2018年08月30日

コナミワイワイワールド

夏のワンフェスが終わると、
それまでゲームをせずにいた反動か、
無性にゲームがやりたくなります。
去年は「ファイナルファンタジーU」をやりました。

今年は、RPGのような時間のかかるものでなく、
あまり時間をかけずにクリアできるもので考えました。
となると、パッ思いつくのはファミコンのアクションゲーム。
いつかの「ハイドライドスペシャル」や「マッドシティ」も、
そんな感じで遊んだ作品でしたが、
今回選んだのは、「コナミワイワイワールド」。

dflag13_mhwww.jpg

先日の「ディーふらぐ!」に登場していた、
「モンスターハンターワイワイワールド」(略称MHWWW)
に影響された、というワケではなく、
子供の頃に遊んだ記憶はあるもののクリアした覚えのないこの作品を、
いい機会だからクリアしてやろうと考えた次第です。

ゲームを始めてまず感じたのは、懐かしさよりも、
「攻撃のリーチ短え! 敵の接近わかりずらっ!」
ということでした。

ゲームカタログのレビューにも書いてある通り、
接近攻撃型アクションゲームとしては辛い仕様のため、
始めてしばらくはバンバン死にます。
ただ、操作へのキャラのレスポンスは良いので、
イライラしてブン投げるということはありません。

スタート時点から使用できるキャラの、
コナミマンとコナミレディーの二人は、
全滅リスタートになってもちゃんと復活するので、
序盤は何も気にせずガンガン全滅できるのも気楽です。

ゲームを進めて、途中で増えた仲間については、
全滅リスタートの際に復活しないのが結構辛いのですが、
パスワードコンティニューをすれば全員が復活する、
ということを知って、だいぶ楽になりました。

これには昔と違い、デジカメで画面を撮影することにより、
一瞬で記録でき、パスワードの書き写しミスもなくなる、
ということが大きく影響しています。

攻略情報をネットで知ることができる、
というのも当時とは大きな違いです。
子供の頃とは違い、今は忙しい社会人の身。
できるだけ効率良くクリアを目指します。

しかし、昔と比べ何よりも違っていたのが反射神経。
歳を取ったことによる身体能力の経年劣化は著しく、
思うようにゲームを進められません。

それでも、新しい仲間が増えて使える楽しさや、
キャラ毎に聞けるBGMの懐かしさなどを励みに、
週末の休みを利用して一気にクリアしました。

waiwai01.jpg

子供の頃に遊んだゲームを今でも楽しめる。
しかもクリアできたことで、なおさら感慨深い。
とても幸せな時間を過ごすことができました。

waiwai02.jpg

今の子供たちは、ファミコンとは比べものにならない、
最新技術のゲームを遊ぶことができるだけでなく、
昔のゲームだって遊ぶことができます。

それはとても幸せなことだと思いますが、
昔のゲームを、当時の最新として体験できた、
歳を重ねたオールドゲーマーのノスタルジーもまた、
他の世代では味わうことのできないものです。

この感覚をこれからも大事にしていきたいと思っています。




posted by 山田工作 at 21:46| Comment(0) | ゲーム

2018年08月26日

ディーふらぐ! 13巻

「ディーふらぐ!」13巻を購読しました。



年に1回のお楽しみである「ディーふらぐ!」の新刊。
今年も無事に発売されました。

そして何と、今巻収録分で連載100回&10周年とのこと。
何となく数字のツジツマが合わないような気がしますが、
せっかくの慶事、細かいことは気にしない。

さて、「100」と「10」という数字が出たからでしょうか。
今巻では「1」年生たちが目立って活躍しています。

dflag13_noe01.jpg

主人公の風間堅次の妹、風間之江。
之江ちゃんはこの作品で一番好きなキャラですが、
今巻では出番が多くて喜ばしい限り。

前巻での水上桜、柴崎つつじと組んでの「チーム妹」に続き、
今巻では更に同級生の小川も加えた「チーム1年生」を結成。

dflag13_ogawa.jpg

これまでも何度か登場していた小川ですが、
あくまで之江の友人としてちょっと出ていただけ。
それが今巻では一気に存在感を出してきました。

情報通という、今までにも見せていた能力を発揮し、
本編だけでなく、カバー内のおまけ漫画でも大活躍。
この、意外なキャラが突然輝きだすのも、
「ディーふらぐ」の魅力の一つです。

