2018年10月30日

アイドルマスター シンデレラガールズ シンデレラガールズ劇場 9巻

「アイドルマスター シンデレラガールズ シンデレラガールズ劇場」9巻を購読しました。



このブログでは今まで一度も触れたことのない、
アイドルマスター」(アイマス)の漫画です。

長い歴史を持つアイマスシリーズですが、
それをどれだけ知っているかというと、正直さっぱりです。
いくつものシリーズがあるのは何となく知っていましたが、
アイドルマスターシンデレラガールズ」と、
アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージ」が、
それぞれ違うゲームを示しているということ自体、
つい最近になってやっと分かったくらいです。

そんな自分がなぜアイマスの漫画を読んでいるかというと、
原因は2年ほど前にツイッターで見た一枚の画像にあります。

helen_wim.jpg

見た瞬間、ビビッときました。
調べてみると、これはアイマスのキャラクターカードで、
彼女は「アイドルマスターシンデレラガールズ」に登場する、
ヘレン」というキャラなのだと分かりました。

その後、ヘレンについての情報集めをしていると、
自然と他のキャラについても知るようになり、
「アイマス」自体にも興味が出てきました。
しかしネットツールがPCしかなかった自分には、
ソシャゲである「デレマス」は遊べないと思い、
ゲームには手を出していませんでした。

その後、今年の夏にAndroidタブレットを購入し、
ソシャゲを遊ぶ環境が手に入りました。
ならばやってみるかと手を出したのが「デレステ」。
テレビでCMをしていたので何の疑問も持たなかったのですが、
この時点では「デレマス」と「デレステ」の区別がついていません。

で、いざ始めてみるとこれが面白い。
こうなってくると更に情報が欲しくなり、
ネットで情報を集めていたのですが、
その過程で気になったのが「シンデレラガールズ劇場」。

「デレマス」のゲーム内で見られる漫画で、
登場するキャラの様々な面が見られるのですが、
何故か自分のやっているゲーム内では見られない。
ここでやっと「デレステ」と「デレマス」の違いに気が付きました。

まあ「デレステ」自体は面白く遊べているし、
「劇場」はネットで読めるから良いかと思っていたのですが、
これが紙のコミックスとなって出ているという。
しかも、それぞれの話についての解説付きとの事。

「デレステ」は登場キャラがとても多いゲームで、
それぞれの名前や外見や特徴などを覚えるのは結構大変です。
それが、漫画を楽しみながら覚えることができる。

好きな作品の情報を集めるのが好きなのと、
紙のコミックスが好きなのが合わさって、
気が付けば全巻購入していました。

基本1ページ1エピソードの構成で、
それぞれに解説文が付いていることから、
パッとどこを開いても楽しめる作りとなっています。
しかも解説文には関連エピソードも示してあり、
それが第何話かも分かるので、複数巻に渡っての検索も楽々。
むしろ全巻手元にないと不全感が高まるやり方で、
商品展開の上手さが感じられます。

自分の好きなキャラを追っかけるのも良し、
広く網羅的にキャラの理解を深めていくも良し、
人により色々な楽しみ方ができるコミックスです。

自分としては、こういう情報集めをしながら作品を楽しむのは、
FSS」以来のことで、とても久しぶりの感覚で楽しんでいます。

今まで全く触れてこなかった「アイマス」と「ソシャゲ」。
それに触れたことで、ゲームと漫画、両方での楽しみが増えました。

何か新しいことを始めるということは、
新しい楽しみと出会うチャンスなのだという当たり前のことに、
改めて気が付かされている今日この頃なのです。

posted by 山田工作 at 22:18| Comment(0) | コミックス2018
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Powered by さくらのブログ