2017年12月03日

ファイナルファンタジーV DS版

ファイナルファンタジーV(DS版)をクリアしました。



FFTはFC版を3DSのVCで、
FFUはFC版を実機でクリアしましたが、
VはDS版をプレイしました。

最初は、手持ちにFCソフトがあったので、
ファミコン版を実機でやってみました。
しかし、これが何かしっくりこない。

ff3fc.jpg

Uに比べてシステム周りは進化しており、
遊びやすくなっていたVなのですが、
何となく動作がもっさりしているというか、
軽快感が損なわれているように感じられました。

また、遊ぶ前に情報を集めていて気になったのが、
Vの売りの一つであるジョブチェンジシステム。

複数あるジョブ(職業)をキャラクターごとに、
いつでも変えられるようになっているのですが、
強いジョブと弱いジョブがはっきりしており、
最終的には強くて使いやすいジョブである、
忍者と賢者だけのパーティにならざるをえない。
自由度の高さのわりに、実は選択の幅が狭いのです。

その点DS版では、ジョブの強さに変更が加えられ、
初期のジョブである戦士やモンクでも、
じっくり鍛えれば最後まで使っていけるとのこと。
FC版では役立たずだったジョブも十分使えるようになり、
多様なジョブを組み合わせたパーティ編成が可能に。

実際は、やはり使い難いジョブがあったりしますが、
戦士や盗賊といったベーシックな職業の方が、
忍者や賢者といったハイクラスよりも好きなので、
この仕様変更だけでも、DS版を遊びたくなっていました。

ネットで相場を調べてみれば格安とも言える値段だったので、
早速購入して始めてみたのですが、ここで意外な落とし穴が。

持っていた初代DSのバッテリーが劣化しており、
いくら充電しても、30分もすれば赤ランプが点灯する有り様。
仕方がないのでACアダプタをつないだ状態でプレイ。
持ち運べるという携帯機のメリットが全くありません。

それでも、ちょっとした空き時間にサッと始められ、
いつでも中断できるのは大きなメリットで、
気がつけば一ヶ月もしないうちにクリアしていました。

全編ポリゴンで表示されるDS版は、
FC版と比べて特に軽快ということはないのですが、
それでもテンポ良く、快適に遊ぶことができました。

何より、DSの粗いポリゴンで描かれる、
ディフォルメされたキャラクターがとても可愛く、
戦闘シーンや物語の会話シーンを見てるだけでも楽しいのです。

DSで、キャラがポリゴンで表示されているゲームとしては、
ゼルダの「大地の汽笛」がお気に入りなのですが、
DSの低い描画性能と、ディフォルメキャラは相性が良いですね。
独自の味わいの可愛さがあります。

final_fantasy_3_wp01_1280x1024.jpg

またFC版とDS版で大きく違うのは、主人公たちの設定。
FC版での主人公たちは、特にキャラ設定は無く、
自分で名前を決めるようになっていましたが、
DS版は、主人公たちにはデフォルトの名前があり、
それぞれがちゃんとした設定のあるキャラクターになっていました。

明朗快活でちょっとお馬鹿なルーネス。
博識だが引っ込み思案なアルクゥ。
冷静沈着な青年兵士イングズ。
活発な美少女レフィア。

それぞれにとても魅力的なキャラクターで、
彼らと一緒に歩んだ物語は、とても楽しく感じられました。

このキャラたちに、どんなジョブになってもらうか、
その組み合わせを考えるのも楽しみの一つ。
ジョブによって役割や強さが違うだけでなく、
キャラ毎にジョブのグラフィックが違うので、
あえて見た目重視で選んでしまうのもあり。

ff3ds.jpg

自分の場合のジョブの変化は以下のとおり。

ルーネスはずっと戦士。
「ふみこむ」で大ダメージを狙うアタッカー。

アルクゥは赤魔道師で、中盤にバイキングを試してみたら、
両手盾での「挑発」が便利過ぎて、結局最後までそのまま。

レフィアは盗賊。見た目が可愛いので。
グングニルを盗んでからは竜騎士でセカンドアタッカーに。

イングズは終盤までずっと赤魔道師で、
ラストダンジョンだけ回復要員として導師に。

攻略情報を見ながらの、かなり手堅いプレイでしたが、
それでも何回か全滅したりしました。
遊びやすく、難易度もそれなりある。
ボリュームも適度で、何より安い。
かなりオススメできる、良ゲームでした。

ff3_jobs.jpg

今度はジョブを変えてやってみたいと思うのですが、
DSのバッテリーの劣化がちょっと困りもの。
バッテリーを交換するか、中古でDSiLLでも買うか。

加齢による目の衰えで、
小さな画面が辛い、今日この頃なのです・・・。
posted by 山田工作 at 16:34| Comment(0) | ゲーム

2017年09月21日

ファイナルファンタジーU(ファミコン版)

