2018年06月26日

さよなら私のクラマー 6巻 その2

さよなら私のクラマー6巻の感想の続きです。

高校総体の県大会において浦和邦成に破れた蕨青南。
その後、実戦経験の少なさを補うためエントリーした、
関東の有力校が揃うJKFBインターリーグにおいて、
見事予選を突破し、決勝トーナメントに進出。

cramer06_tasemiya00.jpg

決勝トーナメントに参加するのは4チーム。
準決勝で対戦することになった千葉の栄泉船橋は、
かつて蕨青南が練習試合で大敗した久乃木学園を、
高校総体関東大会で破ったチームでした。

cramer06_akane01.jpg

チームを率いるは、今巻の表紙を飾っていた浦川茜。
5巻ではほんの数コマの登場で名前も出ていなかったため、
「誰?」と感じた人は結構いたのではないでしょうか。
しかし、今巻では間違いなく主役の一人でした。

cramer06_akane00.jpg

小さい頃から独自のサッカー観を持っていた彼女は、
強豪ではない高校に入り、一からサッカー部を作り直し、
指導者不在の中、部員たちの意見を汲み取りながら、
県下最強となるまでに育て上げてきました。

最初、キャプテンとしてチームを率いるだけでなく、
監督のような役割も担っている彼女は、
深津監督との対比なのかな、と感じていました。

選手として、指導者として挫折を経験した深津監督に対し、
現役で、選手としてだけでなく監督的な役割もこなす茜は、
一見したところ対照的に見えたので。

でも、今はそれはちょっと違うかな、と感じています。
茜の、選手自らが創意工夫でチームを強くしていく姿は、
深津監督を強く刺激する存在なのではないかと考えます。
指導者としての姿勢に問題を抱えている深津監督にとって、
指導者不在のまま勝ち進むチームというのは、
強烈なインパクトがあると思うので。

そして、茜が三年生であることが、
前回、深津監督がワラビーズの最大の敵になるのでは?
という考えに至るきっかけになりました。

最上級生である茜は、来年のチームにはいません。
栄泉船橋の体制は大きく揺らぐことになるでしょう。
そこに、ワラビーズのみんなから勇気とやる気をもらい、
復活を遂げた深津監督がやって来て、チームを更に強化し、
最強の敵としてワラビーズの前に立ち塞がる。
そんなストーリーが、ふっと浮かんだのです。

まあ、今の試合すらまだ終わってない状況であり、
全くの個人的な空想でしかないのですが、
深津監督の過去についてのエピソードと、
三年生が率いる指導者不在の高校が同時期に登場したのは、
何か今後の伏線になりうるのでは、と考えた次第です。

さて今巻では、レギュラーだったものの名前が出てなかった、
ワラビーズの5番とゴールキーパーの名前が判明しました。

cramer06_kakokari.jpg

1番、加古川香梨奈(2年)。ゴールキーパー。

cramer06_komu.jpg

5番、小紫佐織(2年)。左サイドバック。

他のメンバーより遅れた分、丁寧な紹介となっているような。
何はともあれ、これでレギュラー全員の名前が分かりました。
その上で、チーム内での呼び名や愛称も分かってきました。

cramer06_warabisub.jpg

GKの加古川は名字と名前を縮めて「カコカリ」、
御徒町は「オカッチ」小紫は「コム」と、名字が長い人は、
同学年だけでなく後輩からも省略して呼ばれています。
これは「名前の長い人あるある」なのでしょうか。

cramer06_rui00.jpg

また二年生同士では、岸は「歩」、菊池は「類」と、
下の名前で呼ばれていました。
選手間の仲の良さが伺えますが、
一方で田勢だけは同級生からも後輩からも、
愛称や下の名前でなく名字のまま呼ばれています。

cramer06_okachimachi.jpg

本人の真面目さ故か、はたまたキャプテンという役割からか。
おそらく両方の理由からだと思いますが、
付き合いの長い宮坂ですら「田勢」と呼んでいるあたり、
もうそれがずっと定着してしまってるんでしょうね。
音としては「たせ」の2音で呼びやすいですし。

また、田勢の下の名前が「恵梨子」と可愛らしく、
「えりこ」や「えり」、ましてや「えりりん」では、
本人のイメージにそぐわない、というのもあるでしょう。
この辺、浦和邦成の安達太良アリスが「アリス」ではなく、
「アダ」と呼ばれているのと似た雰囲気があるような。

さて、そんな田勢は宮坂のことを「宮坂」と呼んだり、
「みや」と呼んでみたり。

cramer06_tasemini.jpg

きっと子供の頃はずっと「みや」だったのでしょうね。
それが長じるに従い、何となく「宮坂」に変わっていったと。
それでも、試合中の気が急いている時などは、
つい子供のころから馴染んだ呼び方が出てしまうという。

cramer06_tasem.jpg

呼び方ひとつ取っても、キャラ同士の関係が見えてくる。
こういう作品は読む楽しさがたくさんあって良いですね。

しかし幼少時の田勢の、何と可愛らしいことか。
今巻では他に浦河茜と森乃つぐみの幼少時が描かれましたが、
幼馴染みである二人の過去が描かれることで、
キャラクターに深みが出てきていて良いなあと思うと同時に、
であれば、宮坂の幼少時の描写も欲しかったなあ、
チビっ子の宮坂が見たかったなあ、と思ってしまいます。

cramer06_tugumi.jpg

今巻以外で、これまでに幼少時の描写があったキャラは、
恩田希と越前佐和、フットサルの時の井藤春名と九谷怜、
あとは浦和邦成の安達太良アリスと天馬夕くらい。
主役級では曽志崎と周防が、未だ描かれていません。
全てのキャラについてとまでは言いませんが、
せめて曽志崎と周防、それに宮坂、
そして何より桐島千花の幼少時の姿が見たいのです。

そもそも浦和邦成は関東大会でどうなったのか。
チカ先輩はいつになったら再登場するのか。

冒頭の「準決勝なんて〜」という宮坂の言葉についても、
これは蕨青南高校に入ってからのことなのか、
それとも子供時代も含めてのことなのか。

1巻でチカは田勢のことを認めている発言をしていましたが、
同学年の二人の関係はどういったものなのか。
そこに宮坂は絡んでいるのかどうなのか。

今の試合以外にも、気になることはたくさんあります。
いつかそれらについて描かれる時が来ることを信じ、
今後も長く連載が続くことを願うばかりなのです。
posted by 山田工作 at 22:43| Comment(0) | コミックス2018
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Powered by さくらのブログ