2011年10月30日

10月末のこと

10月の終わりを締めくくるコミックスを2冊。

「ミル」3巻

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

見た目は女子高生、心はおばあちゃんな化け猫と、
大学生男子との暮らしを描いたこの作品も3巻め。
初期のドタバタした感じは薄れ、
ヒトと化け猫が一緒に暮らしていくことの難しさに焦点が当てられる。

常に別れを予感させる作品であり、
話が進むほどに、緊張感は増し、重苦しい雰囲気となっていく。
一緒にいる時間が長くなればなるほど、
お互いの存在が大事になればなるほど、
その関係が壊れることを恐れ、
それ故に壊れやすくなってしまうという悲しさ。

「時間」というものが人間関係に与える影響を、
常に意識してしまいます。
そして、「気遣い」というものの難しさも。

ミルとアキの、化け猫とその飼い主の関係に注目しがちですが、
人が生きていく上での人間関係についての洞察が多くあり、
色々と考えさせられるお話です。


「ヌードファイター柚希」4巻

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

「ミル」のシリアスさから一転して、
タイトルからして頭の悪さが炸裂しているこの作品。

「脱げば脱ぐほど強くなる」女子高生たちが、
肌もあらわに様々な技を繰り出し戦うその描写は、
一般作品として扱っていいの?
と思わずにはいられないほどの露出っぷり。

でも正直、エロ方面の訴求力はほとんど無く、
むしろギャグ漫画として、
あまりに馬鹿馬鹿しい技の応酬を楽しむのがこの作品の本道でしょう。

そして、巻を重ねる毎に増えていく仲間たち。
それまで敵として戦っていた相手が、
闘いの後には仲間として加わり、
巻が進むごとに倍々ゲームばりに味方キャラが増えていく。

この設定、何かに似ていますよね。
荒唐無稽な技の応酬による戦い、
どんどん増える味方キャラ・・・

そう、つまりこの作品は、
女版「魁!!男塾」だったのです!

枢斬暗屯子

間違えた。

まあ、女キャラが出てこない男塾の対極にある、
女しか出てこないこの作品。

今後、どこまでキャラが増えていくか、見ものです。
posted by 山田工作 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス2011
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/77058695

この記事へのトラックバック