2016年10月28日

バーナード嬢曰く。 3巻

「バーナード嬢曰く。」3巻を購読しました。



自称読書家の町田さわ子と、
SF好きな読書家、神林しおりの、
二人の女子高生が主人公のこの作品。

もう何回目かの夏を作品内で迎えましたが、
二人はいまだ女子高生のまま。
季節は移ろえど年はとらないワケですが、
作品内ではしっかり時間が流れており、
さわ子と神林の仲は、随分親密になってきました。

dojpu03_pool.jpg

夏の学校のプールサイドで、二人っきりで読書をしたり、
冬のバス停で、忘れ物をしたさわ子のために、
寒い中バスを見送ってまで神林が待っていたり、
本の貸し借りでケンカしたり、仲直りしたり。

dojpu03_kari.jpg

中でも二人の関係で一番の変化に感じたのが、
さわ子が神林に本を貸していたということ。
今までは、さわ子が神林から本を借りる一方だったので、
神林がさわ子から本を借りるようになっていたという事に、
特に神林の、さわ子に対する親しみの情を感じました。
この辺は、二人のケンカの仲直りの様子からも伺えます。

dojpu03_kanbayashi02.jpg

この作品は本に関するウンチクがネタの基本なので、
どうしても本の知識が豊富な神林の方が、
さわ子よりも上のポジションにいるように見えます。
ですが、実際のところどっちが上とか下とかは無く、
今の二人は良い友人同士といった関係なのでしょう。

神林はオタク気質であり、結構面倒臭い性格をしています。
こだわりが強く、好きなことを喋り出すと止まらず、
同じことを同じ相手に何度も話したりします。

dojpu03_sawako01.jpg

それに対しさわ子は、本についての知識は乏しいものの、
性格的には明るく、素直で、前向きかつ積極的。
読書に関するバカな思いつきを神林にツッコまれたり、
その一方で、神林のイタい行為を率直に指摘したり、
恥ずかしげも無く好意を剥き出しにして、
神林を戸惑わせたりしています。

dojpu03_kanbayashi01.jpg

何となくですが、さわ子と神林の関係に近い存在として、
動物のお医者さん」の漆原教授と菅原教授を思い出しました。
勿論、漆原教授=さわ子で、菅原教授=神林です。

doubutu06_kk.jpg

さわ子と神林の友情も、漆原教授と菅原教授と同じように、
長く長く続いていって欲しいと思います。

「動物のお医者さん」が、獣医についての知識の他に、
多彩なキャラクターの掛け合いを面白く描いていたように、
「ド嬢」もまた、本についての豊富な情報だけでなく、
さわ子と神林、そこに遠藤と長谷川が加わった人間関係が、
面白おかしく描かれていることも魅力の一つです。

その中でも、2巻についての記事でも書いたとおり、
さわ子と神林の関係の変化を見ていくことが、
自分にとってはこの作品の何よりの楽しみであります。

今後も期待しながら見守っていきたいと思います。
posted by 山田工作 at 20:14| Comment(0) | コミックス2016
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Powered by さくらのブログ