2013年11月28日

銀パーツのシンリャク

最近購読したコミックスをご紹介。


「愛蔵版 銀曜日のおとぎばなし」 2巻



先月の1巻に続いて今月は2巻が発売されました。

今巻の途中で第一部が終了し、そのまま第二部が開始。

スコット父子と小人族の未来のため、
文字通り飛び回っていたポーとリルフィーの姿は、
可愛らしくも切なく、しかし力強く、逞しくもありました。

第二部では主役がピーター少年に移ったことで、
ポーたちのポジションはマスコット的なものとなり、
その可愛らしさを十二分に発揮しております。

ポーとリルフィ

小さな体にはあまりに大き過ぎた試練を乗り越えて、
今は幸せを体いっぱいに表現しているポーの姿を見ていると、
こちらも幸せな気分になれて、とても良いですね。

この作品は、ポーたち小人や動物などの可愛らしさと、
シリアスでやや暗めのストーリーの対比というか、
それがもたらすコントラストが強く、
大人が読んでものめり込める作品となっています。

肝心のストーリーについては、
20数年ぶりに読むため色々と忘れていることが多く、
その分新鮮な気持ちで読むことができています。

1巻に続き、2巻も引きがドラマチックで、
3巻が出るのが今からとても楽しみです。


「シンリャクモノデ」 1巻



「あかねこの悪魔」の連載終了後、
竹本泉先生がコミックビームにて連載している作品の初コミックス。

「よみきりもの」と同じく一話完結の作品による短編集ながら、
お話に「侵略モノ」しばりという制限を設けていたり、
各話の終わりに次号予告漫画が付くといった、新しい試みがなされています。

まあ、そうは言っても、
いつも通りの竹本節な内容なワケですが。

長編作品に比べて、登場人物の掘り下げが難しい短編ですが、
一話ごとに登場人物が変わるため、コミックスになってみると、
お話やキャラクターのバリエーションが多くなり、
賑やかで楽しい本になるというメリットがあります。

魅力的なキャラが満載の一冊となっていますが、
今巻イチバン良いなと思ったのが、
女子高生の真弓有希子ちゃん。

有希子

ボーイッシュな髪型に、りりしい眉毛とメガネが特徴的。
普段、ベリショの女の子はあまり好みではないのですが、
彼女は、下級生の女の子に慕われる男前なところと、
小さな生き物を愛でる可愛らしさの両方が、
上手く一緒に納められている、魅力的なコでした。

ちなみに、コミックスカバー裏表紙も彼女のイラストとなっています。

更に超余談ですが、有希子ちゃんの名前は、
普通にIMEで変換できました。

漢字の名前の竹本キャラで、これは大変めずらしいことなのです。


「パーツのぱ」 9巻



週間連載作品ではあるものの、
一話あたり2〜4ページというフォーマットのこの作品。

それぞれのお話は緩やかに繋がっているものの、
話の中心がパーツショップの日常であるため、
どこから読んでもそれなりに楽しめる気軽さがあります。

長編作品とも、短編集とも違う魅力です。

それでも、全体に流れるストーリーもあるわけで、
それが最近の流れを見ていると、
終わりに向かって進んでいるように感じられるのが気になるところ。

10巻を区切りにするつもりなんでしょうか・・・

まあ、そんなことは気にしてもしょうがないので、
せっかく出た新刊ですし、心から楽しむのが吉でしょう。

幸いにも今巻では、天戸勇さんの色んな姿を楽しむことができます。

ドレスアップした天戸さん

ドレスアップした天戸さんや、

天戸さんの寝姿

天戸さんの寝姿も拝見できたり。

ただ、喜んでいたのも束の間、
1巻からずっと続いていた、
巻末のオマケ漫画が終了してしまいました。

これはやっぱり、10巻で終了の前フリなんですかねえ・・・
posted by 山田工作 at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス2013
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/81612748

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