2020年04月08日

ガルパン

ここ暫くブログを更新していませんでしたが、
別に何か不幸な出来事があったとか、
漫画を全然読んでいなかったとか、
そういうワケではありません。

では何でブログに手を着けなかったかと言いますと、
実は今更ながら「ガールズ&パンツァー」に、
どっぷりハマっていたからでございます。



ガルパン」のテレビ放送があったのは2012年のこと。
放送当初からネットなどで盛り上がっていましたが、
自分は普段あまりアニメを見ないこともあって、
ネットで流れてくる二次創作をつまみ食いする程度でした。

それが、去年の年末にBS日テレで再放送があるのを知り、
一度ちゃんと見てみなようか、と思ったのが運の尽き。
一気にハマり、TVシリーズに加え劇場版やOAVも見て、
アンソロジーコミックやドラマCDなども購入し、
更にはソシャゲの「戦車道大作戦」も始めてしまいました。

特にこの「戦車道大作戦」に手を出したのがまずかった。
以前触れた「デレステ」も中断せず一緒にやっているため、
気付けば時間がガリガリ削られていく有様(現在進行形)
多分これがブログを書かなくなった一番の原因でしょう。

ソシャゲって、怖いですね。

さて、「ガルパン」が公開されてからもう何年も経ち、
その魅力や面白さはなどは散々語られている所ですが、
自分なりに何でこんなにハマったのかを考えてみると、
ガルパンの持つ少年漫画っぽさと、自分の過去の読書体験が、
ばっちりリンクした結果なのではないかと思っています。

「ガルパン」を実際に見て感じたのは、
この作品は「努力・友情・勝利」という、
少年漫画の王道を地でいく物語なのだな、という事。

主人公が、誰一人知り合いのいない転校先で、
友達に恵まれ、仲間と出会い、共に努力し、
数々の強敵を打ち破り、目的を果たす。

めちゃめちゃ少年漫画のノリですし、
「転校生が無名の学校を日本一に導く」という辺りは、
キャプテン翼などのスポーツ漫画を彷彿とさせます。

女子キャラしか登場しないというのもポイントで、
これにより恋愛要素は限りなく薄まり、
より「仲間」と「友情」が強調されます。

自分はラブコメが好きですが、その一方で、
恋愛要素抜きで勝負事をストイックに描く作品も好きです。
「ガルパン」の、目的に向かってまっしぐらな作風が、
自分の中の少年漫画好きな心に響いたのでしょう。

そして更に「ガルパン」が自分に響いた要素として、
熱笑!!花沢高校」との共通点が挙げられます。



熱笑!!花沢高校」は、チャンピオンで連載されていた作品で、
不良高校生の抗争を描いた、今で言うヤンキー漫画なのですが、
その後半において、まるで装甲車のようなオリジナルバイクで、
不良高校生同士が戦うというトンデモ展開となります。

hanazawakoukou.jpg

不良たちのケンカなのにロケット砲やミサイルが乱れ舞い、
至る所で爆発炎上が起こるという荒唐無稽さなのですが、
どおくまん先生の迫力ある絵はその無茶苦茶を成立させ、
何より強敵を前にした主人公たちの友情と勇敢さは魅力的で、
子供心に読んでいてグイグイ引き込まれたものでした。

思えば「ガルパン」も、戦車道が女子の嗜みであったり、
学園艦という設定など、かなりムチャな所の多い作品です。
ですがその荒唐無稽な世界観の中にあって、
戦車というリアリティの塊を緻密に描くことで、
超現実的な説得力を持ち合わせた作品となっています。

多少の矛盾や突っ込み所など、戦車の力強さで粉砕する。
そういった圧倒的な「力こそパワー」感が、
細かい理屈を並べがちなオトナな思考を踏みつぶし、
自分の中の子供心を大いに刺激してくれたのでしょう。

またそれとは逆に、戦車に関しては徹底して妥協を許さず、
細かな所までリアルに描くことを追求している点が、
オトナの本気を感じさせてくれるのもポイントでしょう。

いい歳こいた大人が子供っぽいことを本気でやる。
こういう部分にもまた引きつけられるものです。

さて、近年稀に見るほどハマってしまった「ガルパン」。
今となっては、初放映から見ていなかったのが悔やまれます。
当時の盛り上がりを共有できなかったのもありますが、
何よりSNS上で発表された数々のイラストや漫画などが、
今となってはもう見ることが出来ないと考えると、
禿げ上がりそうなほどショックです。

makimami02.jpg

マキとマミ」のマミさんの台詞が、
今なら痛いほど実感できます。

ただまあ、せっかくこれほど好きになったのだから、
この想いは何かに活かしたいトコロ、というワケで、
今年のワンフェスはガルパンキャラにチャレンジしたいと思います。

