2016年12月28日

サヤサヤ サヤサヤ サヤサヤ サヤサヤ サ ヤ 遠 藤

以前の記事で、クイズを出したことがありました。
それから随分間が空いてしまいましたが、
これを放っておいては年が越せぬ、
ということで答え合わせです。

記事での画像ヒントが「駄菓子」なだけに、
ここで借りていた作品は「だがしかし」。
週刊少年サンデーに連載中の作品で、
アニメ化もされている人気作です。

dagasi04_saya02.jpg

駄菓子をネタの中心に据えたギャグの多い作品で、
基本、駄菓子一つにつき一話の構成になっています。
ギャグの前提として駄菓子についての豆知識が描かれたり、
ギャグだけでなくラブコメ要素もかなり多く、
読んでみたらとても自分向けの作品でありました。

dagasi03_saya03.jpg

駄菓子についてはその基礎知識に留まらず、
その商品が生まれるまでのエピソードや、
ただ食べるだけでなく独自の楽しみ方を紹介したり、
駄菓子あるあるなど様々な情報が語られるため、
駄菓子好きに限らず、雑学好きな人にもおすすめできます。

dagasi02_saya02.jpg

ギャグは日常系で、クスッと笑えるようなものが多く、
ラブコメについては今のところ随分と淡い、
恋愛と呼べないような段階の表現に終始しているので、
シリアスな恋愛描写も、過剰なお色気要素も無く、
ある意味安心して、気軽に楽しめる作品となっています。

dagasi03_saya04.jpg

出てくるキャラクターたちは高校生が多いのですが、
コトヤマ先生の絵の上手さもあってとても魅力的。
中でもメインヒロインの枝垂ほたる嬢はデザインも秀逸で、
早速フィギュア化されるほどの人気です。

dagasi03_saya08.jpg

ところで先ほどから同じ女の子の画像が続いていますが、
実は彼女が枝垂ほたる、というワケではなくて、
主人公である高校生、鹿田ココノツ君の幼馴染みで、
彼にほのかな恋心を抱いている、遠藤サヤ嬢です。

dagasi01_saya01.jpg

枝垂ほたる嬢のように目や胸が大きいワケではなく、
どちらかと言えば地味目な外見ですが、
何と言うかそれが独自の魅力を醸し出しています。

dagasi03_saya05.jpg

小さめな瞳や八重歯が可愛く、
本人も気にしている控えめな胸も愛おしい。
ココノツが最大の魅力として「お尻」を挙げるほどの、
枝垂ほたる嬢とは違う方向でのスタイルの良さがあります。
家業の喫茶店の手伝いをしているシーンが多く、
エプロン姿も魅力的です。

dagasi02_saya03.jpg

子供の頃からココノツのことが好きで、
でもそれをあからさまに表に出すことはせず、
ココノツの方でも気づいてか知らずかはっきりせず、
それでもずっと仲良く一緒にいるという、
奥ゆかしくもいじらしい女の子であります。

dagasi03_saya01.jpg

また、とても器用で、駄菓子を使った遊びや、
メンコやけん玉などの腕前は達人級で
ほたるが敬意を込めて「サヤ師」と呼ぶほど。

dagasi05_saya01.jpg

ココノツと親しくしているほたるに対して、
恋のライバルとして警戒する風でもなく、
あくまで自然体で接している様子もポイント高し。
やたらな「恋愛脳」でないところが良いですね。

dagasi05_saya03.jpg

「だがしかし」自体とても面白い漫画ですが、
こうしたお気に入りキャラがいたことによって、
余計に楽しく読むことができます。

喜びのあまり、今回こんな構成の記事となりましたが、
サヤ師の魅力が少しでも多くの方に伝わることを期待しています。

dagasi01_saya02.jpg

今まで知らなかった作品を気軽に読むことができるだけでなく、
新たにお気に入りのキャラまでできてしまったあたり、
レンタルコミックスの効果は抜群だと言えます。
少なくとも自分にとっては。

以前の記事では5巻で全部と書きましたが、
その後6巻が発売されました。
その6巻において「第一部完」と言うような展開となっているので、
今なら6巻までまとめて読むのに良いタイミングかもしれません。
この機会に未読の方は借りてみてはいかがでしょうか。



折しも年末年始。
それほど休みが多いワケではありませんが、
いつもよりはゆっくりできる時間があります。

また何か、興味のある作品をまとめて借りて、
新たな発見や出会いがあれば良いなと思っています。
posted by 山田工作 at 21:05| Comment(2) | 漫画

2016年12月19日

乙嫁語り 9巻

「乙嫁語り」9巻を購読しました。



まず、厚い。
今までで一番の厚さです。
表紙のパリヤが掲げる大量のパンが、
この本の持つ熱量を示しているように見えます。

それにしても、今巻の表紙のパリヤの表情が良い。
と言うか前巻でもそうだったのですが、
これまでの「乙嫁」の表紙を飾ってきた女性たちは、
笑顔だったりすまし顔だったりと、とてもグラビアぽかったのに、
パリヤだけは、必死な感じの表情を浮かべています。
これだけでも、今までの乙嫁たちとは一味違うぞ、
といった感じが充分伝わってきますね。

otoyome09_pari01.jpg

結構重要な役割を持っていたパン。
中央アジアのこういったパンはどういう味なのでしょう。
絵の上手さと描き込みの凄さが説得力に繋がり、
自然とこういった興味も湧いてきます。

さて今巻では、素直に好意を現したいのに、
どうしてもウマルに対して素直になれないパリヤが、
それでも自分なりに努力し、七転八倒し、
自分一人でなく周りの人たちからの助けも借りて、
自分の力で幸せを掴み取ろうと頑張っており、
とても力強く、そして胸がキュンキュンするような、
上質の物語が展開されています。

otoyome09_pari02.jpg

ウマルに請われて歌を歌うパリヤ。
特にここはとても良いシーンでしたが、
今まで歌など歌ったことは無かったので、
意外性のあるシーンでもありました。

パリヤは初期の頃から登場しているキャラで、
ずっと見ていてその人となりを良く知っているキャラだけに、
彼女の性格の変化をじっくりと読むことができたのは幸いでした。
彼女の新たな魅力を知り、変わらない魅力的な部分が再確認でき、
そんな彼女の周りに集った女性たちの様子などを見ていると、
長き連載の果てに、ようやく報われたような感じがして、
我がことのように嬉しくなりました。

otoyome09_pari03.jpg

また、巻頭では番外編の四コマ漫画が収録されており、
ここでは今まで登場したキャラたちについて、
ポンチ絵風に描かれていたのがとても可愛らしく。

otoyome09_azel.jpg

いつもはキリリと凛々しいアゼル兄さんも、
何だかちょっとカワイイ感じに。

この番外編では、今後本編では触れることの無いであろう、
今までの乙嫁たちが描かれていたのが嬉しかったです。

otoyome09_tarasu.jpg

特にタラスさんのエピソードがあったのが良い。
とても好きなキャラクターなので、
せめてもう一度だけでも本編に登場しないかなあと、
強く願うところであります。

今巻では作品紹介のペーパーが封入されていたのですが、
その中の「ふしぎの国のバード」の佐々大河先生との対談では、
何故19世紀の中央アジアを舞台に選んだのかが語られ、
いかにその魅力を伝えるべく執筆に望んでいるか、
森薫先生の作品造りの姿勢を知ることができました。

今後ハルタ本誌では3号に渡る休載期間を取り、
それを作品のための勉強時間にあてるとのこと。
「乙嫁」はハルタの看板作品なだけに、
休載は編集部としては痛いところでしょう。
それでも、より良い作品とすべく作者は努力することを望み、
編集部はそれを受け入れたワケです。
これは本当に素晴らしいことだと思います。

漫画好きのいち読者としては、
作品が面白くなるためであれば、休載も別に気になりません。
むしろ、努力もいいけれど、しっかり休んで欲しいとも思います。

自分にとって面白い漫画というものは、
宝石や美術品にも勝る存在であり、
それを作り出す漫画家というのはもう至宝というか、
何者にも代えられない存在です。

面白い漫画に対しては常に、
いつまでも読み続けたいと思う一方で、
何より無事に終わりを迎えて欲しいと、強く願います。

どんな名作であっても、漫画家が無理を続け、
それゆえ漫画が描けなくなる事態となってしまうなら、
これほど悲劇的なことはありません。

今も昔も、執筆途中で亡くなったり、
体を壊して執筆活動を続けられなくなる漫画家は絶えません。
どうしても創作活動を生業とする人たちは、
仕事にのめり込んでしまう傾向があるのでしょう。

そういった事態を招かぬよう、
漫画家には十分な休養を取って欲しいと思いますし、
編集部には十分な配慮を行ってもらえればと思います。

漫画に関わる全ての人たちが、漫画により幸せであることを願います。
posted by 山田工作 at 20:24| Comment(0) | コミックス2016

2016年12月13日

早乙女選手、ひたかくす 1巻

「早乙女選手、ひたかくす」1巻を購読しました。



週刊ビッグコミックスピリッツにて連載中の作品で、
こちらで第1話の試し読みが出来ます。

高校女子ボクシングの関東大会覇者にして、
東京五輪の日本代表が狙えるほどの逸材である、
早乙女八重さん(17歳)が、
同じボクシング部に所属する同級生の男子、
月島サトル(16歳)に告白するところから始まるこの作品。

saotome01_yae01.jpg

第1話の最初のほうを読むだけでも分かるのですが、
ほぼ出オチのような展開をしており、
一風変わったラブコメであることを予感させてくれます。

女子の方が学校で目立つ存在であること、
同級生だけど男子の方が背が低いこと、
二人とも同じスポーツをしていることなど、
富士山さんは思春期」と似ているところが多くあるのですが、
両作品の雰囲気や方向性は大きく違っています。

何より違うのは、「早乙女選手」の方では、
女子から男子に、「ちゃんと」告白しているところ。

「富士山さん」では、男子の上場くんの方から、
「俺たち付き合わね?」と提案していますが、
その時点では富士山さんに「好きだ」と告白したワケでは無く、
上場くんも富士山さんも、お互いの淡い好意に気づいていて、
それで何となく付き合い始めています。

それに対して「早乙女選手」では、
八重さんはサトルくんにちゃんと「好きです」と告白しています。
女子の方から告白したことも含め、
付き合うことに対して積極的なのは八重さんの方なのです。
そんな八重さんからの強い好意に対して、
サトルは強い戸惑いを見せます。

自分が冴えない存在である自覚のあるサトルと、
女性としての魅力に自信のない八重さんの、
お互いの気持ちがすれ違った時の激しい空振りっぷりと、
上手く繋がった時の甘酸っぱさのギャップが、
ラブコメとしてのこの作品の見所のように感じました。

saotome01_yae03.jpg

「富士山さん」でのヒロイン、富士山牧央は、
バレー部のエースとして新聞に載るほどではありましたが、
学校内では背の高さもあってそこそこ有名だったものの、
校外で広く知られる存在ではありませんでした。

それに比べて八重さんは、ボクシングが強いだけでなく、
容姿端麗、学業優秀なため学校内での人気もあるばかりか、
オリンピックを狙える存在として地域を挙げての応援を受ける、
世間的にもかなり注目度の高いヒロインです。

そんなハイスペックな彼女が、
部活仲間とはいえ、あまりパッとしない存在のサトルに、
なぜ自分から告白するほど好きになってしまったのか。
その辺については今巻では触れられていないため、
今後どのように明らかにされていくのか気になるところです。

落ち着いた雰囲気でゆっくりと進行していた「富士山さん」に比べ、
パワフル且つダイナミックに進展していく、八重さんとサトルの仲。
似たような設定のラブコメながら、作風の違いが大きい両作品。

saotome01_yae02.jpg

とは言え、自分なりの比較対象として並べたまでで、
「富士山さん」を読んでいなくとも充分楽しめる作品です。
「富士山さん」を読んだことがある方が、
この記事をきっかけに興味を持ってもらえれば幸いですし、
逆もまた然り、です。

試し読みの第1話だけでもかなり面白い作品ですので、
それが少しでも心にフックしたなら、
続きを読んでもらえれば幸いです。

ボクシングだけに。

・・・えー、さて。
八重さんがとても魅力的なのは確かなのですが、
それ以外に、個人的に一番気になったのがサトルの姉。

saotome01_satoruane01.jpg

下着の肩紐を直しながらリビングに出てくる、
ちょっと油断しがちな、だらしな系の姉キャラ。

彼女が登場するのは、登校前の朝にサトルが、
自分と八重さんの弁当を作っているシーンなのですが、
サトルが家事得意系男子であることが分かるだけでなく、
サトルの姉が複数の弁当を作っている弟に対し、
何か過去にあった風な心配を見せる重要な場面であり、
尚且つその姉が、だらしな系ではあるものの、
弟想いの魅力的な女性であることも示す、
物語における超重要ポイントでもあるのです。

saotome01_satoru01.jpg

何故サトルは料理が得意なのか。

弁当にまつわる、サトルの過去の話とは何か。

そもそもずっと付けてる鼻の絆創膏のワケは。

サトルのお姉さんの年齢は?職業は?

ひょっとして二人暮らしで家事はサトルが担当で、
お姉さんが稼いで養ってるとか?

こんなに謎が多い現状としては、この作品が長く続き、
全ての謎が解明されることを願って止みません。
posted by 山田工作 at 20:17| Comment(0) | コミックス2016

2016年12月07日

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX ~The Laughing Man~ 4巻

「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX ~The Laughing Man~」4巻を購読しました。



笑い男」シリーズの最終巻ですが、
今巻では、笑い男事件とは何だったのかということに加え、
STAND ALONE COMPLEX」の意味についても説明されています。

なぜ「笑い男」事件は起こったのか。
それに社会はどう反応したのか。
「STAND ALONE COMPLEX」とは何か。
全てがこの巻で明らかになっています。

ページの柱部分を使った説明書きによって、
この漫画版がアニメ版とは大きく違っていることも分かり、
漫画版を最後まで読んだことで、アニメ版にも興味が出てきました。
と言うか、アニメ版を見るのは漫画版を最後まで読んでから、
と決めていたので、これでようやく見ることができます。

saclm04_two.jpg

いずれにせよ、トグサを主人公に据え、
特別に格好良いトグサが活躍する「笑い男」はこれにて終わり。
エピソード「STAND ALONE COMPLEX」も終了となり、
衣谷遊先生の描く美麗な草薙素子少佐も見納めです。

「攻殻機動隊」自体は士郎正宗先生の原作漫画しか知らず、
他の作品は漫画もアニメも見たことはありませんでした。
このSACシリーズを読み始めたのは、
ひとえに衣谷先生が描いていたからで、
もうこれで見られないのはとても残念です。

S.A.C. 2nd GIG」もコミカライズされないかなあ、
もっと衣谷先生の描く9課の面々が見たいなあと、
最終巻を読み終えて、つくづく思う次第です。


saclm04_one.jpg
posted by 山田工作 at 21:34| Comment(2) | コミックス2016

2016年12月02日

猫のお寺の知恩さん 2巻 + 犬擬人化漫画略して犬漫画 1巻

「猫のお寺の知恩さん」2巻を購読しました。



1巻と変わらず、ゆったりとした時間の流れで、
お寺での知恩さんと居候の須田源くん、おばあちゃん、
そして猫たちと犬の生活が描かれています。

コミックナタリーでの紹介では「ラブコメ」と書いてありましたが、
今のところはあまりラブがコメっている感じは少なく、
どちらかと言えば「環境漫画」といった趣(おもむき)。
背景の書き込みや、ゆったりとした話の流れが素晴らしく、
漫画を「読む」というだけでなく、
絵本を「眺める」ような楽しさがあります。

