2018年03月28日

チカとバカミドリ

さよなら私のクラマー」についての話を少し。

5巻にて、チカ先輩こと桐島千花が、
「成長しすぎだよ バカミドリ」と呟く、
とても印象的なシーンがあります。

cramer05_bakamidori.jpg

ここで言うバカミドリとは、中学校時代の後輩で、
高校では別の学校に進んだ、曽志崎緑のこと。

cramer03_todanishi00.jpg

同中時代は「どんぐりコンビ」と呼ばれていた二人。
その後チカは女子サッカーの名門、浦和邦成へと進み、
曽志崎は3年生でキャプテンとなってチームを率い、
全国大会3位という快挙を成し遂げました。

cramer05_3i.jpg

自身は卒業していたものの、
チームと曽志崎の活躍を我が事のように喜んでいたチカ。
同じチームで、ポジションも体格もほぼ同じということから、
周囲からは何かと比較されたりしていた二人でしたが、
二人は互いに仲が良く、リスペクトし合う関係でした。

高校でも曽志崎と一緒にプレーすることを楽しみにしていたチカ。
しかし、曽志崎はチカとは別の高校、蕨青南へと進学し、
春のインターハイ予選で早速対戦することに。
チカの落胆ぶりは明らかで、
4巻でも「バカミドリ」という言葉が出てきています。

ただ、チカの言う「バカ」は、罵倒の言葉というより、
親しみの裏返しとして出てきた言葉のように感じられます。
恋人同士が、怒った時に相手に対して言う「バカ」のような、
愛憎相半ばの、複雑な感情が見てとれます。

cramer03_pui.jpg

チカのチームメイトの天馬夕が言うところでは、
曽志崎が別の高校に進んだことを知り、
チカはそれはそれは落ち込んだとのこと。

cramer05_ochi.jpg

ただの先輩後輩の関係を超えた強い想い。
二人の仲の良さを、とても強く感じます。

で、ここからは全くの妄想なのですが。

「バカミドリ」という言葉は、その響きの良さから、
ワラビーズ対浦和邦成戦の昨日今日に浮かんだ言葉とは思えず、
中学時代にはもう、チカは曽志崎に対して「バカミドリ」と、
多分に愛情を込めて呼んでいたのではないかと考えました。

普通「バカ」と言えば、頭が悪いことを指します。
しかし、曽志崎はキャプテンを務めるほど優れた選手であり、
オタク気質で情報力にも秀でたところもあって、
一般的な「バカ」とは言い難い人物です。

そんな曽志崎をチカは「バカ」と呼ぶ。
これは何か、あえてバカと言わざるを得ないほど、
とんでもないことを曽志崎がしでかしたのではないでしょうか。

例えば。
戸田西中時代、女子サッカー部で合宿を行ったとしましょう。

合宿といえばお泊まり。
みんなでお風呂に入ったり、大部屋で寝たりするワケです。

部活が一緒で気心の知れた女の子同士が集まっているのですから、
とめどなくお喋りが続いたりしてしまうでしょう。
それは曽志崎のいる部屋も例外ではなく、
就寝時間を過ぎても賑やかにしていたところに、
3年生のチカが、もう寝るよう注意にやってきました。

入浴を済ませ、いつもと違い髪を下ろしているチカは、
その小ささもあってとびきりの可愛さ。

思わず抱きつき、かわいいかわいいと頬ずりをする曽志崎。
驚きと照れと恥ずかしさから顔を赤らめ、抵抗するチカ。
それにますます興奮し、ギュッと抱きしめ、匂いを嗅ぎ、
チューの雨をチカに降り注ぐ曽志崎。

周りの生徒たちは呆気にとられ、物珍しさや面白さもあって、
止めもせず黙って見守るばかりか、写真まで撮り出す始末。

そこでプッツン切れたチカは大暴れ、
思わす叫んだ言葉が「バカミドリ!」

というような事を、何とはなしに想像していました。

現在、曽志崎たちワラビーズはインターリーグを戦っており、
チカたち浦和邦成が出てくる様子は全くありません。
インターハイの関東予選の結果も明らかでないため、
浦和邦成が全国大会に出場するのかどうかも分かりません。
今後、選手権予選まで出番は無いのでしょうか。

ちょっとだけ期待できるとすれば、
曽志崎と、チカのチームメイトの安達太良アリスが、
同じ趣味で繋がっているということ。

cramer05_dounoshi.jpg

お互いに、身近に出来た同好の士ということで、
連絡先を交換して、交流していることでしょう。
この線で、何かしらの登場シーンがあるかもしれません。

また、チームは分かれてはいるものの、
チカと曽志崎の繋がりは、まだ切れていないように思います。
今でも連絡を取り合い、情報交換をしたり、
熱いサッカートークを繰り広げていることでしょう。

できれば、ほんの少しでも良いので、
本編でチカの登場するシーンがあったり、
せめて浦和邦成の情報が出てくれればなあと願うばかりです。
posted by 山田工作 at 19:55| Comment(0) | 漫画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Powered by さくらのブログ