2017年09月13日

さよなら私のクラマー 雑感

さよなら私のクラマー」1巻〜3巻を購読しました。



月刊少年マガジンにて連載中で、高校女子サッカーを描いたこの作品。
連載開始は2016年の6月号からなのですが、
読むようになったのはわりと最近になってからです。

月マガは「capeta」が終わって以降、
いくつかの作品を目当てにサッと読むくらいで、
この「クラマー」はほとんど目に入っていませんでした。
それが数ヶ月前、手に取ってパラパラと見た際に、
偶然目にしたあるキャラにビビッときて、
それ以来この作品を読むようになりました。

ところで、週刊誌に比べて月刊誌の良いところは、
収録されている一話あたりのページ数が多いことだと思います。
ページ数が多いことで、一話あたりの情報量が多いため、
一話だけでも結構読みごたえがあります。

そのため、それまで読んでいなかった作品でも、
雑誌を手にしたその時に掲載されていた話の内容によっては、
その作品や登場人物についての魅力を十分に伝えることができます。
これはつまり、一話だけでも「読ませる」作品が描けるということ。
毎週次々とエピソードが繰り出される週刊誌に対して、
月刊誌が持つ数少ないアドバンテージでしょう。

また、サッカーは球技の中でも選手数の多い競技です。
そしてリアルタイムで試合は進行し、目まぐるしく展開します。
試合の最中に登場する選手の数が多くなると、
どの選手がどういう風に動いていて、今どういう展開なのか、
読者は把握しづらくなってしまいます。

そういう忙しい競技を漫画表現する場合において、
月刊誌のページ数の多さというのはメリットが大です。
細切れにせず連続で試合を展開し、その中で主人公だけでなく、
チームメイトや対戦相手についてのエピソードなども、
一話の中にガンガン入れていくことができます。

ある一つの出来事について、その始まりから終わりまでを、
時系列や人間関係を含めて一話にしっかり納めてしまえる。
それにより、たった一話であっても、十分な読後感が味わえます。

この「クラマー」という作品はその利点を上手く活かしており、
自分の場合も、偶然手に取った号に載っていたエピソードによって、
一人のキャラクターに一気に魅了されてしまいました。

そのキャラクターは、桐島千花。通称チカ先輩。
現在発売中の今月号まで続いていた試合において、
主人公たちと対戦していたチームの選手でした。

cramer03_chika.jpg

体格的には小さく、でこっぱちで、スポーツゴーグルを使用。
パッと見、全く華やかな選手ではありませんが、
自分が読んだ話での彼女は、試合全体を支配するプレーヤーとして、
また、悔しい過去を背負って頑張る一人のサッカー選手として、
その一話においては、まさしく主人公として描かれていました。
その姿が、とても魅力的だったのです。

そしてここ数ヶ月、月マガでの連載をリアタイで読んでいて、
とても面白楽しくチカ先輩を堪能できたのですが、
今月号で試合は終わってしまいました。
そこで、丁度良い機会とコミックスを購読してみたところ、
これがもう大ハマり。
一気に大好きな作品になりました。

cramer01_mirai.jpg

作者の新川直司先生の、サッカーへの強い想い、
そして女子サッカーを応援する熱い気持ちが、
とても強く伝わってくる作品です。
たくさんの女の子たちがサッカーボールを追い、
躍動する様が、とても生き生きと描かれています。

それは主人公格のキャラたちだけでなく、
チームメイトや監督、対戦相手に至るまで、一人一人が、
それぞれの役割と人格を持って丁寧に描かれており、
登場人物の多さと相まって、魅力的なキャラが大勢います。

サブキャラたちの中で特に良いなと感じたのが、
主人公のチームのキャプテン、田勢(たせ)恵梨子。

cramer02_tase.jpg

主人公たちのように特別な選手というわけではないのですが、
チームを見限って先輩たちが去っていった後も踏ん張り、
主人公たち新入生を迎え、期待を胸に前を向き続ける姿は、
スポーツ漫画におけるキャプテンの王道として、
燦然と輝いてみえました。

cramer02_miyasaka.jpg

そしてそのキャプテンを支える、同級生の宮坂真琴。
こういう、頑張るキャプテンを支えるしっかり者というのも、
定番の一つでありますね。
何というか、ガンダムブライトミライを彷彿とさせます。
実は年齢もそう変わらないというね。