その小川の活躍も、之江ちゃんの存在があってこそ。
人(形)質奪還作戦での奮闘ぶりや、その後の不貞腐れっぷり、
そしてカバー内おまけ漫画でのつつじとのやり取りと、
たくさんの之江ちゃんを満喫することができました。

dflag13_tutuji.jpg

そういえば、かつては野犬の如く警戒心が強かったつつじが、
これまでの同居生活と、前巻でのスタンプラリーを経て、
随分と之江ちゃんに懐くようになっています。
同じ妹ポジション、そして同じ1年生ということと、
居候という心細い環境が影響したのでしょうか。

ゲーム製作部(仮)唯一の1年生である桜も、
何だかんだいって之江ちゃんとは仲良くしてますし、
之江ちゃんには人たらしの気があるのかもしれません。
兄、堅次がそうであるのと同じように。
今後も之江ちゃんの活躍に期待できそうです。

生徒会にも、新しく1年生キャラが登場しました。

dflag13_akitu.jpg dflag13_nishinagas.jpg

会計の秋津さんと、書記の西永(妹)さん。

西永さんの何が(妹)なのかといえば、
これまでもチョイチョイ登場し、今巻でもチョロっと出ていた、
船堀の所属する料理部の顧問、西永先生の妹なのでしょうか。

dflag13_nishinagat.jpg

ただでさえ妹キャラの多い今作品に、
また新たな妹キャラが登場しましたが、
果たしてこの姉妹関係は、何かの前フリなのでしょうか。
この作品では「妹」が重要な存在になることが多いので、
これは要チェックかもしれません。

また、今巻の後半で大活躍をしていたのが、
高尾(妹)が部長を務める方のゲーム製作部の稲田堤。
彼女もまた1年生です。

dflag13_inada01.jpg

高尾が風間と同居していることを知って暴走するのですが、
稲田はある意味、高尾の天敵ともいえるキャラなので、
こと恋愛ではモタモタしがちな高尾を刺激する存在として、
彼女が出てくると一気に話の回転が早くなります。

dflag13_inada02.jpg

ただそれも、お互いの信頼関係があってこそのもの。
部長として尊敬し、好意を持っているからこそ、
高尾への興味が尽きず、ついついちょっかいを出す稲田と、
プライベートにグイグイ来られることに困惑しつつも、
何だかんだで稲田を頼りにしている高尾。
お互いに、お互いを大事にしているのが判る名コンビです。

今までの稲田の作品内での活躍っぷりを考えれば、
単独で表紙になっていないのが不思議でならないくらい。
稲田も特に好きなキャラの一人なので、
是非ともコミックスの表紙に、と願っております。

ここでちょっと気になったのが、
稲田と同じゲーム製作部の1年生の、
桜ヶ丘くんの服装。

dflag13_sakuragaoka.jpg

桜ヶ丘くんは男子生徒ながら、稲田の策略により、
風間(兄)の前では女装をしなければならなくなっています。

今巻でも当たり前のように女子の制服を着ていますが、
夏休みの部活の時までそうする必要ってありますかね?
自分の部室にいれば、まず風間とは会わないような?
むしろ同級生に会う危険性の方が高いような…?

