2017年01月30日

ワイルド・フットボール + トモちゃんは女の子! 4巻

ワイルド・フットボール サッカー界の暴れん坊たち」を購読しました。



ミル」や「夕空のクライフイズム」の手原和典先生の作品で、
実在する有名なサッカー選手や監督を紹介する漫画です。

が、タイトルに「ワイルド」とあるように、
彼らの横暴で自分勝手な振る舞いに焦点を絞り、
サッカーが上手いからといって品行方正とは限らない、
一癖も二癖もあるアスリートたちの魅力を、
面白おかしく伝える内容となっています。

wildf_0.jpg

やはりサッカー漫画であった「クライフイズム」においても、
サッカー選手に関する小ネタや豆知識はたくさん出てきましたが、
その経歴や奇行の数々「のみ」に絞ったこの作品は、
その無駄知識っぷりとネタの濃さにおいて、
他のサッカー本とは一線を画した存在であると言えます。

wildf_i.jpg

スポーツバーの店員の間戸(カント)ナナさんと、
お店の客でサッカー通の荒井猛氏による会話形式で話は進み、
まるで掛け合い漫才を見ているかのように気軽な感じで、
サッカーについての豊富な(無駄な)知識を得ることができます。

wildf_nana.jpg

これを読んだからといってサッカーは1ミリも上手くなりませんが、
サッカーを見る目は、確実に変化することでしょう。
サッカーに興味がある人はもちろんのこと、
サッカーに興味が無い人にこそ読んでもらいたい一冊です。


「トモちゃんは女の子!」4巻も購読しました。



さ〜て、今巻のトモちゃんは。

「嵐の球技大会」

「トモちゃん昔話」

「海水浴だよ、全員集合」

の三本です。

次巻もまた、見て下さいね〜。 ンッガッグッグ!

・・・とまあ、昭和なネタをやってみましたが、
正直、公式サイトで全部読める状態ですので、
未見の方はそちらを見ていただくのが手っとり早いかと。

さて、今巻における主人公は、
間違いなくトモではなくジュンでした。

球技大会では相変わらずの面倒臭さを発揮して終わり、
昔話では面倒臭いジュンになるに至った原因が語られ、
海水浴では面倒臭さをさらに拗らせていました。

これまでのこの作品は、男勝りの強さを持つトモが、
幼馴染みのジュンに対して女としての好意を示すものの、
女性扱いされず悪戦苦闘するのが基本でしたが、
今巻ではジュン目線での、トモに対する戸惑いが描かれています。

強く、憧れの存在であったトモが、とても女性らしくなり、
逞しく成長した自分は、肉体的な強さではトモを超えつつある。
でも、人間的な面ではとてもトモを超えられそうにないし、
トモには憧れの存在でい続けて欲しいと望んでいる・・・

ジュンには、トモを女扱いすることへの禁忌が心の底にあり、
一方で、女性として魅力的になったトモが側にいて、
そんなトモを認める自分と認めたくない自分がいる。

いやあ、とても面倒臭いですね。

こういった登場人物の心情を知ることができるエピソードは、
ラブコメをより深く楽しむためには欠かせないですね。
巻末の描き下ろしでは、みすずの想いに関しても触れており、
今後より一層、人間模様に関するエピソードが増えそうな予感がします。

あと個人的に嬉しかったシーンは、
海水浴のシーンで、三船と小川の水着姿があったこと。
脇役であってもちゃんとサービスショットを忘れないこの姿勢、
見習いたいですね。
posted by 山田工作 at 21:29| Comment(0) | コミックス2017

2017年01月24日

うらたろう 2巻 + おしえて!ギャル子ちゃん 4巻

「うらたろう」2巻を購読しました。



ねじまきカギュー」の中山敦支先生の作品で、
週刊ヤングジャンプにて連載しています。
公式サイトからリンクをたどれば、
今なら三話まで試し読みができます。
未読の方はまずはそちらをどうぞ。
サイトの紹介文などから分かるように、
今回の作品は、架空の日本の中世を舞台にしています。

実は1巻も発売当初に購読していたのですが、
その時点ではあまり面白く感じられず、
ブログで紹介するのを控えていました。

続きを買うのもどうしようかと思っていたのですが、
ヒロインの平千代ちゃんのお尻があまりに素晴らしかったので、
とりあえず2巻も読んでみようと購読したところ、
グッとお話が面白くなってきました。

そもそも、何で架空の歴史モノにしたのかが解らなかったのですが、
壇ノ浦で平氏が勝つという、普通に考えたら有り得ない事態が起き、
その鍵となっているのが千代であることの説明が今巻にあったことで、
この作品の世界に入り込みやすくなりました。

世界をひっくり返すような出来事が起こり、
その鍵を握る人物がうら若き乙女であり、
その助けを求める声により男が目覚め、
その後二人は一緒に旅に出る。

コレ、すごくまっとうな冒険物語ですよね。
つまりこの「うらたろう」という作品は、
日本の中世を舞台にした、ヒロイックファンタジーなのです。

そして「世界をひっくり返す」ような出来事として、
「平氏が源氏に壇ノ浦で勝つ」ということは、
日本人にはとても分かりやすい有り得なさで、
架空の世界であることを説明する設定としては、
かなり優れた表現方法なのではないかと思います。

そこには人智を超えた力が働いており、
世界は混沌としていて、
妖怪や魑魅魍魎が跳梁跋扈し、
常識外れの能力を持つキャラたちが大暴れする。
とてもとても、ファンタジー漫画しています。

時代設定としては源平合戦当時のものを流用し、
登場人物にも同時代の歴史上の人物を当てはめることで、
歴史に詳しい人は激しいギャップによる衝撃を受け、
知らない人は「誰コレ?」と歴史に興味を持つきっかけとなる。
そういった効果を狙った架空歴史モノなのではないでしょうか。

例えば自分の場合、
2巻で登場した平教経について全く知らなかったので、
この人物について調べるきっかけをくれたというだけでもう、
この作品への感謝の気持ちでいっぱいです。

uratarou02_noto.jpg

惜しむらくは、今の時点で様々な魅力的なキャラが登場しているものの、
「カギュー」のようなオッパイキャラが登場していないこと。
まあこの点については中山先生はきっと放ってはおかない筈。
正座で期待して待ちましょう。


で、無いなら他の作品で補えば良いじゃない、
というワケでも無いのですが、
「おしえて! ギャル子ちゃん」4巻も購読しました。



こちらはもう何回か紹介していますし、
こちらでたくさん試し読みができるので、
もうアレコレと申し上げることはございません。

が、敢えて言うなら今巻ではオッパイに限らず、
いつもどおりの肉々しさに加えて、
眼鏡、
猫耳、
バニーガール、
お母さん、
といった要素がてんこもり。

中でも目を引いたのが、
競泳水着セーラー服
という離れ業。
河合克敏先生の「柔道着ブルマ」にも匹敵する、
圧倒的な存在感を放っておりました。

コミックスでしか読めない描き下ろしも満載で、
しかも今回は「Scale Aviation」という模型雑誌に掲載された、
映画についてのショートストーリー漫画まで収録。
とても充実、大満足の一冊でした。
posted by 山田工作 at 19:55| Comment(0) | コミックス2017

2017年01月17日

愛気-S 7巻

「愛気-S」 7巻を購読しました。



前巻でカサンドラに敗れたヴェロニカですが、
今巻ではそれなりに元気な姿を見せてくれて安心しました。

aikis07_ver02.jpg

胡座をかく行儀の悪さも相変わらず。
こうして胡座に腕組み、日本刀を自分に立て掛けている姿は、
まさに女五ェ門と言えますね。

「S」になってから後ろで束ねていた髪も下ろし、
以前の雰囲気が強く漂う感じになりました。
強さと美しさを併せ持ち、ラスボスとして君臨していた、
かつてのヴェロニカが戻ってきたかのようです。

aikis07_ver01.jpg

巨女好きとしてはカサンドラはイチオシなのですが、
それとは別にヴェロニカも大好きなキャラなので、
負傷からの回復が早かったのは嬉しいトコロです。
しかし今巻ではカサンドラもヴェロニカも大した活躍は無し。
その点では残念でした。

主役格の活躍場面は少なかったものの、
ライバルキャラたちの動きが活発になってきたり、
運営側も繰り出す戦力を次々と強化してきたりと、
ストーリーがずんずんと進んでいく巻でした。

こうなってくると気になるのが、ボスキャラの存在。
これまでを振り返ってみると、大学編では烏丸大基、
東欧編ではヴェロニカというラスボスがいて、
それを國俊が倒すことでエンディングを迎えました。

それが「S」になってから随分経ちますが、
今のところそういったキャラは見あたりません。

大会の運営側はアレコレと実験を繰り返していて、
次第に歯応えのあるキャラが登場してきてはいますが、
正直科学的に作られた格闘家がラスボスとなるか?
と言われれば、これまでの展開上ちょっと疑問です。

カサンドラはかなり國俊と互角に渡り合えてましたし、
黒月のリーダーの実力もまだまだ未知数といった感じ。
自身の立場をあまりはっきりさせずにいる相鉄もいて、
いろんな思惑が渦巻いていることからしても、
今までのように一対一での対決で決着、
とはならないのかもしれません。

まあ、アレコレ想像するのは楽しいのですが、
やはり本編をじっくり読むのが何よりの楽しみ。
ここは腹を据えて、じっと続巻を待つことと致しましょう。

posted by 山田工作 at 19:07| Comment(0) | コミックス2017

2017年01月15日

篠崎さん気をオタしかに! 8巻

「篠崎さん気をオタしかに!」 8巻を購読しました。



今巻は、ちょっとヤバいですよ。

何がヤバいって、本表紙&裏表紙がヤバい。

カバーイラストは三人娘が仲良く歩く可愛らしいモノですが、
そのカバーを取り去ると、表紙には秋菜ちゃんのビキニ姿が、
裏表紙にはみーちゃんの猫耳&スク水姿が。

自分は新刊コミックスを読む際には、
カバーを外して読むことが多いのですが、
同じような行動傾向がある方々は注意が必要。
ファンとしてはとても嬉しいイラストが、
家族会議のタネになりかねません。
とんだデンジャラスシードであります。

