通っているところがあります。

キャラが多いわりには、まともな恋愛関係が少なく、
色恋沙汰の描写が少ない「ケロロ軍曹」にあって、
貴重なラブコメ要素を担っているこの二人。

正直、散世はちょっとしか登場しない脇役であり、
今後の出番は期待薄ではありますが、
このまま忘れられるには惜しいキャラだと思い、
「メガネの日」という好機も得て、こうして紹介した次第。

この二人のエピソードは、コミックス11巻に収録されているので、
出来れば実際に読んで、その魅力を知ってもらいたい。
きっとその後は、他の巻も読んでいることでしょう。



また、8巻にも少しだけ、散世が登場しており、
こちらでもしっかりとレオタード姿を披露しております。
散世の魅力を更に知りたくなった方はこちらも見るべし。
posted by 山田工作 at 22:53| Comment(0) | 女性キャラ考察
Powered by さくらのブログ