今後の桜ヶ丘くんの制服には注意が必要ですね。

また、今巻で最大の気になるポイントが、
最後の最後で登場した船堀のセリフ。

dflag13_funabori.jpg

ここで船堀は堅次のことを、
「風間くん」と呼んでいます。
これ、前巻までは「風間『さん』」だったんですよね。

dflag12_z.jpg

「さん」から「くん」へ。
細かいけれど、とても重要な変化です。
一体どんな心理的変化が船堀の中で起こったのか。
そして、その変化をもたらした原因は何か。
さらに今後の、船堀と風間と、周囲の人間関係の行方は。

まだまだ気になる所と見所いっぱいな「ディーふらぐ!」です。

posted by 山田工作 at 23:18| Comment(0) | コミックス2018

2018年08月21日

嗚呼、憧れのサスケVSコマンダ

現在『PS Store』にて、8/29(水)までの期間限定で、
SNK BRAND 40th ANNIVERSARY SALE』が行われています。

SNKの様々な名作が小銭とも言える金額で買えるのですが、
その中に『SNK ARCADE CLASSICS 0』という、
古いアーケードゲームを集めたソフトがあるのを見つけ、
速攻で買い求めました。

何故なら、その『SNKアーケードクラシックスゼロ』には、
サスケ VS コマンダ』が収録されていたからです。

その昔、まだファミリーコンピューターが発売される前は、
コンピューターゲームと言えばアーケードゲームでした。
そして自分が子供の頃、近所のスーパーにはゲームコーナーがあって、
その入り口辺りの一番目立つ場所に鎮座していたのが、
アップライト筺体の「サスケ VS コマンダ」でした。

子供の目から見ればかなり大きな筐体と画面。
そこに展開されるデモ画面には忍者と手裏剣が飛び交い、
画面上部から突然放たれる大きな炎。

sasukevsc.jpg

それは、テレビゲームに触れたことのない子供にとって、
とても興奮する、魅力的な存在でした。
しかし当時まだ小遣いを貰っていなかった身には、
プレイ代金の百円はあまりに高いハードルで、
実際にゲームを遊ぶことはありませんでした。

それでも、あの時見たデモ画面の記憶は、
大人になっても色褪せることなく残っていました。
そんなゲームを、今になって遊ぶことができる。
良い時代になったものです。

いざ遊んでみると、ゲーム自体のイメージは当時のまま。
良くも悪くも昔のゲームといった感じです。
インベーダーゲームの亜流とも言える、単純なルール。
それでも、当時できなかったゲームが遊べる喜びと、
シンプルゆえの遊び易さもあって、結構ハマります。

今のところ、サスケ VS コマンダしか遊んでいませんが、
他にもたくさんのゲームが収録されているので、
おいおい楽しんでいきたいと思います。

今回のセールでの売り上げが良ければ、
今後、古いゲームの移植に弾みがつくかもしれません。

20本ものSNKの古ゲーが収録されているソフトが、
今なら何と、たったの1020円。
ゲーム1本あたり50円ちょいとか、
子供の頃の自分が聞いたら、卒倒しそうな値段です。

懐かしのゲームを遊んでみようという方は勿論のこと、
レトロゲームが好きで、その展開を応援したいと思う人にも、
是非とも購入して遊んで頂きたい所存であります。


posted by 山田工作 at 23:19| Comment(0) | ゲーム

2018年08月18日

夏の漫画祭り2018

最近購読した漫画の単行本をまとめてご紹介。



ぶんぶくたぬきのティーパーティ 5巻

人に化け、現代社会に融け込む、人ならざる者たち。
彼らは何食わぬ顔で人に紛れて生活し、
その子らを人間と同じ学校に通わせていた。

一つの中学校に集った狸、狐、猫、蝙蝠の娘たちは、
種族の違いを越え連帯し、幸せな学生生活を送っていた。
しかし、そこには終焉の時が迫っていた…。

bunbuku05_sotugyo.jpg

こう書くとシリアスっぽい設定とは裏腹の可愛い絵柄と、
常識を軽く蹴飛ばすシュールなギャグが特徴のこの作品。
今巻にて主人公たちは中学を卒業となり、最終回を迎えました。