いわゆる「萌え系」のアニメキャラは初めてですが、
幸いというか何というか、今年は夏ではなくて秋のワンフェス。
時間はあるので、何とか見られる作品を作れるようガンバリます。

posted by 山田工作 at 19:49| Comment(0) | 日記

2019年06月05日

時の過ぎゆくままに…

自宅の車庫にあるツバメの巣。

2019tubame01.jpg

5月の末頃にはまだ小さな雛でしたが、
今朝見てみると、結構大きくなっていました。

2019tubame02.jpg

もう少しで巣立ちでしょうか。
自然に時は流れ、立派に成長しています。

ところで、4月末に撮影していた、
夏のワンフェス用の新作の写真がこちら。

2019a.jpg

あれから一ヶ月以上経って、
今日の時点での状態がこちら。

20190605.jpg

まるで進んでいないどころか、
むしろ進捗状況は後退しているような…

版権許諾が「版権元不明」の状態のまま変化が無く、
ワンフェスに出品できるのかどうかも不明な状況の中、
作業の捗らなさを少しでも打開すべく、
こうして日記にしてみました。

それでも、ゆるゆると手は動かしているので、
何とか版権が下りて欲しいなあと願う今日この頃なのです。

posted by 山田工作 at 22:05| Comment(0) | 日記

2017年08月14日

<役割語>小辞典

今回は漫画ではなく、「〈役割語〉小辞典」という本をご紹介。



「役割語」というのは、その言葉が使われることによって、
話す人の性別や出身地や職業などが分かるという、
特定の役割を持ってステレオタイプに使われる言葉のことです。

例えば自分のことを「オラ」と呼ぶ人は田舎者を表し、
語尾に「でっか」と言う人は関西人であるという風に、
日本語の表現の中には、特定の言葉を使うことによって、
その人となりの説明が省略することができたり、
キャラクター性が強化されるものがあります。

そういった言葉について、その言葉の役割や用法だけでなく、
歴史的にどうやって発生し展開してきたかを文学を基に解説し、
用例として文学だけでなく漫画の引用が多く使われています。
そのため、漫画好きとしては読んでいて楽しいだけでなく、
言葉の成り立ちや使い方について意外な発見がたくさんあり、
面白くてためになる、お得感のある一冊となっています。

例えば、一番最初に載っている言葉の「あかん」。
言葉としては「埒が明かぬ」を省略した「明かぬ」が、
更に変化して生まれた、という解説があり、
それだけでも「へえ〜」といった感じなのですが、
それが何故関西弁を代表する言葉となったのかが、
ドラマなどで使われたことを参考に説明されています。
そして用法の一例として提示されているのが、
動物のお医者さん」のミケ。

yakuwarigo01.jpg

この、ある言葉を代表する例として、
どんな漫画のどのキャラが登場するか、というのが、
この本の楽しみの一つとなっています。

例えば「ウチ」という一人称。
いろんなキャラクターが思い浮かぶでしょうが、
開いてみれば、多くの人が納得のあのキャラが載っています。

また、「おじゃる」。
これはもう、誰もが思い浮かべるあのキャラが。

そして「ぼく」。
これはとても多くのキャラクターが使う一人称ですが、
この本では「おれ」との対比をする上で、
ちょっとひねりの利いたキャラ選択をしています。
そして「おれ」の方はというと、語感をより強調するため、
とても意外なキャラが参考に使われていたりと、
言葉同士を比べても楽しい作りになっています。

また、語尾に使う言葉としては、
中国系キャラの定番となっている「ある」。
この言葉がいつ、どのようにして使われるようになったのかが、
宮沢賢治の童話や田川水泡の漫画などを例に解説しており、
なるほどなあと感心することしきり。

yakuwarigo02.jpg

個人的にヒットだったのが、
笑い声の「ほほほ・おほほ」の項。
使用参考例はもちろん「お蝶夫人」なのですが、
「ほほほ」が登場時の代名詞となっているキャラとして、
九能小太刀が挙げられていて、ファンとしてはとても嬉しい。

yakuwarigo03.jpg

初版発行が2014年と比較的最近なので、
例示されるキャラに「ONE PIECE」の狐火の錦えもんや、
ドラマ「あまちゃん」の天野アキがいたりするなど、
結構新しめのキャラが登場するので、
若い人でも読んで楽しめる本だと思います。

漫画好きなひと。
言葉のなりたちなどに興味があるひと。
ポピュラーカルチャーについて調べてみたいひと。
色んなひとにオススメの一冊です。

posted by 山田工作 at 19:19| Comment(0) | 日記

2017年03月29日

Vita 買い換え

PlayStation Vita を買い換えました。

IMG_6256.jpg

これまで使っていたVITAは「PCH-1100」という型のもので、
現在はもう生産されていない、いわゆる旧型です。
特徴としては、有機ELというキレイな画面と、
SIMスロットがあり、3G通信機能を持っています。

