2019年11月15日

ロロッロ!5巻 + 六道の悪女たち 17巻

「ロロッロ!」5巻を購読しました。



新キャラが登場したり、年度か変わって進級したりと、
様々な見所があった今巻なのですが、
個人的に注目するのはやはりミシェル金剛さん。
3年生になり、無事美術部部長となりました。

rororro05_michel02.jpg

そして何と、前巻で部長の座を争ったアミちゃんにより、
ミシェルの血液型と星座が明らかに。
ナイスアミちゃん。

rororro05_michel01.jpg

ミシェルの天敵ともいえるアミちゃんですが、
彼女の働きによりミシェルのパンツの好みが判明したり、
同人誌即売会にサークル参加したミシェルが酷い目にあったりと、
ミシェルのファンとしてはとても有り難い存在です。

rororro05_michel04.jpg

美術部でプール遊びをするエピソードでは、
水着になり豊かな胸がより強調されたアミに対し、
恥ずかしそうに自分の胸元を隠すミシェルの姿が。

BLを日常的に嗜み、腐女子発言連発の彼女ですが、
自身の女性性が絡む場面ではとても恥ずかしがりやさん。

rororro05_michel05.jpg

今巻で一番のハイライトと言っても過言ではない、
「美術部員全員一斉履いてたパンツ晒し」シーンでも、
平然と自分のパンツを晒す部員がいる中、
羞恥により顔を赤らめ、苦悶の表情を浮かべたミシェル。
彼女の乙女心が分かる、色んな意味でとても良いシーンでした。

そうかと思えば、部員たちをネタにしてBL漫画を描き、
それをネットにアップすれば1万以上RTが貰えるなど、
BL作家としての凄腕っぷりも披露していたミシェル先生。

rororro05_michel03.jpg

主人公たちの先輩としても、
美術部の部長としても、
BL作家としても、
何より一人の少女としても、魅力いっぱいな彼女なのでした。


「六道の悪女たち」17巻も購読しました。



前巻で現れた菫雷乃の願いを叶えるため、
女装をしてまで針蔵高校にやってきた六道たち。
六道の亞森高校と、犬猿の仲である針蔵高校が手を組み、
椰子谷唯率いるチームと戦うという熱い展開ながら、
派手なバトルシーンよりも、状況説明と語りの多い、
シリアスな雰囲気の強い巻となっています。

rokudou17_yagen.jpg

そもそも、なぜ亞森と針蔵は敵対するようになったのか。
それについての説明が話の中心になっているのですが、
キーパーソンである前の針蔵の番長、野玄雄一郎と、
どうも全ての元凶だった椰子谷唯についてのエピソードや、
そこに鬼島連合の面々も絡んできたりして、
「鬼島連合編」を補完するような内容であるとも言えます。

rokudou17_onishima.jpg

「鬼島連合編」が終了したのは9巻の事。
童子たちを見るのも随分久しぶりで、懐かしさすら感じますね。

rokudou17_yashiya02.jpg

特に椰子谷に関しては、強い男を嬲らずいられないという、
その特殊な性癖について詳しく語られているだけでなく、
女装した六道に惚れてうっとりした表情を見せたり、
その後振られて泣いたり、逆上して鬼と化したりと、
様々な表情を見せてくれてとても魅力的です。

rokudou17_yashiya03.jpg

SM的ファッションに包まれたセクシーな身体と、
やや無機質なクールビューティさが目立っていた椰子谷ですが、
実はとても感情豊かで情熱的な女性だということが分かりました。

rokudou17_yashiya01.jpg

ただ、椰子谷が目立っていた反面、蘭奈さんの出番が少なく、
本編では見開き2ページでの登場が2回あるものの、
コマ数で言ったらほんの数コマしか登場しないという・・・

rokudou17_ranna01.jpg

まあその代わりに、今巻巻末には描き下ろしのおまけ漫画、
「今日の蘭奈さん3」があったのは救いでした。
ここで六道と一緒にはしゃぐ蘭奈さんの何と可愛らしいことか。
これで蘭奈さん成分を補給しつつ、次巻を待つこととしましょう。


posted by 山田工作 at 20:06| Comment(0) | コミックス2019
Powered by さくらのブログ