2019年10月26日

さよなら私のクラマー 10巻

「さよなら私のクラマー」10巻を購読しました。



前巻から始まったJKFBインターリーグの決勝戦ですが、
「女王」興蓮館高校にいいようにやられ、
前半にして早くも崩壊寸前となってしまったワラビーズ。
そんな窮地を、ファールを犯してまで救ったのが曽志崎。

cramer10_sossy01.jpg

中学で全国3位になったチームを率いていたのは伊達ではなく、
豊富な実戦経験を活かしチームの動揺を抑えます。

しかし、敵もインターハイ優勝校。
曽志崎を要の選手と見抜くやいなや強烈に仕掛け、
結果、曽志崎は累積ファールで退場させられてしまいます。

cramer10_sossy02.jpg

前半、瞬く間に3点を失い、
更に現場指揮官を退場で欠き数的にも不利。
絶体絶命ですが、この状況がワラビーズに火を着けます。

cramer10_onda01.jpg

まず気を吐いたのが恩田。
曽志崎が退場「させられた」ことに怒り心頭、
ゴリラと化し、スーパープレーで1点をもぎ取ります。
(この辺、やや誇張あり)

そしてもう一人、静かに怒りを燃やしていたのが、
普段の選手への態度や言葉遣いは悪いものの、
サッカーとサッカー選手を愛してやまない深津監督。

サッカーが好きで、努力することを厭わず、
とても楽しそうにプレーしていた曽志崎が、
退場によりしょげかえっている様子を見て、
敵チームの監督である自分の後輩への対抗心が湧いてきます。

cramer10_fukatu01.jpg

「この試合 獲るぞ」と、初めて明言した深津監督。
かつて興蓮館監督の高萩数央がワラビーズの選手たちに対して、
「このコ達の情熱が 先輩を癒してくれるかもしれない」
という想いを抱いたのが、図らずも現実のものになりました。

さらに後半では、曽志崎の盟友とも言うべき周防が、
深津監督から焚き付けられたこともあり、
曽志崎の無念を晴らすべく一気に爆発。

cramer10_suou01.jpg

傑出したスピードと、中学時代に散々曽志崎とやり合い、
その中で磨かれたボールキープ力を存分に発揮して、
恩田に次ぐ2点目を奪いました。

cramer10_suou02.jpg

周防は中学時代にチームメイトに恵まれず、
同じ地区に曽志崎のいる学校があったこともあり、
不遇な時を過ごしていた事が、第1話で描かれています。
それが、曽志崎と一緒の高校に進学したことで、
チームメイトに恵まれ、活躍の場を得ることができました。

cramer10_sossy04.jpg

ここに来ての1巻冒頭から繋がるエピソードは、
長期連載を追っかけてる読者にとっては嬉しい展開ですし、
曽志崎の退場により恩田や周防だけでなく深津監督も覚醒し、
チームにより一体感が生まれたのはスポーツ漫画の王道とも言え、
いやが上にも読んでいて気持ちが盛り上がります。

cramer10_warabi01.jpg

とはいえ、相手は高校日本一。
そうは簡単には試合は終わりません。
怒濤の攻撃を受け、ワラビーズのピンチは続きます。

ですが、今巻では深津監督がやる気になったばかりか、
「ウチのストロングポイント それは個だ」
と言い切ったように、恩田と周防が躍動しました。
曽志崎は残念ながら退場となってしましましたが、
その退場によりチームは一丸となり成長しています。

そういう意味では、試合に負けているのはともかくとして、
恩田、曽志崎、周防といった主人公たちと、
チームを率いる深津監督にとっての転機を示す、
そんな巻となったのではないかと感じています。

ただまあ、不満点としてはいつもの事ですが、
チカ先輩浦和邦成について全く触れられていませんでした。
今巻では、1巻で登場した他校の監督がチラッと出ていますが、
浦和邦成に関してはカゲもカタチもありません。

一体いつになったら再登場するの?
ひょっとしてはこれは高度な焦らし作戦なの?
あまりに長く待たされるとこちらの我慢にも限界がね?

cramer10_sossy03.jpg

まあ今巻では、退場してしょげる曽志崎の、
可愛らしい姿が見られたのでヨシとしますが、
本当にそろそろチカ先輩の姿が観たい今日この頃なのです。

posted by 山田工作 at 17:56| Comment(0) | コミックス2019
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Powered by さくらのブログ