2015年03月31日

トクサツガガガ 2巻

「トクサツガガガ」2巻を購読しました。



「特撮オタク」のOL、仲村叶さん(26歳)が、
そのことを職場の同僚に隠しながらも、
特撮を楽しみ、人生の糧としていくこの作品。

1巻については知るのが遅れてしまいましたが、
2巻は発売に合わせて購入することができました。
特撮に限らず、やはり「リアタイ」は良いものです。

相変わらず、オタク趣味を隠すために悪戦苦闘している仲村さんですが、
防戦一方であったこれまでとは違い、新たな特撮ファンを増やすべく、
特撮仲間の吉田さんのアドバイスを受けながら、攻勢に出ます。

その際、ターゲットとなったのが、同僚のユキちゃん。

トクサツガガガ ユキちゃん

眼鏡にセミロングなボブが可愛らしいだけでなく。
特筆すべきは、ややぽっちゃり気味なプロポーション。
スレンダー気味な仲村さんと比べ、明らかに肉付きが良い。
このトッチリ感、非常に好みであります。

トクサツガガガ 2巻

では無くて。

ここで仲村さんが繰り出した作戦というのが、
特撮出身の若手イケメン俳優のファンだということとっかかりに、
彼が出演する特撮を見てもらうことで、
特撮の良さを知ってもらえればとDVDを貸し出し、
その結果、彼の出演シーンしか見てもらえなくても、
彼の良さを一緒に話して共感することで、
ユキちゃんなりの楽しみ方を尊重しつつ、先に繋げる。

田村さんとの連携プレーであるとはいえ、その場において、
臨機応変に立ち回った仲村さんの、高レベルな対人スキル。
見習いたいですね。

一方的に自分の好きなものを薦めるのではなく、
相手の興味のある部分からうまく合わせ、
楽しみを共有することで、お互いが幸せになり、
結果、より仲良くなれる。
なかなか参考になるテクニックです。

このことに限らず、この作品では、
人と人との繋がりについて描いたエピソードが多く、
仲村さんの人間関係を豊かにしていく要素として、
仲村さんが必死に隠す「特撮」が、とても役に立っています。

そもそも「特撮」というものは子供向けであるが故に、
教育的な要素を多分に含んでいます。
子供たちに向けて、解りやすく、
ストレートにぶつけられる様々なメッセージは、
子供にとって、今後を生きていく上での指標となるだけでなく、
社会に出て擦り切れ、疲れてしまった大人たちに大しても、
時に励まし、時に応援となり、時に癒しとなって心に響きます。

今巻で特に気に入ったのが、このシーン。

ジョウシュウワン トライガー

「いつも仲良くベタベタしているばかりが仲間では無い」

「たとえ一人でいても、信頼が感じられるのが本当の仲間だ」

うーん、良い台詞です。

トクサツの中でも特に「戦隊モノ」は登場人物が多いため、
人間関係についてのメッセージが豊富であり、
作品内で紹介される「ジョウシュウワン」などの名場面が、
仲村だけでなく、読者に対しても、多くのことを強く訴えてきます。
またそれが、何とも心地良いのです。

それ以外にも、見所はたくさん。
今巻では巻末描き下ろしだけでなく、
「ジュウショウワン」の登場人物についてのプロフィールが、
「キャラクターファイル」として挿入されていたり、
カバー内に「ジョウシュウワン」漫画があったりと、
間違いなく、1巻よりもパワーアップしております。
このままだと、ジュウショウワンのキャラグッズまで作りそうな勢いです。

そういえば、描き下ろしの巻末漫画にて、
過去を懐かしむアイテムとしてフロッピーディスクやポケベルが出てきたり、
作中でも古びたおもちゃ屋を描くアイテムとして、
懐かしのおもちゃたちが登場しました。

こぐまのトンピー

これらのおもちゃ。
こぐまのトンピー」や「ウルトラワンちゃん」などは、
まだ現役でおもちゃ屋さんなどで入手できますが、
フラワーロック」。
これだけはもう生産されておらず、入手困難です。
今になって猛烈に欲しいのですが、どこにも売っていないのです。

ネットのどこかで見た文章に、

 子供の頃は欲しいものがいっぱいあったけど、お金が無かった。

 今ではお金はあるけど、あの頃のおもちゃはどこにも無い。

というのがありました。

人は、いつまでたっても子供の頃の思いを引きずっていて、
もう手に入らないモノを求め続けて生きていくんだなあと、
ちょっと切なくなったのでした。
posted by 山田工作 at 20:19| Comment(0) | コミックス2015
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: