2018年06月21日

さよなら私のクラマー 6巻

「さよなら私のクラマー」6巻を購読しました。



いきなり恩田のオウンゴールで始まった今巻。

cramer06_own.jpg

恩田の泣き所は、実戦経験の少なさでしょう。
中学時代、男子と一緒だったサッカー部では不遇で、
試合に出させてもらえなかったことが、
ここにきて色々と影響しているように見えます。
高校総体予選の初戦でも体調管理に失敗してましたし。

cramer06_taseon.jpg

それでも、持ち前のポテンシャルの高さと、
何より、チームメイトや指導者に恵まれ、
サッカーを満喫できているのが素晴らしい。

「私達 フットボールをしてるよ」

cramer06_football.jpg

試合の最中であるにも関わらず、
試合ができる喜びから、つい呟いてしまった恩田。
そして恩田から語りかけられた周防もまた、
中学時代のサッカーでは不遇を囲っていました。

自身は能力の高い選手ながらチームメイトに恵まれず、
同じ地元の曽志崎が全国3位と躍動する一方で、
地元でくすぶったまま、世に出ることはありませんでした。

しかし曽志崎に誘われ、行動を共にするうち、
中学時代には得られなかった一緒に戦う仲間を得て、
今は充実したサッカーライフを送っています。

cramer06_zutto.jpg

「私は あんたたちと出会ってから
   ずっとフットボールをしてるよ」

中学時代とは一変した今の環境がいかに心地良いか、
周防のこの言葉にはとても実感が込められています。

さて、その周防が進学前にシンパシーを感じ、
蕨青南に入学するきっかけになったのが田勢ですが、
彼女にしても、上級生が揃って退部してしまうという、
とても辛い出来事を体験をしています。

その元凶だったのが、深津吾朗監督。
彼の、あまりにも不真面目な指導態度が、
上級生の一斉離脱を招いたワケですが、
その深津監督もまた、過去に辛い経験をしていました。

cramer06_fukatsu.jpg

サッカーの才能に恵まれ、サッカーに夢を見た彼でしたが、
選手としては怪我が元で引退せざるをえず、
その上、指導者としても強烈な挫折を味わっていました。

今の、全くやる気のない深津監督の姿からは、
サッカーに対する情熱は感じられません。
選手への対応はぞんざいで、口も悪く、
どこか突き放したような態度で接しています。

cramer06_syubi.jpg

しかし、サッカーへの興味を失ったわけでも、
ましてやサッカーを嫌いになったわけでもないようです。

今巻の終盤、対戦相手から押し込まれ、
窮地に陥っていたワラビーズでしたが、
センターバックの宮坂のひと蹴りが、
ピンチを一転、チャンスへと変えました。

cramer06_miyasaka.jpg

守勢から攻勢へと転じる、起死回生のロングフィード。
これまでは守備に専念し、攻撃参加など考えなかった宮坂が、
反撃への起点となるパスを蹴り出すことができたのは、
他ならぬ深津監督のアドバイスがあったからです。

「俺を信じろとは言わん
 何千回 何万回とボールを蹴ってきた
 お前らの足を信じろ」

cramer06_fukatsu00.jpg

この言葉からは、深津監督がまだサッカーを信じ、
サッカーを愛していることが窺えます。

ただ、「俺を信じろとは言わん」という部分からは、
彼が、自分自身のことを信用できてないように感じられます。
ひょっとしたら深津監督は、過去の挫折によって、
自身の指導力に疑問を抱いているのかもしれません。

自分には、チームをまとめる力量が無いのではないか。
本気で指導しても、結果を出せないのではないか。
そんな、恐怖にも似た不安を抱えており、
それがあの不真面目な態度に繋がっているのかもしれません。

ですが、深津監督に指導力があることは明らかです。
これまでの、恩田や宮坂らへのアドバイスは的確でしたし、
成り行きで担当することになった守備陣も、
きっちりレベルを上げてきています。

cramer06_syubiga.jpg

そして、恩田をはじめとする蕨青南の選手たちや、
新年度から一緒に指導をしている能見コーチも、
何だかんだ言いつつも彼のことを認めています。
深津監督もまた、ちゃんとチームの一員なのです。

ワラビーズには、サッカーで挫折や辛い経験を味わい、
それでも決して諦めることなくサッカーを続け、
サッカーを楽しんでいる女の子が何人もいます。

一生懸命でひたむきな彼女たちの姿に、
傷ついた大人が癒され、励まされる。
それもこの作品の一つのテーマなのかもしれません。

cramer06_iyasi.jpg

でもまあ、深津監督が完全復活するのは、
物語の終盤か、エピローグでのことだろうと思います。
もしくは、ワラビーズに対する最後の、
最大の敵として立ちはだかるとか。

そんな展開を夢想したりしています。

posted by 山田工作 at 22:43| Comment(0) | コミックス2018
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Powered by さくらのブログ