あと、真琴という名前でメガネというと、
あるキャラを思い浮かばずにはおられず、
この二人も狂犬コンビに負けないような名コンビになって欲しいと願います。

cramer03_shiratori.jpg

白鳥綾。
名前も普段の行動も、いかにもといったお嬢様キャラ。
こういういかにも漫画っぽいキャラがいて、
それが敵ではなく身内の方にいるというのが良いですね。
性格のわりに憎めない、ナイスなキャラです。

cramer02_itoh.jpg

井藤春名。この娘は主役級ですね。
気付けばいつも何か甘い物を食べてるという。
サッカーをやめたらデブまっしぐらですな。
こういう細かい部分に思いを至らせてしまうほど、
個々のキャラについての描写に余念がありません。

さて、コミックスでまとめて読んでみると、
月刊誌で読むのとはまた違った感じの発見がありました。
一話一話、それぞれが独立して面白いのはもちろんですが、
それぞれの話の中で主役となるキャラが代わるだけでなく、
各巻ごとに、その巻全体で主役となるキャラがいるように思います。

例えば1巻
この巻を象徴する主人公は、やはり曽志崎緑。

cramer01_soshizaki.jpg

中学時代に所属チームを全国3位にまで導いた選手であり、
一匹狼だった周防すみれを仲間に誘った張本人。
自己の実績とユース時代の人脈から交流の幅が広く、
知り合いの多さと実力の高さから、全体を俯瞰して見ることができ、
始まったばかりの物語の案内役としての役割を負っています。
1巻の表紙は恩田でしたが、話の中心人物は間違いなく曽志崎でした。

これが2巻になると、一冊全体で見た代表的なキャラは、
主人公たちの対戦相手チームにいた、佃真央になります。

cramer02_tukuda.jpg

日本一の強豪校に所属する選手らしい、上からくる態度。
しかしただプライドが高いというわけではなく、
ちゃんと結果を出さなければ試合に出られないという、
プレッシャーの中で努力し、培われた実力への自負心。

強豪校にいるから強いのではなく、
強い選手だから強豪校にいるのだという、
ともすれば忘れてしまいがちな事を改めて認識させてくれる、
主人公たちへの壁として、とても存在感のあるキャラでした。

見た目が全然美人じゃないのも彼女のポイントで、
2巻の最後の方ではすごいブス顔を見せてくれました。
そしてこういったキャラが実は乙女チックであるというのもツボで、
彼女を知ることが出来たこということだけでも、
コミックスを買って良かったなあと思えるほど魅力的なキャラでした。

3巻の主人公は、恩田希。

cramer03_onda.jpg

1巻の表紙にもなった主人公格の一人である彼女。
3巻でやっとその存在感が爆発しました。

フットサルで対戦相手に喧嘩を売る。
公式戦が楽しみ過ぎて寝られずコンディション最悪で、
活躍できないどころか自殺点を決める。
学校の体育で白鳥相手にムキになり負傷して試合に臨む。
挙句、試合での対戦相手から「地蔵」呼ばわりされるなど、
素晴らしい活躍の数々。

こういう、全く正統派でない感じもまた、
この作品の魅力の一つなのであります。

さて、10月には4巻が出ます。
そしてその4巻では間違いなく、
チカ先輩が主役を務めてくれることでしょう。
とてもとても、楽しみです。


posted by 山田工作 at 22:44| Comment(0) | コミックス

2017年03月06日

幼女戦記(コミック版)

幼女戦記」をまとめて購読しました。



原作の小説は人気作品で、アニメ化もされているのですが、
これまで小説もアニメも見たことはありませんでした。

それが第一話を試し読みしてみたところ、
続きが気にったので、まずは1巻を購読。
読み終わる頃にはすっかりハマっており、
2巻3巻と一気に購読してしまいました。

人気があるということは知っていたのですが、
「幼女戦記」というタイトルが、何かあざとく感じられ、
ちょっと斜に構えて今まで手を出さずにいました。
それが、試し読みをきっかけにして、
今では続巻を待ちわびるほど好きな作品に。
何事も食わず嫌いはいけませんね。