先日、ファミコン版のファイナルファンタジーUをクリアしました。

ff2boss.JPG

以前、FF1をプレイした際は3DSのVCでしたが、
今回はFCの実機をテレビに繋いで遊んでいます。

FF1クリア後、FFUもやってみたくなり、
そういえばソフトを持ってたなと確認してみたところ、
セーブ機能が生きていたため、実機でのプレイとなりました。
FFUはフィールド上のどこでもセーブができる仕様なので、
VCの中断機能などがなくても、結構快適に遊べるのです。

ところで、今更FCでFFをやってみようと思ったのは、
ヒラコー先生の「進め!聖学電脳研究部」がきっかけでした。
この作品の中で、FCのFF1とPSのFFZを比較して、
ゲームの面白さやゲームで得られる感動は、
ゲーム機のスペックによって決まるのでは無い、
というようなことが語られているのです。

そして、子供の頃に遊んだはずのFFについて、
自分はほとんど覚えていないことに気付きました。
これは確かめてみねばなるまいと、FF1をクリアしたのですが、
FFUについてもかなり記憶が曖昧なため、今回挑んでみました。

実際に遊んでみると、FCのピコピコ音とドット絵が懐かしい。
昔のゲームらしく、システム面で不親切な部分は多いものの、
操作感は良好で、それほどストレス無く遊ぶことができます。
3DSでのVCのような手軽さは無いものの、
リビングのTVの前で腰を据えてプレイするのは、
子供の頃の感覚が蘇ってくるようで良い感じです。

リセットボタンを押しながら電源を切る」というのも懐かしく、
当時は無かった猫リセットのスリリングさも加わって、
ほどよい緊張感を持って遊ぶことができました。

ゲームを初めてしばらくの間は、懐かしさを感じたり、
ところどころで昔の思い出が蘇ることもあったのですが、
中盤以降はほとんど記憶にないイベントばかり。

ff2nise.jpg

例えばこの、王女の偽物が登場するイベント。
とても好きなエピソードなのですが、
今回のプレイで初めて見たように感じます。
多分、子供の頃はそれほど進めずに、
割と直ぐにやめてしまっていたのでしょう。

FFUは、キャラクターのレベルというものが無かったり、
武器や魔法は使用頻度に応じて強くなるなど、
当時のRPGとしては画期的な要素が多くありました。

中でも、当時の子供たちが夢中になった要素として、
パーティアタック」というものがありました。
これは、
「攻撃を受けてHPが減るほど最大HPが増える」、
「敵だけでなく仲間も攻撃することができる」
というこのゲーム独自のシステムを利用して、
同士討ちにより序盤からキャラの最大HPをガンガン上げる、
というものでした。

従来のRPGに慣れていた子供たちにしてみれば、
最大HPが高くなれば攻略が楽になると考えるのは自然で、
攻略本などで紹介されたこともあり、この作戦は一気に広まりました。
しかしこの作戦、序盤はいいものの中盤以降はキツくなり、
やがてゲームを進めるのも難しくなるという落とし穴がありました。

きっと、当時の自分もこの罠にかかったのでしょう。
そして、途中で遊ぶのをやめてしまったのでしょう。

しかし今、世の中にはインターネットがあり、
当時は知らなかった攻略法を知ることができます。
今こそ、子供の頃に途中で諦めた無念を晴らす時です。

実際に攻略法を調べてみると分かるのですが、
FC版FFUはそれほど高難易度なゲームでも、
ましてや理不尽なゲームでもありませんでした。
当時画期的だったゲームシステムは今なお魅力的で、
武器の練度、回避の重要性、使うべき魔法など、
いくつかの要素を理解すると、とても遊びやすくなります。

