2018年04月28日

愛気-S- 9巻 + 幼女戦記 9巻

「愛気ーS」9巻を購読しました。



今巻が最終巻となりました。
取り急ぎ、広げた風呂敷をパタパタと畳んだような終わり方で、
カラス編やヴェロニカ編のようなスッキリ感はイマイチ。

原因としては、今回の最強格闘家であったカサンドラに対し、
承久が負けっぱなしのまま終わりを迎えてしまったことと、
敵方の切り札があまりにヘボかったこと、
あたりが挙げられるでしょうか。
何となく尻切れトンボな感じがしてしまいます。

それでも今回のアメリカ編は、カサンドラを筆頭に、
とても魅力的なキャラが数多く登場しましたし、
何よりヴェロニカの可愛らしい面が結構見られたので、
満足度は高いエピソードでした。

今回で「愛気」シリーズは終了。
てっきり新シリーズに続くと思っていたのですが、
今後、ISUTOSHI先生は新作を始めるとのこと。

これはこれで楽しみなのですが、
承久たちの今後についても気になるところ。
これっきりで見れなくなるのはあまりに寂しいのです。
ヴェロニカ主人公のスピンオフとか、どうでしょうか。

aikis09_ver00.jpg

まあひょっとしたら、また再開ということもあり得そうなので、
新作を楽しみつつ、気長に待つとしましょう。


「幼女戦記」9巻も購読しました。



奇しくも「愛気」と同じ9巻ですが、
こちらはまだまだ続きます。

今巻巻頭では、この作品世界における魔法とはどんなもので、
魔導士はどんな存在であるのかが説明されました。
今更、という感が無いでもありませんが、
こういった設定がちゃんと説明されると、
作品の世界観がぐっと深まって良いですね。

この説明に合わせ、子供時代のデグさんが登場。
今も昔も、デグさんはデグさんなのだなあと感じさせてくれます。

youjo09_deg00.jpg

そして現在進行する時間軸に戻ってのデグさん。
とても現実的に、合理的に、打算的に行動し、
部隊を率い、粛々と戦闘行為を行います。

美少女であり、主人公なのですが、
ほとんど悪のラスボスといった雰囲気です。

youjo09_deg01.jpg

そして、デグさんと対比させるためでしょうか。
レガドニア協商連合の魔導士、アンソン・スー大佐の娘で、
可憐で無垢な美少女、メアリー・スー嬢が度々登場します。

youjo09_meary.jpg

父の願いにより、より良い未来を。
母の願いにより、奇跡による守護を。
そして自身の願いにより、強い魔力を。

3つの奇跡を同時に受けた彼女は、
今後帝国の、デグさんの強力な敵となるのでしょう。
そのための伏線が今巻にはありましたし、
冒頭の魔法についての説明も、デグさんだけでなく、
彼女のためのものでもあったのでしょう。

緻密であり、計算された原作の物語と、
美麗な絵が組み合わさって紡がれるこの作品。
今後もより楽しく読むことができそうで嬉しい限りです。

posted by 山田工作 at 23:21| Comment(0) | コミックス2018
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Powered by さくらのブログ