2018年09月14日

秋のチャンピオン祭り

今回はチャンピオンコミックスの新刊を3冊ご紹介。

「六道の悪女たち」11巻



前巻の感想では「乱奈不足」を嘆いていましたが、
かわりに今巻ではほぼ出ずっぱりで大活躍。

rokudou11_t1000.jpg

んん?
何だか有名な映画で聞いたことのあるような台詞・・・

rokudou11_t2.jpg

まあ乱奈さんならターミネーターにも勝てるかも。
そんな風に思えるほどの大立ち回りがあるかと思えば、
とても可愛らしい乱奈さんももちろんあり。

更に今巻では、前々巻から話題に出ていた、
温泉旅行にみんなで出かけるエピソードがあり。
そして温泉というからには、もちろん入浴シーンが。

rokudou11_otokoburo.jpg

・・・まず男湯から描いているあたり、
こういう場面でのお約束にちゃんと則っていますね。

六道の周りに集ったほぼ全てのキャラの裸体が拝める、
ある意味大変貴重なシーンでもあります。

rokudou11_onnaburo.jpg

そして待望の女湯。
ここは何も申し上げますまい。
乱奈さんの、神々しいまでの入浴姿。
是非、実際にコミックスで確認して頂きたい。

六道と乱奈さんがイチャコラするシーンもあって、
ラブコメ好き、乱奈さん好きな自分としては、
とても満足度の高い巻となりました。

rokudou11_suki.jpg

ただ、ひとつ残念だったのが、
闇金編の真のボスとも言える「サクラローン」の金主、
桜沙知子さんと六道が出会うシーンが無かったことです。

rokudou11_sakura.jpg

闇金編のヒロインである山吹ミナミを手玉に取った、
「闇金ハンター」の仁(じん)を暴力と脅しで屈服させ、
意のままに操り、大金を貢がせていた沙知子。

悪女としては乱奈を越えるほどの器かもしれず、
見た目はすこぶる美人で、しかも子持ち。

そんな彼女が、悪女ならば必ず惚れる六道と出会ったなら、
いったいどんな展開になっていただろうと思うと、
それが見られなかったのがちょっと残念です。


「魔入りました! 入間くん」7巻



入間が身につけている、魔力を蓄えることのできる指輪。
前巻から喋ったり人型の姿を現すことができるようになり、
ちょいちょいトラブルの種になっていたのですが、
今巻では明らかにこの指輪が騒動の原因になりました。

指輪が放った魔法を受け、入間くんが豹変。
悪墜ちというか、悪魔返りというか、黒王子というか、
普段の入間くんを白とするなら、黒入間が誕生しました。

honoten_bluck.jpg

主人公のパチもんの黒キャラといえば炎転の彼。
しかし今回の入間くんは別人というわけではなく、
本人のまま、性格だけがブラックに変化。

iruma07_sirokuro.jpg

ただ、この黒入間。
表情や言動などは確かにワルぶってはいるものの、
本質的にはいつもの入間くんと変わっておらず、
自分勝手に振る舞っているように見えて、
あくまでクラスメートたちのために行動しています。

劣悪な環境にある問題児(アブノーマル)クラスの現状を憂い、
より良い環境=教室を手に入れるため教師と交渉しつつ、
クラスメートの欲求を刺激することでモチベーションを高め、
彼らが持ち前の能力を発揮できるよう舞台を整える。

決して悪辣卑怯な方法を取らず、
クラスメートの持つ特殊能力を最大限に活かせるよう、
綿密な計画を立て、正面切って課題に挑む。

iruma07_kuroiruma.jpg

その姿は、表情や振る舞いこそいつもとは違うものの、
自分の周りの人たちを信じ、その人のたちために行動する、
いつもの入間くんと変わりありません。

この、決して変わらない芯の部分の優しさこそ、
魔界における入間の強さの源泉なのでしょう。

自身の欲求に忠実であることが基本原則の悪魔の中にあって、
他人のためにだけ行動する入間の姿勢は、
悪魔に対して独自の魅力を放つだけでなく、
異能異端として独自の強さを持っているのでしょう。

そのことを今回の黒入間は、
いつもの優しくふわふわした入間くんと比べて、
まず外見的に特徴付けをして見せてくれたのだと感じました。

ふわっと柔らかな優しさだけでなく、
挑発し、挑戦させ、行動化を促し、成功体験を与える、
そんな厳しい優しさもあるのだということを、
今巻の入間くんは示してくれたように思います。


「ロロッロ!」2巻



みつどもえ」の桜井のりお先生によるギャグ漫画で、
週刊少年チャンピオンにおいて連載中のこの作品。

1巻発売当時は「みつどもえ」の終了がショックで、
作品自体は知っていたもののスルーしてしまいました。
しかしその後、雑誌の方で作品を読むにつけ面白くなり、
遅まきながら1巻を購読し、じっくりと堪能。
そして今回の2巻はちゃんと予約して購入しました。

基本的には「みつどもえ」と一緒のドタバタギャグ漫画で、
舞台が小学校から中学に上がっているためお色気要素が高め。
しかし、あまりにあっけらかんと脱ぐ女子が多いため、
羞恥を伴うエロチックさという点ではパワーダウン。

反面「人間と見分けがつかない程の高性能なアンドロイド」
が登場することで、作品世界の荒唐無稽さはパワーアップ。
ギャグのシュールさやバリエーションは明らかに増しています。

中でも、主人公ロボ以上にシュールさを増しているのが、
銃をバンバン撃つポリスの存在。

rororro02_police.jpg

彼女により「バカボン」的な狂気が作品に加えられています。

人間そっくりのロボットがいるという非現実的要素よりも、
何かというと銃を撃ちまくるというだけでなく、
警官が自動小銃を持っていたり、交番内で拷問していたりと、
現実に則した場合のありえなさの方が目立っているという、
何と言うか、無性に不安を掻き立てられる部分があるのです。

rororro02_papa.jpg

「みつどもえ」のお父さんを更に煮詰めてできたような、
ヤバさの化身のような博士=お父さんの存在もかなり危険。

ほんわかな絵柄の中に潜む凶悪さは、この作品でも健在でした。

posted by 山田工作 at 22:52| Comment(0) | コミックス2018
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Powered by さくらのブログ