2018年08月18日

夏の漫画祭り2018

最近購読した漫画の単行本をまとめてご紹介。



ぶんぶくたぬきのティーパーティ 5巻

人に化け、現代社会に融け込む、人ならざる者たち。
彼らは何食わぬ顔で人に紛れて生活し、
その子らを人間と同じ学校に通わせていた。

一つの中学校に集った狸、狐、猫、蝙蝠の娘たちは、
種族の違いを越え連帯し、幸せな学生生活を送っていた。
しかし、そこには終焉の時が迫っていた…。

bunbuku05_sotugyo.jpg

こう書くとシリアスっぽい設定とは裏腹の可愛い絵柄と、
常識を軽く蹴飛ばすシュールなギャグが特徴のこの作品。
今巻にて主人公たちは中学を卒業となり、最終回を迎えました。

そしてみんな揃って同じ高校へと進学し、
タイトルも新たに、秋から始まる新作に続きます。
JCからJKになることでネタの幅は広がるでしょうから、
今後も楽しみなのは間違いないのですが、
唯一残念なのは、中学での担任だった水地先生の退場。

bunbuku05_mizuchi.jpg

ダメな大人の投げやりな意見が何とも心地良いキャラでした。
高校の先生も見所のあるキャラであることを期待しています。

尚、まんだらけ通販でコミックスを購入すると、
おまけ小冊子が必ずもらえます。
メール便なら送料無料なので、気になる方はこちらがお得です。




おしえて! ギャル子ちゃん 5巻

様々なタイプのキャラが登場するこの作品ですが、
最近お気に入りなのがツン乃の姉、「リーダー」ちゃん。
2巻収録のフットサルで肉子と戦っていたチームの主将です。

gyalko05_reader.jpg

小さい身体に、キツめの顔立ちと強気な性格。
ちょっと見た目が良いだけのポンコツさんかと思いきや、
努力家の面もあり、敵認定した人に対する敬意もある。
実は結構性格の良い娘さんなのでありました。
まあ、この作品は基本「良い人」しかいませんが。

どうも最近、小さいキャラに目が行くようになってます。
確実に「さよなら私のクラマー」のチカ先輩の影響です。
以前からそうだっただろ、という指摘もありそうですが)
しかしまあ、チカ先輩以上に出番の少なそうなリーダーちゃん。
今後、ほんの少しの出番でもいいので、
継続して登場することを期待しています。




じけんじゃけん! 4巻

そういえば、この作品の四ツ名ひまわりちゃんもサッカー部。
もちろん彼女も好きなキャラです。
そして彼女は主要キャラなので、自然と活躍してくれています。
更に、前巻に続き今巻でも巻末に「広島女子」があり。
これがまあ、本編に輪をかけて可愛いのです。

jikenjaken04_himawari.jpg

本編でもオマケでも、可愛い広島弁女子が満喫できる、
とても満足度の高いコミックスとなっています。




山と食欲と私 8巻

自然や生き物が好きでも超インドア派な自分にとって、
この作品はある意味、現実離れしている漫画です。
そして今巻では遂に冬山登山に挑戦。
いよいよ手の届かない所まで行ってしまいました。

yamasyoku08_muri.jpg

そんな作品にあって、登山が趣味ではない鯉子さんと並び、
親近感を覚えずにいられないのが、
なんちゃってキャンパーの鷹桑秀平氏。

yamasyoku08_takakuwa.jpg

見てくればかりを気にし、ほぼ思いつきで行動して、
準備と知識と経験の全てが足りずに失敗ばかりしている彼は、
普段インドアな人間が中途半端に行動するとこうなるぞ、
という反面教師ぶりを見事に示してくれています。

登山にしろキャンプにしろ、インドア派にはハードル高し。
こうして漫画で面白おかしく楽しんでいるだけで十分なのです。




波よ聞いてくれ 5巻

今巻の帯に書かれていたコメントが、
「作者得意の監禁展開突入」。
一気に不穏な展開になってきましたが、
そんな中で唐突に巨乳キャラが登場。

namiyo05_hokakushi.jpg

作中でも意図的に巨乳をアピールしてきますが、
自分の中での沙村作品における巨乳キャラは、
無限の住人」のたんぽぽで充足しているので、
こんなキャラには全然釣られないクマー

mugen26_T&M.jpg

たんぽぽと目黒。
このカットはコミックス26巻の巻末に収録されている、
描き下ろしのおまけ漫画の1コマです。

この巻に限らず、「無限の住人」のコミックスは、
巻末やカバー折り返しのオマケがとても充実しているのですが、
残念なことに近年発売された「新装版」では、
こういったオマケは全く収録されていません。

オマケとはいえ、描き下ろしの漫画はもとより、
設定資料として見て楽しめるものが多くあったので、
これが収録されていないのはどうかと思います。

なので、これから「無限の住人」を購入するのであれば、
紙であれ電書であれ、旧コミックスの方がオススメです。
格好良い表紙も多いですしね。

 

まあ、お気に入りキャラのたんぽぽと目黒は、
新旧どちらでも表紙を飾れませんでしたが…

posted by 山田工作 at 23:37| Comment(0) | コミックス2018
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Powered by さくらのブログ