2018年11月17日

ドキがムネムネ

最近購読したコミックスをまとめてご紹介。

みんな猫に恋してる 1巻



銀子の窓口」の唐草ミチル先生が、
まんがタウン誌にて連載しているこの作品。

猫を使った宣伝で業績を上げた食品会社を舞台に、
宣伝担当の猫であり課長でもある「島田」と、
その猫が気になりつつもツレなくされるOL鹿目さんの、
すれ違いと触れ合いを描いたコメディー4コマ漫画です。

minneko01_shimada.jpg

「猫が課長」である事が原因で起こる様々な出来事。
それがこの作品のネタの中心となっているのですが、
実際は鹿目さんのキャラや行動の面白さ可愛さが、
この作品の魅力の源泉であると言えるでしょう。

minneko01_shikame03.jpg

猫のことが気になりつつも猫に好かれず、
猫を意識した行動がことごとく空回りする、
34歳独身、実家住みで家事全般苦手な鹿目さん。
これだけを見れば、あまりパッとしない女性でしかない。

ですが「銀子の窓口」でもそうなのですが、
妙齢の女性が一生懸命に空回りする姿が、
とても可愛く、とても愛しく思えるほど、
非常に魅力的に描かれているのです。

minneko01_shikame01.jpg

「銀子の窓口」の「えれたん」こと見城エレナさんもですが、
ミチル先生の描くこういう女性キャラは本当に良いですね。
自分が「こうなりたい」と思うことに関して、
一生懸命努力する女性が巻き起こすドタバタ劇は、
時に面白く、時に涙を誘い、やがて応援したくなるもの。

えれたんは結婚に向けて様々な努力をするシングルレディですが、
鹿目さんは今のところ結婚に向けた活動はしておらず、
しかも家事が苦手で、弁当すら母親頼りのパラサイトシングル。
そのハンデを解消するためか、立派な胸と尻が装備されています。

minneko01_shikame02.jpg

「銀子」が様々なタイプの女性を取り揃えているのに対し、
こちらはクセの強めな女性キャラ一人を中心に据え、
猫漫画としてもラブコメ漫画としても楽しめるようになっています。

今巻の最後では衝撃的な展開もあり。
今後がますます楽しみなところです。


雑な学舎 2巻



映画、洋楽、アニメやゲームなどについて、
作者の塩野干支郎次先生の雑学が満載のこの作品。

実は1巻も発売日に購読していたのですが、
その時は何となく気が向かず、ブログに上げませんでした。
しかしその後、折に触れては読み返すほどのお気に入りとなり、
この2巻が出るのをとても楽しみにしていました。

ただ、掲載誌が休刊してしまったので、
実質これが最終巻になりそうなのですが・・・。

基本フォーマットは4コマ形式で、
ネタも1話完結の内容となっているので、
手軽にどこからでも読めて楽しめるのが魅力です。

雑学のネタとしては、1巻は洋楽と映画ネタが、
2巻ではそれに加えてゲームネタが多め。
どれも知っていればニヤリと楽しめ、
知らなければ知る歓びが得られることでしょう。

zatunama02_BA.jpg

また歓びという点では、この作品はお色気要素が多め。
雑学はからっきしだけどスタイルは抜群で、
事ある毎に水着を着せられたりパンチラを披露させたりする、
お色気担当キャラがいることからもそれは明らかです。

zatunama02_red.jpg

胸が大きな女性が好きな人はおおよろこび。
またそれだけでなく、様々なタイプの女性キャラや、
やたらと女装させられる男子キャラが登場するなど、
ニッチな層への気配りもバッチリです。

zatunama02_momo.jpg

多方面のニーズを満たしてくれる上に、既刊が2巻というお手軽さ。
現在連載している模型漫画の「プニプニとサラサラ」や、
以前紹介した「ブルームドインアクション」と並んで、
塩野先生入門用作品としてオススメしたいところです。


早乙女選手、ひたかくす 7巻



サトルと八重さんの仲が深まったり、
サトルの過去が少し明らかになったり、
サトルを中心に人間関係が更に広がったりと、
何となくサトル祭りといった感じのあった今巻ですが、
一番の衝撃は何といっても若乃真帆さんの再登場シーン。

saotome07_wakano.jpg

豊かな胸を惜しげもなく押し当てる真帆さん。
女性同士の他愛もないスキンシップと言えますが、
真帆さんの器の大きさが精神的にも身体的にも感じられます。

豊かに満ると書いて「豊満」。
人の心を満たすのは豊かさ、ということで、
今回は特定の部位の「豊かさ」を意識した記事を書いてみました。
皆さんの心も満たされたなら幸いです。

あくまで、ちゃんと意図した上でのことです。
自然とそうなってしまったのではないのです。

posted by 山田工作 at 23:13| Comment(0) | コミックス2018
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Powered by さくらのブログ