2020年04月08日

ガルパン

ここ暫くブログを更新していませんでしたが、
別に何か不幸な出来事があったとか、
漫画を全然読んでいなかったとか、
そういうワケではありません。

では何でブログに手を着けなかったかと言いますと、
実は今更ながら「ガールズ&パンツァー」に、
どっぷりハマっていたからでございます。



ガルパン」のテレビ放送があったのは2012年のこと。
放送当初からネットなどで盛り上がっていましたが、
自分は普段あまりアニメを見ないこともあって、
ネットで流れてくる二次創作をつまみ食いする程度でした。

それが、去年の年末にBS日テレで再放送があるのを知り、
一度ちゃんと見てみなようか、と思ったのが運の尽き。
一気にハマり、TVシリーズに加え劇場版やOAVも見て、
アンソロジーコミックやドラマCDなども購入し、
更にはソシャゲの「戦車道大作戦」も始めてしまいました。

特にこの「戦車道大作戦」に手を出したのがまずかった。
以前触れた「デレステ」も中断せず一緒にやっているため、
気付けば時間がガリガリ削られていく有様(現在進行形)
多分これがブログを書かなくなった一番の原因でしょう。

ソシャゲって、怖いですね。

さて、「ガルパン」が公開されてからもう何年も経ち、
その魅力や面白さはなどは散々語られている所ですが、
自分なりに何でこんなにハマったのかを考えてみると、
ガルパンの持つ少年漫画っぽさと、自分の過去の読書体験が、
ばっちりリンクした結果なのではないかと思っています。

「ガルパン」を実際に見て感じたのは、
この作品は「努力・友情・勝利」という、
少年漫画の王道を地でいく物語なのだな、という事。

主人公が、誰一人知り合いのいない転校先で、
友達に恵まれ、仲間と出会い、共に努力し、
数々の強敵を打ち破り、目的を果たす。

めちゃめちゃ少年漫画のノリですし、
「転校生が無名の学校を日本一に導く」という辺りは、
キャプテン翼などのスポーツ漫画を彷彿とさせます。

女子キャラしか登場しないというのもポイントで、
これにより恋愛要素は限りなく薄まり、
より「仲間」と「友情」が強調されます。

自分はラブコメが好きですが、その一方で、
恋愛要素抜きで勝負事をストイックに描く作品も好きです。
「ガルパン」の、目的に向かってまっしぐらな作風が、
自分の中の少年漫画好きな心に響いたのでしょう。

そして更に「ガルパン」が自分に響いた要素として、
熱笑!!花沢高校」との共通点が挙げられます。



熱笑!!花沢高校」は、チャンピオンで連載されていた作品で、
不良高校生の抗争を描いた、今で言うヤンキー漫画なのですが、
その後半において、まるで装甲車のようなオリジナルバイクで、
不良高校生同士が戦うというトンデモ展開となります。

hanazawakoukou.jpg

不良たちのケンカなのにロケット砲やミサイルが乱れ舞い、
至る所で爆発炎上が起こるという荒唐無稽さなのですが、
どおくまん先生の迫力ある絵はその無茶苦茶を成立させ、
何より強敵を前にした主人公たちの友情と勇敢さは魅力的で、
子供心に読んでいてグイグイ引き込まれたものでした。

思えば「ガルパン」も、戦車道が女子の嗜みであったり、
学園艦という設定など、かなりムチャな所の多い作品です。
ですがその荒唐無稽な世界観の中にあって、
戦車というリアリティの塊を緻密に描くことで、
超現実的な説得力を持ち合わせた作品となっています。

多少の矛盾や突っ込み所など、戦車の力強さで粉砕する。
そういった圧倒的な「力こそパワー」感が、
細かい理屈を並べがちなオトナな思考を踏みつぶし、
自分の中の子供心を大いに刺激してくれたのでしょう。

またそれとは逆に、戦車に関しては徹底して妥協を許さず、
細かな所までリアルに描くことを追求している点が、
オトナの本気を感じさせてくれるのもポイントでしょう。

いい歳こいた大人が子供っぽいことを本気でやる。
こういう部分にもまた引きつけられるものです。

さて、近年稀に見るほどハマってしまった「ガルパン」。
今となっては、初放映から見ていなかったのが悔やまれます。
当時の盛り上がりを共有できなかったのもありますが、
何よりSNS上で発表された数々のイラストや漫画などが、
今となってはもう見ることが出来ないと考えると、
禿げ上がりそうなほどショックです。

makimami02.jpg

マキとマミ」のマミさんの台詞が、
今なら痛いほど実感できます。

ただまあ、せっかくこれほど好きになったのだから、
この想いは何かに活かしたいトコロ、というワケで、
今年のワンフェスはガルパンキャラにチャレンジしたいと思います。

いわゆる「萌え系」のアニメキャラは初めてですが、
幸いというか何というか、今年は夏ではなくて秋のワンフェス。
時間はあるので、何とか見られる作品を作れるようガンバリます。

posted by 山田工作 at 19:49| Comment(0) | 日記
Powered by さくらのブログ