そしてみんな揃って同じ高校へと進学し、
タイトルも新たに、秋から始まる新作に続きます。
JCからJKになることでネタの幅は広がるでしょうから、
今後も楽しみなのは間違いないのですが、
唯一残念なのは、中学での担任だった水地先生の退場。

bunbuku05_mizuchi.jpg

ダメな大人の投げやりな意見が何とも心地良いキャラでした。
高校の先生も見所のあるキャラであることを期待しています。

尚、まんだらけ通販でコミックスを購入すると、
おまけ小冊子が必ずもらえます。
メール便なら送料無料なので、気になる方はこちらがお得です。




おしえて! ギャル子ちゃん 5巻

様々なタイプのキャラが登場するこの作品ですが、
最近お気に入りなのがツン乃の姉、「リーダー」ちゃん。
2巻収録のフットサルで肉子と戦っていたチームの主将です。

gyalko05_reader.jpg

小さい身体に、キツめの顔立ちと強気な性格。
ちょっと見た目が良いだけのポンコツさんかと思いきや、
努力家の面もあり、敵認定した人に対する敬意もある。
実は結構性格の良い娘さんなのでありました。
まあ、この作品は基本「良い人」しかいませんが。

どうも最近、小さいキャラに目が行くようになってます。
確実に「さよなら私のクラマー」のチカ先輩の影響です。
以前からそうだっただろ、という指摘もありそうですが)
しかしまあ、チカ先輩以上に出番の少なそうなリーダーちゃん。
今後、ほんの少しの出番でもいいので、
継続して登場することを期待しています。




じけんじゃけん! 4巻

そういえば、この作品の四ツ名ひまわりちゃんもサッカー部。
もちろん彼女も好きなキャラです。
そして彼女は主要キャラなので、自然と活躍してくれています。
更に、前巻に続き今巻でも巻末に「広島女子」があり。
これがまあ、本編に輪をかけて可愛いのです。

jikenjaken04_himawari.jpg

本編でもオマケでも、可愛い広島弁女子が満喫できる、
とても満足度の高いコミックスとなっています。




山と食欲と私 8巻

自然や生き物が好きでも超インドア派な自分にとって、
この作品はある意味、現実離れしている漫画です。
そして今巻では遂に冬山登山に挑戦。
いよいよ手の届かない所まで行ってしまいました。

yamasyoku08_muri.jpg

そんな作品にあって、登山が趣味ではない鯉子さんと並び、
親近感を覚えずにいられないのが、
なんちゃってキャンパーの鷹桑秀平氏。

yamasyoku08_takakuwa.jpg

見てくればかりを気にし、ほぼ思いつきで行動して、
準備と知識と経験の全てが足りずに失敗ばかりしている彼は、
普段インドアな人間が中途半端に行動するとこうなるぞ、
という反面教師ぶりを見事に示してくれています。

登山にしろキャンプにしろ、インドア派にはハードル高し。
こうして漫画で面白おかしく楽しんでいるだけで十分なのです。




波よ聞いてくれ 5巻

今巻の帯に書かれていたコメントが、
「作者得意の監禁展開突入」。
一気に不穏な展開になってきましたが、
そんな中で唐突に巨乳キャラが登場。

namiyo05_hokakushi.jpg

作中でも意図的に巨乳をアピールしてきますが、
自分の中での沙村作品における巨乳キャラは、
無限の住人」のたんぽぽで充足しているので、
こんなキャラには全然釣られないクマー

mugen26_T&M.jpg

たんぽぽと目黒。
このカットはコミックス26巻の巻末に収録されている、
描き下ろしのおまけ漫画の1コマです。

この巻に限らず、「無限の住人」のコミックスは、
巻末やカバー折り返しのオマケがとても充実しているのですが、
残念なことに近年発売された「新装版」では、
こういったオマケは全く収録されていません。

オマケとはいえ、描き下ろしの漫画はもとより、
設定資料として見て楽しめるものが多くあったので、
これが収録されていないのはどうかと思います。

なので、これから「無限の住人」を購入するのであれば、
紙であれ電書であれ、旧コミックスの方がオススメです。
格好良い表紙も多いですしね。

 

