2012年03月30日

マリー&レジー

プレイステーションの
「トバルNo1」及び「トバル2」に登場するキャラクターに、
デカくて強くてオカンな女子プロレスラーがいます。

それがこの、マリー・イボンスカヤです。

マリー・イボンスカヤ

ロシア系フランス人の32歳。189cm140kg。 

デカいです。
身長だけでなく、色々なトコロがデカい。

色々デカい

そして、強いです。
「トバルNo1」のプロフィールによると、
「地球では男女混合のスーパープロレスで男を押しのけ
世界チャンピオンの座に就いている」
とあります。
この設定から、相当な強さが伺えます。

さらに、彼女には子供がいます。オカンなのです。
お母ちゃんは、この子供のために戦います。
シングルマザーなので、彼女のファイトマネーが家族の生命線なのです。
戦いに望む上での覚悟が違います。

彼女の強さは正に、母親としての強さなのです。

恵まれた体格に、母性という強さが加わった結果として、
オカンパワーが炸裂しています。

そのあふれる出るパワーの象徴として、この豊かな体があるのです。
それは、ただの力の強さではなく、精神的な逞しさも持った、
包み込むような、全てを受け止めるような強さです。

以前、黒髪ロングストレート+グラマーな女性は、
日本の女性の包容力や逞しさの象徴だと書いたことがあります。
それに対して、体の大きさやふくよかさは、
全ての母親が持つ強さや逞しさを象徴しているように思います。

また、彼女は女子プロレスラーでもあります。
プロレスラーは、ただ強いだけでなく、
ショーとして観客を楽しませることが求められます。
そして、大きくて強いレスラーは、
非現実を象徴するヒーローとして、人々の憧れの的となります。

マリーは、その強さや大きさによって、
素晴らしいプロレスラーとして認められるだけでなく、
女性的に豊かな体つきによって、
女性として、母親としての魅力も発揮しています。

これぞまさに闘うヒロイン、スーパーヒロインなのです。

最近の漫画やゲームの世界では、
デカくて豊満な女性はあまり見受けられず、
たまにいたとしても、
やられ役やネタキャラ的な扱いを受けていることが多くあります。

現状を打破する、強力なオカンキャラが登場することを望んで止みません。


まあ、別にオカンでなくても良いんですが。

森下小麻ちゃんとキャプテン


余談ですが、自分は以前女子プロレスのファンで、
特にレジー・ベネット選手が好きでした。

Reggie Bennett

あまりに好き過ぎて、全日本女子プロレスの興業を見に行き、
会場で出待ちをして、
レジーからサインを貰ってツーショット写真を撮ってもらった程でした。

今でもそのサインと写真は大事にとってありますが、
その後レジーはレスラーを辞め、
全女も無くなるなど、女子プロレスの現状は惨憺たるものです。
時間の流れの無常を感じずにはおれません。

それに比べるとマリーは、
プレステを立ち上げれば変わらぬ姿でそこに現れます。

レジーのことは、今でも決して色褪せぬ良い思いでですが、
ゲームや漫画は楽しい思い出だけでなく、
手元にあれば何時だって楽しむことができます。

ああ、やはり二次元は良いモノですネ。



とは言いつつも、マリーの設定年齢は、
ゲーム発売当時こそ「オカン」と言えるものでしたが、
いつの間にやら、自分のほうがだいぶ年上になってしまいました。


やはり二次元も、ある意味、
夢まぼろしのような存在なのかもしれません・・・
posted by 山田工作 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性キャラ考察
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/76920163

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