今では新型のものが発売されており、
新型は旧型より薄く、軽く、バッテリーの持ちも良いのですが、
画面が液晶となり、SIMスロットもありません。
なので今回、新型ではなく敢えて旧型を買い直しました。

以前から使用していたVITAは、少し前に床に落として以降、
画面のタッチ機能に不具合が発生していました。
具体的には、画面に触れていないのに勝手に反応するようになり、
これがゲームだけでなく、ネットをしたり動画を見たりする上で、
かなりストレスを感じる不具合だったのです。

例えばツイッターをしている際に勝手にリンクを踏んでしまい、
不意に別画面に飛んだり、ブラウザを開いたりする。
文字を入力している最中にキャンセルされてしまうこともあり、
画面タッチが過敏な時はスティックとボタンで文字入力をせざるを得ず、
これがまた時間がかかってメンドクサい。

ツイッターは気軽に見て書き込めるのがウリであるのに、
VITAの故障のせいで、見るにも書き込むにも支障がある、
苦痛を感じながら利用するような状況になっていました。

改善策を考えた際、まずVITAを修理に出そうと思ったのですが、
これだと修理期間中は自宅外でツイッターができない。
(立派なネット依存状態)
また購入から1年以上経っていて保証期間も過ぎていたため、
結構な金額(1万円以上)の修理代がかかることが分かりました。

それなら1万円くらいの格安スマホでも購入しようかと思い、
ネットでスマホやタブレットのことを色々と調べてみたのですが、
安いものは耐久性や入力のスムーズさに難がある感じが。
またバックドアなど、情報流出の危険も高そうで、
ある程度信頼性の高いスマホやタブとなると、
Vitaを買い直すのと大差ないか、むしろ高くなってしまう。

ならVitaを買い直すか、と思ったのですが、
3G通信のできるVITAは今はもう生産しておらず、
新品在庫の価格は総じて高め。
中古は自分の手持ちの状態を考えれば論外。
現行型のVitaはそれなりの値段なのですが、
SIMスロットが無く単体ではネットに繋げない。

またVita独自のツイッタークライアント「Live Tweet」は、
・複数画像の表示ができない(一番最初の画像だけ)
・動画の再生ができない
・引用リツイートが表示されない
・文字数制限が昔のままで、画像URLなどが文字数に含まれる
とイマイチな部分が多く、今後の更新も期待できない。

それでも、タッチ画面とスティックやボタンをフルに使った、
「Vitaでツイッター」は、何とも軽快な操作感があり、
何より「ゲーム機でネットができる」という楽しさがありました。

また旧型機の重く厚い金属ボディも所有満足感が高く、
何より単体でネットに繋げるところは大きな魅力。

Vita用のゲームはもちろんのこと、
PSストアからPSやPCエンジンなどの、
様々なゲームをダウンロードして遊べる。

自宅のソニー製BDレコーダーからの動画の転送も容易。

自分がメリットに感じることの多さから、
新たに旧型Vitaを買うことにしました。

新しく来たVitaは、当たり前ですが変な不具合もなく、
以前のような快適な利用ができています。
一度不便を知ると、当たり前がありがたく感じられていいですね。
この「ありがたい」という気持ちを大切にして、
今度は壊さないよう、大事に使おうと思っています。



posted by 山田工作 at 22:08| Comment(0) | 日記

2015年06月27日

雨のち雨の日

ワンフェスに向けて原型製作をしていますが、
6月の今頃は毎年のようにソレをネタに記事を書いています。

今年も例年どおりの進捗具合なのですが、
去年も一昨年も、それでも何とか間に合ったため、
悪い意味で余裕があり、あまり作業は進んでいません。

先ほども、表面処理をシコシコとやっていたのですが、
昼寝から目覚めたらいが遠吠えしているのが聞こえ、
コレ幸い 仕方が無いので作業を中断し、
PCの前に座って、らいを胡坐の上に乗せ、今に至る有様です。

ワンフェスの準備を進める。
猫たちの機嫌も取る。
「両方」やらなくっちゃあならないってのが辛いとこだな。
まあ自分が好きで選んだ道ではありますが。

丁度良いので、7月に発売されるコミックスの新刊をチェック。
今の時点で購入予定になりそうなのが、
ワンピ、緋山さん、篠崎さん、
ウチムス、ジゼル、愛気、
メグル、つまわた、ド嬢、拝。
さあ、皆さんはどれが何か、いくつ解ったかな?

って、多い・・・。

ワンフェスの準備もあるのに、まったく困ったものですなあ。
読みたい漫画がたくさん発売されるのに、困るというのもなんですが、
スプラトゥーンもやりたいし、ファイアーエムブレムも新作が出たし、
やりたいこといっぱいで、嬉しい悲鳴でありますなあ。

いやほんと、どうしようかなあ・・・
posted by 山田工作 at 19:45| Comment(0) | 日記
Powered by さくらのブログ