2017年02月01日

トクサツガガガ 9巻

「トクサツガガガ」9巻を購読しました。



今巻ではまたもモデラーの野村氏が登場。
もはや準レギュラーと言っても良いくらいの活躍ぶりで、
自分のような模型初心者にとっては心強い味方です。

gagaga09_nomu01.jpg

今回野村氏のエピソードが伝えてくれるのは、
モノ作りに関するコストについて。

模型に限らず、何かを作るということは、
そのモノの値段だけでなく、ツール類や塗料などの材料費、
何より制作準備のための手間と時間がかかっているということ、
それを無視した創作活動は有り得ないのだということを、
野村氏は自身の経験を基に話してくれます。

何かをやりたい、作りたいと思った時、
それをどのようにやるか考え、必要なものを準備する、
その手間とコストは、結構バカにできないものです。

gagaga09_nomu.jpg

「ものを作るのは、
 この軌道に乗せるまでの助走が、
 本当に大変なんですよ」

とても実感のこもった、良いセリフだと感じました。
自分も多少は造形をしている身として、
準備期間の大変さや面倒さは分かります。

考えてみれば、漫画というモノこそ、
下準備や資料集めなどにとても手間ヒマがかかるものでしょう。
このセリフからは、丹波先生の心情も伺えるような気がします。

一方で北代さんからは、こんなセリフが語られます。

gagaga09_shiro02.jpg

「作ったモノから、
 人の内面決めるなんて、
 下品な話だよ」

これもまた確かなことでしょう。

制作物は制作者の一部ではあるけど、全てではない。
そんな、ほんの一部分から相手の人間性を推し量り、
勝手に決めつけることは、とても失礼なことである、と。

野村氏のセリフも北代さんのセリフも、
どちらも自分の身に置き換えてみれば実感できることであり、
普段は気にしていないそういった考えに気付かせてくれるあたり、
相変わらずこの作品は名言に溢れているなあと感心させられます。

gagaga09_shiro03.jpg

北代さんは他にも、夢を追うことに対する現実のシビアさや、
どうにもならない現実を淡々と受け入れざるを得ない、
オタクを続けていくことの業の深さを教えてくれたり、
学生時代のセーラー服姿を見せてくれたり、
食事時にシュシュで髪をアップにした姿が可愛かったりと大活躍。

gagaga09_shiro01.jpg

登場初期と比べ、とても魅力的になってきている北代さん。
基本的にはそっけなくつっけんどんですが、
正直に自分の意見を述べてくれる姿勢は信頼でき、
優しくも厳しい吉田軍曹に対し、
厳しくも頼れる北代姐さんといった感じです。

仲村さんに、特撮をより楽しむコツを教えてくれる吉田さんと、
オタク趣味を続けていくための心構えを説く北代さんという風に、
役割の違う、物語とナカムラを支える両輪として、
この作品になくてはならないキャラになりました。

こうして、キャラの魅力が増していく作品というのは、
読者である自分もそのキャラと時間を共有したような気がして、
より一層その作品が楽しく感じられて良いですね。


とても魅力的なキャラ揃いの「トクサツガガガ」ですが、
個人的に、今後登場シーンが増えて欲しいキャラが一人。

gagaga09_yuki.jpg

仲村さん北代さんの同僚、ユキちゃん。
今巻でもチョロっと登場はしましたが、
セリフで友人の名前を間違えただけ、という有様でした。
(この誤字が増刷時に訂正されるかも気になるところですが)

彼女は今のところオタク枠ではなく一般人扱いされていますが、
好きなアイドルが出てるだけで全く興味のない特撮を見たり、
その特撮で好きになった俳優さんが既に引退していても、
わざわざ過去作品を探してまで見ているあたり、
充分オタク的な素養があるように思えます。

仲村・吉田連合と北代さんが、
それぞれの沼に引き込もうと画策する中で、
ユキちゃんがガチオタ勢と一般人との間の架け橋のような、
そんな重要な役割を果たすようになるのではないか、
そうなったら良いなあ、と思っています。

今巻の最後で、吉田さん宅でお泊まり会をする話があり、
そこに集った四人はみな、スリムな体型でありました。

gagaga09_4l.jpg

漫画として、キャラの見栄えを良くするワケは分かります。
仲村の同僚の白石さんたちもやはりスリムであり、
登場する若い女性キャラのほとんどがそうである中、
ぽっちゃり型のユキちゃんは、ある意味希望の星なのです。
(他にはチェルダもややふっくらしていますが、
 彼女は 幼児体型 まだ発育途上なのでしょう。)

ぽっちゃり型の女性キャラは人気が出ないというのが、
漫画やアニメ、ゲームに実写とジャンルを問わず一般的ですが、
今の時点でも一定程度の需要はあると思いますし、
目に付く作品に出続けることにより、
見る人たちの好みも変化していくかもしれません。

世の中のふくよかな女性たちに希望を与えるため、
何よりぽっちゃりスキーな人たちのシアワセのため、
ユキちゃんの今後より一層の活躍を願って止みません。

世界よ、変われ!!
3年半ぶり2回目)
posted by 山田工作 at 20:13| Comment(2) | コミックス2017