さて、肝心の今巻の内容はというと、
魅力的な水着姿を披露してくれた御両人、
秋菜とみーちゃんが大活躍。

秋菜はクイズ大会で活躍したり、
バレンタインチョコレートを作ったり、
二次創作の小説を書いたりと、さすがの主役っぷり。

以前ツイッターで自分の好きなキャラの一例について述べたのですが、
美人で、才能に溢れ、努力家でもあるあたり、
秋菜ちゃんも結構当てはまっているような気が。
オタクを否定し、必死に非オタであろうとし続けているあたりも、
自意識の高さゆえと言えるかもしれません。

泣いたり笑ったりオタオタしたりと、
とても表情豊かで活動的な秋菜に対して、
みーちゃんはあまり大きく感情表出することはなく、
楓の後ろで一歩引いていることが多かったのですが、
今巻では目覚ましい活躍を見せてくれました。

今巻の最後の方で、三人娘で同人イベントに参加すべく、
二次創作の同人誌を作ることになるのですが、
そこでのみーちゃんは、敏腕編集者として辣腕を振るいます。

otashikani08_michan02.jpg

これまで、ゲーム大好きで腕前も達人級だったり、
料理もスゴ腕だったりという特徴が描かれていましたが、
今巻では更に新しい魅力の扉を開いてくれました。

otashikani08_michan01.jpg

裏表紙でのスク水姿でもそうでしたが、
みーちゃんには猫耳がとても良く似合いますね。

この同人誌を製作するエピソードは、
今なら公式HPで読むことができます。
「第42話 三人寄れば」というお話がソレです。
この機会に未読の方は是非読んでいただいて、
新たな扉を開いて頂ければと思います。
posted by 山田工作 at 22:36| Comment(0) | コミックス2017

2017年01月07日

ファミコン版ファイナルファンタジー

皆様、新年明けましておめでとうございます(遅い)。
今年も早や一週間ほどが過ぎましたが、
どのような年の明け暮れでしたでしょうか。

去年の最終更新は12月28日だったのですが、
その後、2016年はほとんどゲームについて触れていなかったなあと思い、
ここはひとつ、年末年始にゲームをクリアしてみようという気になりました。

何をしようかと考えていた時、3DSが目に入り、
そういえば前に、FC版ファイナルファンタジーを購入したけど、
オープニングを見たところで満足してしまい、
その後を遊んでいないことを思い出しだしました。
せっかく買ったのだし、これをクリアしようとプレイし始めたのが30日。
結局年末年始の休み中には終わらず、今日やっとクリアできました。

この初代ファイナルファンタジー
昔ファミコンでプレイしクリアもしてるはずなのですが、
あまりに久々に遊んだためか、かなり忘れている部分が多く、
それ故、とても楽しく遊ぶことができました。

ネットにより攻略情報が手に入りやすくなっていたため、
パーティ編成や装備の整え方、魔法の覚え方などについては、
地雷的なモノを避けた攻略優先使用で楽々プレイ。

ややモッサリしたボタン反応や、隊列変更の煩わしさ、
戦闘では自動ターゲット切り替えがされなかったり、
回復アイテムの大量購入が面倒くさいなど、
システム面での難点はいくつかありましたが、
昭和のTVゲームとしては良く考えられたユーザーインタフェースで、
結構快適に遊ぶことができました。

話の進め方についても、行動範囲が上手く制限されており、
街の住民(NPC)のメッセージをちゃんと聞いていけば、
特に迷うことなく進行していけるようになっています。

当時モノの雰囲気を味わうために、
出来るだけNPCと話すようにしましたが、
ヒントメッセージの散らせ方はかなり秀逸なように感じました。

船やカヌー、飛行船など移動手段が増えても、
それぞれの行動制限が上手く効いていて、
どこに行ったら良いかが割りとわかりやすい。
敵の強さのインフレ具合も丁度良く、
ほとんど経験値稼ぎをする場面も無くクリアできました。

クリア時のレベルは全員25。
パーティの面子は戦士シーフ赤魔モンク。
これらのキャラが戦闘のたびにチャカチャカ動き回る、
サイドビューの戦闘シーンが可愛らしくも楽しい。
勝った時のアニメーションやファンファーレが良い。

何よりBGMが素晴らしく良い。
ファミコンの音数の少ないピコピコ音ながら、
ゲームに合った、とても雰囲気の良い曲ばかり。
中でも「浮遊城」の曲がお気に入り。

エンディングも味があって良い。
ナレーションにグッとくる、渋い演出。
そしてこれが心に染みるのも、最後まで通してプレイしたからこそ。

改めて、ゲームを遊ぶことの楽しさと、
ファミコンの魅力に気付かされた経験でした。



う〜ん、Uもやりたくなってきたなあ。
posted by 山田工作 at 23:24| Comment(0) | ゲーム