この作品は、現代日本のサラリーマンが、
魔法と近代兵器を駆使する戦争の世界に転生するという、
ファンタジー+架空戦記モノといった作品なのですが、
一番重要なポイントが「幼女に転生させられた」ということ。

youjo03_08op.jpg

ターニャ・デグレチャフ。別称デグさん。
見た目は可憐な幼女、中身はおっさんというこの主人公の、
言動や立ち居振る舞いが、とても魅力的なのです。

自分は「大戦略」や「ゲームボーイウォーズ」などの、
戦争を題材にしたゲームを遊んでいたこともあって、
最初はこの作品の「戦争」の部分に強く惹かれました。
今でもそこに興味はあるのですが、それはそれとして、
今ではデグさんの可愛さにすっかりやられてしまっています。

youjo01_bf.jpg

1巻の、椅子の上に立って戦術盤を見るデグさん。
小さな幼女が大人に混ざって戦争に参加する異常さ、
アンバランスさを象徴する場面であり、
上官と互角に渡り合うデグさんは、小さくて可愛くても、
中身はおっさんなんだということを意識させてくれます。

youjo02_bc.jpg

2巻の、自転車に乗るデグさん。
このコマを見て、デグさんを愛でる心に火が着きました。
この後の衛兵とのやりとりが、二人の身長差もあってとても可愛く、
中身がおっさんだということなど何の問題も無いと思わせてくれます。

youjo03_08np.jpg

3巻の、食堂で新聞を手にするデグさん。
もう、美しいとしか言えません。

ここでのライバル将校とのやりとりは、
全く無垢な幼女にしか見えないデグさんと、
汚い考えの中身のおっさん両方を同時に実感でき、
これこそがデグさんの魅力なのだと再認識させてくれます。

小説をコミカライズすることのメリットとして、
登場人物や物語の世界を視覚で認識できるということがありますが、
ことデグさんに関しては、東條チカ先生の美麗な絵もあって、
とても有効にその魅力を表現しています。

youjo01_denrei.jpg

ただ可愛いというだけでなく、
周囲の大人たちとの比較でその小ささが伝わりますし、
中身のおっさんがどんなズル賢いことを考えていたとしても、
傍目には幼女が思案を巡らしているようにしか見えないということが、
常にデグさんの姿が紙面に描かれていることにより、
漫画の方が小説よりも強く認識できることでしょう。

3巻の巻末には東條先生へのインタビュー記事があり、
この作品のコミカライズに際しての東條先生の覚悟や、
作品への想い、その他漫画に関する様々なことが語られていて、
これだけでもとても読み応えがあります。

コミカライズという作業に当たって、
いかに原作の面白さを伝えるために努力しているか。
また漫画としての面白く読んでもらえるよう、
様々な工夫が凝らされていることなどが語られており、
漫画好きの方であれば、まず読んで損は無い内容です。

今なら試し読みサイトで、この記事を読むことができます。
第1話の試し読みと併せてこちらを読めば、
よりこの作品への興味が湧くこと請け合い。

そして皆がデグさんの魅力に囚われるが良いのです。

posted by 山田工作 at 22:03| Comment(3) | コミックス

2015年01月26日

何故か今更「事件記者トトコ!」

「事件記者トトコ!」の1巻2巻を購読しました。

 

新聞社の記者である薙沢兎々子(なぎさわととこ)が、
街で起こる様々な事件に取材のため首を突っ込み、
結果事件を解決したりしなかったりする、
ドタバタコメディなこの作品。

江戸川乱歩の「怪人二十面相」のような時代設定にも関わらず、
リモートコントロールで自動走行するスクーターや、
全く人間にしか見えないロボット女中が存在したり、
獣人や恐竜に、大きな耳で空を飛ぶ象が登場するなど、
SFやファンタジーの要素が多め。

このへん、「夢幻紳士」に通じるものがありますね。
それも「冒険活劇篇」のほう。
一話完結型の構成も一緒ですし、
コメディらしく展開はスピーディで、基本はドタバタ、
時にしんみりするエピソードありと、バラエティ豊かです。

ところで、何故今頃になって購読したかと言いますと、
今までは、掲載誌である「ハルタ」を購読していたため、
コミックスを買うこともないかと思っていたのですが、
最近になって、描き下ろしページが多くあると知り、
それならばと購入したのですが、結果、大正解でした。

以前にもどこかで書きましたが、
雑誌で読むのとコミックスで読むのとでは面白さが違い、
雑誌掲載時の、大きな誌面で読むのも良いものですが、
コミックスのコンパクトなサイズは気軽であり、
ひとつの作品を集中して楽しめるメリットがあります。

そしてそれに加えての、コミックスでの描き下ろし。
各話毎に、オマケのエピソードが描かれています。

それは一コマだけのものもあれば、
数ページに渡るお話のものもあったりして、
しかもどれもが、脇役にスポットを当てており、
登場人物のキャラをより知ることのできる、
見応え読みごたえのあるものばかりでした。

