2017年03月15日

山と食欲と私 4巻 + とうげる!ヨツワちゃん

「山と食欲と私」4巻を購読しました。



山に登り食事を摂るのがメインテーマの本作品ですが、
今巻のテーマは「結婚」。

yamasyoku04_kekkon.jpg

以前紹介したサヨリちゃんが電撃的に結婚していたり、
それに触発された小松原さんが婚活に向け動き始め、
それに鮎美も巻き込まれ、結婚について考えたりと、
男女の仲というものを強く意識させられる巻でした。

yamasyoku04_koiko.jpg

もともと登山を通じて様々な人の人生を語ってきた本作品ですが、
「趣味」と「食」だけでなく「男女の仲」を語ることで、
一気に話の幅が広がってきました。
その中で、別段キャリア志向でなく結婚して主婦になりたいのに、
恋愛が上手くいかない小松原鯉子さんの存在意義は、
今後もますます大きくなっていくことでしょう。

サヨリちゃんは新婚さんとして、刺激を与える側に周りました。
刺激を受けるのは鮎美と小松原さんになるワケですが、
ここはより敏感に刺激を受ける小松原さんに期待したいところ。

そもそも自分は小松原さん目当てで当作品を読んでいる節があり、
結婚に対し七転八倒する鯉子さんの姿を堪能したいので、
できれば長いこと独身でいて欲しいなあと思ってみたり。(酷いなあ)

yamasyoku04_komatubara.jpg


とうげる!ヨツワちゃん」も購読しました。



これまで全く知らない作品だったのですが、
コミックナタリーでの紹介記事で興味を持ち、
試し読みはほんの数ページしかなかったものの、
ヒロインの円陣ヨツワちゃんがとても可愛いく感じられ、
以前おすすめされたことのある作品と同じ作者さんだったので、
思い切って購入してみました。

正直、漫画としての出来は今一つ。
特に自動車目当てで読むとがっかりするでしょう。
ですが、自分が一番惹かれたヨツワちゃんの魅力は抜群。

yotuwa01.jpg

円陣ヨツワというキャラを堪能できただけでも、
このコミックスを購入した価値がありました。

ただ、ここでちょっと不思議に思うのが、
何故自分はこのヨツワちゃんに強く魅かれたのか?
ということ。

このヨツワちゃんの特徴としては、
超絶お金持ちの家のお嬢さんであるということがあり、
お金持ちのお嬢さんキャラというのであれば、
例えばストゼロかりんお嬢様などが好きなキャラでいます。
そういえばかりんもヨツワも、
着ている制服が何だか似ています。

でも、別にヨツワがかりんに似ているとも思いませんし、
お嬢様で制服、というのが琴線に触れたようにも感じません。
では一体何が自分をここまで惹き付けるのか・・・?
じいっとコミックスを見ながら考えていると、
ヨツワのある部分が気になっていることに気が付きました。

yotuwa02.jpg

ルーズソックス
ヨツワちゃんの、ただの制服姿でない、
足元のルーズソックスが強く作用しているように感じます。

で、思い出しました。
過去にこのブログで、制服+ルーズソックスのキャラを、
単独でピックアップしていたことを・・・

ayame_00.jpg

黒の男」に登場する女子高生雀士、殺女。
以前の記事では足先が分からなかったのですが、
セーラー服にルーズソックスという組み合わせでした。
どうもこの「制服+ルーズソックス」という組み合わせに、
自分は強く惹かれる習性があるように思えてなりません。

ただのJCないしJK好きなのか。
はたまた何か特殊な効果がこの組み合わせにあるのか。
ちょっと掘り下げて考察してみたいトコロでございます。
posted by 山田工作 at 23:04| Comment(0) | コミックス2017
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: