2020年02月25日

哲学さんがグイグイ寄せてくる

最近購読したコミックスをまとめてご紹介。

「放課後の哲学さん」



ツイッターで流れてきたツイートで興味を持ち、
購読してみたら面白かった作品です。

人から賞賛されることが好き過ぎて、
普段から「お高い」キャラを演じている少女が、
日常会話のほとんどを「やべえ」で済ませる、
見た目チンピラなのに自分探しに夢中な少年と出会い、
お互いが求めるモノを補い合う奇妙な関係が生まれるという、
言うなれば「人間関係コメディ」なこの作品。

tetugakusan_01.jpg

「哲学さん」とタイトルにはあるのですが、
哲学について詳しく掘り下げていくワケではなく、
何となく聞いたことがある哲学の「さわり」の部分をきっかけに、
少年が何かトンチンカンな問題行動を起こし、
少女がそれを、内心では悪戦苦闘しながらも、
表面的には涼やかに、鮮やかに解決してみせる、
というのが基本的なフォーマットです。

tetugakusan_03.jpg

少女の「お高い」キャラを守るためのスマートな姿勢と、
問題解決のため必死になっている内心のギャップが、
この作品の面白さのキモとなっているのですが、
見た目や言動からチンピラ扱いされる少年の存在も含め、
「自分」というものが如何に「他人」によって定義されるかが、
とても良く分かる作品でもあります。

tetugakusan_02.jpg

人は「見た目」で、多くの判断をする。
故に「自分」とは、人からどう見られるかで決まる。
でも、それだけじゃない事も、他人と付き合うことで分かる。
そんな事を考えさせられる作品でした。

tetugakusan_04.jpg

ラブ要素がほとんど無かったり、1巻完結だったりと、
最初に想像していたのとは随分違っていましたが、
タイトルの印象とは真逆で、とても敷居が低く読みやすい、
気軽に楽しめるコメディ漫画としてオススメです。

こちらで試し読みができるので興味を持たれた方は是非。


「事情を知らない転校生がグイグイくる。」 5巻



小学校におけるイジメを扱っていながら、
絵柄の可愛らしさとキャラの湿度の少なさ、
そして何よりラブコメ要素によって、
イジメ自体をギャグにしてしまっているこの作品。

guigui05_mojimoji.jpg

今巻でも少年はグイグイ来ており、
少女は赤面しっぱなしでとてもカワイイのですが、
しかし小学5年生ともなれば色々な事を意識するお年頃。
いつまでも仲の良い、ただの友達ではいられない。

guigui05_nanika.jpg

作品の中の時間はゆっくりと、でも確実に流れ、
少年と少女の関係にも少しずつ変化が生じることでしょう。
その様子をじっくりと楽しんでいきたいと思います。


「それでも歩は寄せてくる」3巻



こちらもラブコメ漫画。
しかも小学生ではなく高校生。
さらに言えば掲載誌が少年マガジン。
そりゃあもう色々と期待してしまうワケですが。

sorefu03_H.jpg

しかし、何もなく。

部員がたったの二人きりの将棋部で、
男女が二人きりで、部室で将棋を指しつ指されつ。
そりゃあ絶対何か起きるだろうと読者は期待するのですが、
何もなく。

部員の田中歩は先輩である部長への好意を隠し切れず、
部長の八乙女うるしも田中の気持ちに薄々気付いている。
それでも、何もなく。

sorefu03_date.jpg

文化祭という特別な雰囲気のあるイベントを、
二人で回る「デート」をしても、やはり何もない。

でも、この二人のこの距離感がとても良い。
そして当の二人も、この距離感を好んでいるフシがある。
うるしへの好意がはっきりしている田中はともかく、
それを感じつつ自分の気持ちがはっきりしないうるしは特に。

sorefu03_kokuhaku.jpg

ただ、実際に告白されたとして、
何か変わるのか?という気もしなくもなく。

田中がストレートな好意をぶつけて、
うるしが盛大に照れる。
それがずっと続く。
それで良いのだとも思います。

いつまでも二人のやりとりを見ていたい。
そんな作品です。


posted by 山田工作 at 19:33| Comment(0) | コミックス2020
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Powered by さくらのブログ