基本的に、コミックスの描き下ろしというものは、
どれだけ描いてもノーギャラだと聞きました。
それなのに、これだけのものを描いてくれている。
コミックスの販促も一つの目的でしょうが、
より作品の世界を広げるエピソードが散りばめられており、
この作品のファンとしては嬉しい限りです。

また何より、コミックスを購読することは、
読者のできる一番の応援活動です。

先日ツイッターにて、「てくてく」の山崎浩先生が、
こんなツイートをされていました。

コミックスが売れることで、
その漫画家さんがプロ活動を続けていけるのであれば、
その作品をより読むことができるということになり、
結果的には、ファンにとってお得な状況になるワケです。

今更ながらに描き下ろしを目当てにコミックスを買った、
ワタクシなんぞが言えた義理でもありませんが、
買おう、コミックス!

posted by 山田工作 at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス

2013年02月06日

寒冬地方

2月の雪国というものは、そりゃあもう寒いものです。

そんな寒い時でも、ストーブの前に座り込んで、
周りを三匹の寝ている猫たちに囲まれながら、
コーヒーを飲みつつ面白い漫画なんかを読んでいると、
ああ、幸せってこういうもんだよなあ、なんて気分になるもんです。

まあその時読んでいた漫画が、「エマ」の8巻だったから、
余計そんな気分になったのかもしれませんが。



「エマ」は、ヴィクトリア朝時代のロンドンを舞台とした、
主にメイドさんが活躍する作品として有名ですが、
全10巻のうち、7巻までで本編は一旦終了しており、
8巻以降は番外編というか、短編集のようになっています。

中でも8巻は、物語に登場した「貴族以外の人たち」、
一般庶民の当時の日常生活に触れたエピソードが多く描かれています。
そういったお話を、猫一緒にとストーブにあたりながら読んでいると、
いつの時代でも、どんな環境であっても、
「幸せ」は自分の身の回りにあるものと自分の気持ち次第であって、
いかにそれらを大事にし、愛おしく思うかが、
幸せをかみ締めるコツなんだな、という風に感じられました。

「乙嫁語り」が人気作品となり、
そこから森薫先生の作品に興味を持つ方は増えたことでしょう。
そういった方に「エマ」は是非読んでもらいたいと思いますが、
1巻は今の絵柄とかなり感じが違い、取っ付き辛いかもしれません。

その点、8巻は絵柄が今現在の感じに近く、
短編集的にそれぞれのお話が独立していて読みやすく、
また当時の社会を知ることができるエピソードが多くあります。

かなりネタバレを含んでいるのも確かなのですが、それでも敢えて、
この8巻から「エマ」デビューをしてみるのも良いかもしれません。

posted by 山田工作 at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス

2012年03月23日

発売日の一日遅れ

「もやしもん」11巻特装版を買うために、
今回初めて、ツタヤオンラインの「店頭受け取り予約購入」
を利用してみました。

ネット上で予約して、
最寄りのツタヤ店頭で受け取るというシステムなのですが、
これを利用すると、発売日に購入できることが判りました。

※追記※
全ての本に当てはまるワケではないようです。
モノによっては普通に店頭で買うよりも遅くなってしまうことがあり、
店頭にはあっても注文分で届いていないため手に入らない、
という状況もありえます。
ご注意を。


ただ、この方法が使えない場合もあって、例え新刊であっても、
ツタヤオンラインにて予約対象になってない本はダメなようです。
今回、もやしもんと一緒に講談社系の本も注文したかったのですが、
予約対象となっていなかったので、無理でした。
店頭にも、当然のごとく置いてありませんでした。
また明日も本屋さんに行かねばなりません。

「3月のライオン」7巻はあったので、買えました。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

白泉社やエンターブレインなどは、
発売日よりも早く出荷してるんですかね。
こういうことが、ままあります。
嬉しいからいいんですけどね。

ツタヤではおなじみになったペーパーも付いてました。
しかしこのペーパー、いつかコミックスかなんかに収録して欲しいなあ。
手に入らない、読めない人も多いだろうに・・


今回の話は、都会の人、
ネット通販で当日手に入る人には全然関係ない話でしたが、
こういうことで喜べたり、ネタとして扱えるのも、
地方民ならではの余禄ですかねえ。

posted by 山田工作 at 00:00| Comment(0) | コミックス
Powered by さくらのブログ