自由度の高い育成システムと魅力的なキャラ。
ドラマチックなストーリーに、素晴らしい音楽。
そして何より、フィールドのどこでもセーブできるという便利さ。

ファミコンという、今にしてみれば貧弱なハードでも、
良く作り込まれたこの作品のようなゲームであれば、
今でも快適に面白く遊べるんだということが実感できました。

ラスボスを倒した後のエンディングは感動的。
これはもう、実際にプレイたからこそ味わえる感動です。
個人的には、極めてシンプルな1のEDも良かったのですが、
登場人物たちが次々と現れるUの方が、よりグッときました。

ff2mukasi.jpg

先ほどのニセ王女のエピソードなど、
要所要所で活躍してくれた、女海賊レイラ。
戦乱を駆け抜けるヘビーなストーリーの本作において、
恋愛要素を一手に引き受けた、魅力的なキャラでした。
登場人物たちが織り成す物語という点で、
Uはとても優れた作品であったと思います。

最新の技術で作られていなくても、
発売から何十年経っていても、
面白いと思えるゲームがたくさんある。

ff2mukasi.jpg

ゲームは子供の遊びだという人もいますが、
むしろ歳を重ねた分、楽しいと感じる世界もあるのです。

奥深きかな、レゲーの世界。
さて、次は何を遊びましょうか。

posted by 山田工作 at 20:52| Comment(2) | ゲーム

2017年01月07日

ファミコン版ファイナルファンタジー

皆様、新年明けましておめでとうございます(遅い)。
今年も早や一週間ほどが過ぎましたが、
どのような年の明け暮れでしたでしょうか。

去年の最終更新は12月28日だったのですが、
その後、2016年はほとんどゲームについて触れていなかったなあと思い、
ここはひとつ、年末年始にゲームをクリアしてみようという気になりました。

何をしようかと考えていた時、3DSが目に入り、
そういえば前に、FC版ファイナルファンタジーを購入したけど、
オープニングを見たところで満足してしまい、
その後を遊んでいないことを思い出しだしました。
せっかく買ったのだし、これをクリアしようとプレイし始めたのが30日。
結局年末年始の休み中には終わらず、今日やっとクリアできました。

この初代ファイナルファンタジー
昔ファミコンでプレイしクリアもしてるはずなのですが、
あまりに久々に遊んだためか、かなり忘れている部分が多く、
それ故、とても楽しく遊ぶことができました。

ネットにより攻略情報が手に入りやすくなっていたため、
パーティ編成や装備の整え方、魔法の覚え方などについては、
地雷的なモノを避けた攻略優先使用で楽々プレイ。

ややモッサリしたボタン反応や、隊列変更の煩わしさ、
戦闘では自動ターゲット切り替えがされなかったり、
回復アイテムの大量購入が面倒くさいなど、
システム面での難点はいくつかありましたが、
昭和のTVゲームとしては良く考えられたユーザーインタフェースで、
結構快適に遊ぶことができました。

話の進め方についても、行動範囲が上手く制限されており、
街の住民(NPC)のメッセージをちゃんと聞いていけば、
特に迷うことなく進行していけるようになっています。

当時モノの雰囲気を味わうために、
出来るだけNPCと話すようにしましたが、
ヒントメッセージの散らせ方はかなり秀逸なように感じました。

船やカヌー、飛行船など移動手段が増えても、
それぞれの行動制限が上手く効いていて、
どこに行ったら良いかが割りとわかりやすい。
敵の強さのインフレ具合も丁度良く、
ほとんど経験値稼ぎをする場面も無くクリアできました。

クリア時のレベルは全員25。
パーティの面子は戦士シーフ赤魔モンク。
これらのキャラが戦闘のたびにチャカチャカ動き回る、
サイドビューの戦闘シーンが可愛らしくも楽しい。
勝った時のアニメーションやファンファーレが良い。

何よりBGMが素晴らしく良い。
ファミコンの音数の少ないピコピコ音ながら、
ゲームに合った、とても雰囲気の良い曲ばかり。
中でも「浮遊城」の曲がお気に入り。

エンディングも味があって良い。
ナレーションにグッとくる、渋い演出。
そしてこれが心に染みるのも、最後まで通してプレイしたからこそ。

改めて、ゲームを遊ぶことの楽しさと、
ファミコンの魅力に気付かされた経験でした。



う〜ん、Uもやりたくなってきたなあ。
posted by 山田工作 at 23:24| Comment(0) | ゲーム

2016年10月03日

メガドライブ2修理?