chionsan02_neko1.jpg

いたる所に猫がちょいちょい登場するのも尚良し。
今巻では猫の名前とその由来も載っていました。
かなり適当に名付けられているのが可笑しい。

chionsan02_chion01.jpg

知恩さんが魅力的なのも相変わらずで、
今巻ではフォーマルな姿が見られたり、
だらだらゴロゴロ姿も見られたりして、
いろんな姿を見せてくれました。

chionsan02_neko2.jpg

ここで知恩さんが手にしているゲーム機に注目。
ゲームボーイアドバンスSPですね。
スマホを持っている源ちゃんが「懐かしい」と言ってますが、
自分としてはワリと最近のゲーム機のような気がしているので、
10代の登場人物たちとの年齢の差に、ちょっと目眩がします。
意外なところで自分のトシを実感させられました。

chionsan02_chion02.jpg

そういえば、お尻漫画であるのも相変わらず。
隙あらばどんな構図であっても尻が描かれます。
初登校する源ちゃんを送り出すシーンですらこの有様。

必要以上に尻。
やたらに出てくる尻。
素晴らしい。

源ちゃんの高校生活がスタートして、
同級生や学校の先生など、学校関係の登場人物が増えました。
今後はお寺での生活よりも学校の方が多く描かれるのでしょうか。
源ちゃんと、他所モノの源ちゃんをすんなり受け入れた同級生たちの、
かなり親しげな交流がとても楽しそうだったので、
学生生活が描かれるならそれはそれで楽しみです。

chionsan02_gen01.jpg

富士山さんは思春期」では富士山さんと友達の交流が描かれ、
女の子同士のキャッキャした感じがとても良かったのですが、
「知恩さん」では源ちゃんとその友人ということで、
男子高校生のじゃれ合いが描かれることでしょう。
基本、この年頃の男子というのはバカなので、
どんな風に描かれるのか、とても楽しみです。

また、今のところは少ないものの、
ラブコメ部分についても注目していきたいところ。
若い男女が一つ屋根の下で暮らしているのですから、
いろいろなハプニングが起ころうというもの。

chionsan02_gen03.jpg

中には色っぽいエピソードもあるでしょうし、
ラブがコメってくることもあるでしょう。
ゆったりと読む漫画としての「知恩さん」も好きですが、
ラブコメ漫画も大好きなので、そういう展開はむしろアリ。

chionsan02_gen02.jpg

今後どういった感じのお話になるのか。
とても楽しみです。


「犬擬人化漫画略して犬漫画」1巻も購読しました。



極楽鳥さんがツイッター上で発表していた漫画が、
コミックスとしてまとめられ発売されました。
自分が好きな作品がこんな風に世に出るというのは嬉しいことです。

ネット上にはたくさんの漫画が公開されていますが、
自分好みな作品と出会えるかどうかは、結構運に左右されます。
その中でもツイッターで描かれる漫画というのは、
ツイッターをやっているだけでなく、
大量のツイートの中から検索して見つけるか、
自分がフォローしている人のリツイートで見つけるしかないため、
よっぽど巡り合わせが良くなければ見ることはありません。

それがこうして書籍として発売され本屋に置かれれば、
多くの人の目に留まることができます。
また本を紹介するウェブサイトなどで記事になれば、
より多くの人たちが、作品の存在を知ることになります。

現在、ツイッターで発表されたものはtogetterでまとめられており、
そこで大半のものは読むことができますが、
書籍化により、より多くの人に知ってもらうことができるのです。
それが嬉しい。

また、ツイッターではバラバラの状態でアップされていたのが、
こうして書籍にまとめられると、とても読みやすくなります。
手書きの台詞が写植になっている点は、
作品の持つ味がちょっと薄れてしまってるようにも感じますが、
これも読みやすさ優先のためでしょうし、
何より「いかにも商業誌」という感じがして良いです。
本なので、ネットに繋がってなくても気軽に読めるのもマル。

今の時点でまとめられている量がかなり多いため、
1巻程度では全然収まりきっていません。
正直、読むだけならtogetterで良いワケですが、
今後もちゃんと書籍化が進んで、続きが読めるよう、
応援の意味も込めて購読しました。

この本が売れて、以下続刊となることを強く願っております。
posted by 山田工作 at 19:40| Comment(0) | コミックス2016