まあ、お気に入りキャラのたんぽぽと目黒は、
新旧どちらでも表紙を飾れませんでしたが…

posted by 山田工作 at 23:37| Comment(0) | コミックス2018

2018年08月09日

銀子の窓口 4巻

「銀子の窓口」4巻を購読しました。



「日多向銀行うれし野支店」を舞台にした4コマ漫画も4巻め。
金融機関ならではの業務や決まり事などをネタに昇華し、
面白おかしく紹介してくれる手法は今巻でも健在。

ginko04_nene01.jpg

ATMの扱いがとても面倒なものであること、
小銭の両替もとても面倒な作業であること、
印鑑登録など書類の管理も非常に面倒であることなど、
お金を扱う仕事の面倒臭さがこれでもかと描かれています。

ginko04_hukuro.jpg

粗品の袋詰めといった「ザ・雑用」といった仕事もあり、
ネタの業務密着度の高さは今までで一番かもしれません。

登場人物の描写が丁寧であるので、
今巻から読み始めた人でもキャラを掴みやすく、
安心して読み進めることができるのもこの作品の魅力。
この辺は4コマ誌という、気軽に読まれることが多く、
一見さんの読者が多い雑誌ならではですね。

ginko04_erena03.jpg

銀子と見城(えれたん)のいがみ合い。
以前から変わらぬ安定の構図。
しかしマンネリ感は無く、ちゃんと物語は進み、
登場人物たちのは成長が実感できるという、
続けて読んでいる読者ならではの楽しみもある。

新人行員である音々子の頑張りはもちろんのこと、
優秀な先輩として彼女を見守り支える銀子や、
巽や高清水ら先輩行員たちもちゃんと成長しており、
その変化を継続して読んでいくのが楽しい。

ginko04_hitagin.jpg

総合職として支店の外に出た見城チーフも、
同じ支店の行員とは別の立場から関わり、
エピソードを豊富にしてくれているのが嬉しい。

ginko04_erena02.jpg

なんと今巻では新キャラ「エレナママ」が爆誕。
コミックスのカバーを外せば魅惑のオマケ付きと、
えれたんファンには堪らない内容でもありました。
水着メインの回もありましたし…。

今回自分は紙の単行本を購入しましたが、
電子書籍版では雑誌時カラーページだった分は、
ちゃんとカラーで収録されているとのこと。
これぞテクノロジーの進歩。
カラーページで見たい人、電書で欲しい人には朗報です。

ただ、別にコミックスの値段が多少上がったとしても、
紙でもカラーページをカラーで収録してもらって良いのですが。
もっと言えば、音々子がメインの回がカラーなのに、
クリスマスというカラー映えするお話であったにも関わらず、
えれたんメインだった回が白黒だったのはどういうことなのか。

…まあ、多少の苦言はあるものの、
こうして4巻が出たのは喜ばしい限りです。

また、他誌ではあるのですが、
まんがタウンで連載している唐草ミチル先生の作品、
「みんな猫に恋してる」も単行本化が決まったとのこと。

「銀子」では制服支持派が多かったようですが、
「猫恋」の主人公も制服を着たOLさん。
ちゃんと制服好きの需要に応えるようになっています。

ginko04_seihuku.jpg

発売は11月ということですが、今からとても楽しみです。
「制服+妙齢女子+猫」という組み合わせで、
多くの人のハートを掴むのです。

今、世間的には猫が大人気ですが、
個人的には妙齢女子もアツいと感じています。

ginko04_erena01.jpg nekoi12_34.jpg okusan11_32.jpg MI32.jpg

左から順に、
「銀子の窓口」見城エレナ(33歳 独身)
「みんな猫に恋してる」鹿目(34歳 独身)
「おくさん」沖田恭子(32歳 既婚)
「TOBAL No.1」マリー・イボンスカヤ(32歳 子持ち)

皆似たような年齢なのに、このキャラクターバリエーションの豊かさ。
女性が若さを売りにしていた時代はもう古い。
これからは妙齢女子の時代なのです。

…妙齢。
妙齢って何歳までなんだろうな…。

posted by 山田工作 at 20:35| Comment(0) | コミックス2018
Powered by さくらのブログ