2018年02月21日

さよなら私のクラマー 5巻 その2

「さよなら私のクラマー」5巻の感想の続きです。

以前、「さよなら私のクラマー」のコミックスには、
各巻ごとに主役がいる、というようなことを書きました。
1巻は曽志崎緑。
2巻は佃真央。
3巻は恩田希。
その後4巻が出ましたが、これは桐島千花でしょう。

それでは5巻はというと。
前半ではチカ、ユウ、アダの浦和邦成3人娘が、
中盤以降は蕨青南の能見奈緒子コーチと、
恩田希の幼馴染の越前佐和が目立っていましたが、
個人的に今巻の主役と感じたのは田勢キャプテンでした。

cramer05_tase01.jpg

田勢恵梨子。
蕨青南女子サッカー部部長。
曽志崎たちが入学する直前に上級生が全員退部したため、
2年生の彼女がキャプテンとなりました。

個性豊かで才能溢れる1年生と能見コーチが加わって、
万年地区予選リーグ敗退だったチームが勝ち進み、
今年は違う、これならやれると手応えを掴んでいたのに、県大会の一回戦で浦和邦成に完敗。
しかも、相手に手加減された上で…

cramer05_tasemiya.jpg

先輩たちが辞めてしまっても自分は残り続け、
練習環境を良くするために男子サッカー部と交渉したりと、
これまでずっと前向きだった彼女も、すっかり落ち込んでいました。

しかし、そんな彼女を元気づけたのは1年生たち。
浦和に完敗した後でも前向きな後輩たちの姿を見て、
彼女もまた、前向きさを取り戻しました。

cramer05_tase02.jpg

田勢キャプテンよりも更に前向きな1年生たちでしたが、
そもそも、1年生のうち曽志崎と周防が蕨青南に来たのは、
他ならぬ田勢がいたことが原因のひとつです。
周防たちが進学先を考えていた時に見た田勢は、
チームから先輩たちが去る中、悲しみを抱えながらも、
ただひたすらにボールを蹴っていました。

cramer01_kyoukan.jpg

そのひたむきな姿に何かを感じ、
ワラビーズに加わってきた周防と曽志崎。
偶然とはいえ、一緒に加わった恩田や白鳥たち。
そこに、田勢と共に部に残っていた宮坂ら2年生がいて、
コーチに能見が来たことで、今のワラビーズが出来上がりました。

ひょっとしたら、今残っている2年生以外にも、
辞めていった2年生部員がいたのかもしれない。
残っている2年生たちが今いるのも、
田勢が必死に頑張っている姿を見ていて、
辞めずに一緒に続けていたのかもしれない。

誰か一人いなくても、今のチームは無い。
そう考えると、田勢がいたからこそ、
今のワラビーズがあるとも言える。

田勢がいたからこそ集まったチームメイトたち。
そのチームメイトに支えられ、後押しされ、
キャプテンとしてまた前向きになれた田勢。

みんながいたから立ち直れた。
みんながいたから前を向けた。

cramer05_warabys.jpg

「みんなとサッカーができてよかった」

まるで最終回のようじゃあないですか。
「私たちの戦いはこれからだ!」
と言って終わってしまってもおかしくないくらいです。

hyakko04_saisyuukai.jpg


まあ実際はそんなことはなく。

cramer05_miyasaka.jpg

高校総体で敗退したワラビーズは、
関東近郊の高校を対象としたリーグ戦、
JKFBインターリーグに参戦。
急造チームの泣き所である実戦経験を積むことで、
チーム力の底上げを図ります。

巻末の次巻予告には、
「全国に、その名よ轟け」の文字。
嫌が応にも期待は高まります。
今後一体どんな活躍を見せてくれるのか。

cramer05_warabys01.jpg

そして密かな注目ポイントとして挙げたいのが、
田勢キャプテンのTシャツの柄。
「ダメ人間」て。

わりと変な柄のTシャツを着ていることが多い彼女。
今後どんな柄のTシャツが登場するのか。
乞うご期待!
posted by 山田工作 at 19:00| Comment(0) | コミックス2018
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Powered by さくらのブログ