メガドライブ2を持っているのですが、
いつ頃からか電源が入らなくなり放置していました。

最近、どうにもメガドラのゲームをやりたくなってしまい、
互換機か中古を買う気になっていたのですが、
まずは手持ちのを修理してみることにしました。

と言っても、電子機械に詳しいとかそういうことは一切無く、
ネットで調べた情報だけが頼りです。
まずはケースを開けてみます。

IMG_5750.jpg

パッと見、特に問題ないように見えます。
とりあえずホコリを拭い、電源を入れてみると、
やはり入らない。

もう一度よーく見てみると、
電源のパーツのハンダが剥がれてる?
ハンダゴテを押し当てチョイチョイと撫で付ける。

それでもう一度電源を入れてみると、何と点きました。

IMG_5751.jpg

コントローラーもちゃんと反応します。
治った、のか?
ひとまずちゃんと組みなおして、今度はメガCDを接続。

IMG_5752.jpg

起動できました。懐かしい画面。
ゲームもしっかり出来ます。

IMG_5754.jpg

やりかけの、シャイニングフォースCD
これの続きをやろうかどうしようか。
まあ、祝!メガドラ復活ということで、
やりたいゲームをぼちぼち楽しんでいこうと思います。

posted by 山田工作 at 22:34| Comment(0) | ゲーム

2015年11月26日

VITAでおでかけ

我が家のテレビ用録画機器は「BDZ-RX55」という、
SONYのHDD内蔵ブルーレイプレイヤーです。

この「SONY製」というがポイントで、
何故この製品を選んだかというと、値段もさることながら、
録画した番組をPSPに転送して見ることが出来るからでした。

これは「おでかけ転送」という機能なのですが、
購入当時はまだ地上波でF1の放送をしていて、
その録画を職場での昼食時に見ようと思って、
この機能付きの録画器にしたのです。

それが、F1の地上波での放送が無くなり、
ウチでは衛星放送が見れないのと、F1自体への興味も失い、
おでかけ転送機能を使わなくなっていました。

それが、今年の夏頃から「団地ともお」のアニメを見るようになり、
録画したものを何度も見返すほどハマっているのですが、
これを、自宅以外でも空き時間に見られないか?
と考えた時に、おでかけ転送を思い出しました。

ただ、PSVITAを購入して以降、
PSPは全くと言って良いほど使っていなかったので、
どうせならVITAで見たいな、と思い調べてみたところ、
VITAでもおでかけ転送機能が使えることが分かりました。

しかしPSPと違って、ちょっと手間がかかります。

・PS Storeから専用アプリをDLし、VITAにインストール

・VITAを録画器に繋ぐ際、USB給電機能をオフにする

これらのことが必要なのですが、アプリのDLはともかく、
USBの設定は充電する時と転送する時で、
その都度切り替えなければいけないのが地味に面倒です。
PSPはただUSBコードで繋ぐだけで良かったのですが。

また残念だったのが、転送後の画質がそれほど良くなかったこと。
PSPと比べればキレイですし、画面も大きくなっているのですが、
有機ELによる美麗な映像を期待していたのでちょっとガッカリ。
PCから直接転送したAVIファイルの方が綺麗です。

更に、再生動画のスクリーンショット(SS)が撮れない!

ああもう、据え置きゲーム機のプレイ動画を録画器で撮って、
それをVITAに転送してSSを撮ってツイッターに上げたり、
ブログで使おうとか思ってたのに〜。
これは素直にキャプチャー機器を買えってことですかね。

今後は、録画器内でDVDに移して、
それをPCでMPEG-4ファイルに変更して、
それをVITAに転送しての映像比較でもしましょうか。
はたしてどちらの方が綺麗なのか。

ゲームの画像については、同じようにPCに移して、
PC上でSSを撮れば良いか。
しかし面倒な・・・

VITAでも録画器で撮った動画を転送して見られるけど、
ちょっと不便で色々と期待外れだった、というお話。


追記

調べてみて分かったのですが、最近のブルーレイレコーダーであれば、
VITAの性能を活かしたキレイな映像で転送できるようです。
ウチのBDZ-RX55は古い機種のため不可ですが・・・
posted by 山田工作 at 20:32| Comment(0) | ゲーム