2014年06月26日

シンリャクノキセツ

「シンリャクモノデ」2巻が発売されました。



前巻に引き続き、様々な侵略模様が描かれています。

作者の竹本泉先生は、大ベテランながら、
次々と新しいことにチャレンジし続ける漫画家でもあります。

チャレンジの仕方も、物語の展開の仕方であったり、
設定であったり、漫画の表現方法であったりと、
非常にバリエーションに富んでいます。

しかも、そういった、ある意味とっぴょうしも無いことをしていながら、
独自の世界観はきちんと保たれているのがスゴイところです。

時にそのチャレンジが、あまり上手く掲載誌やその読者にハマらず、
短命で終わってしまう作品もありますが、
そういった作品が、むしろ味わい深く感じることもあります。

最近の作品では、「ながるるるるるこ」がそれにあたり、
時間軸をずらしまくったストーリー展開や、
普段は侵略者であるサールスの見せる温かみなど、
面白さを感じるポイントがたくさんある作品でした。

「女の子が宇宙を漂流」という、絵的にも内容的にも、
どうにも暗くなりそうなテーマではありましたが、
竹本先生の作風により、終始脳天気な雰囲気だったのも○(マル)。

「シンリャクモノデ」も、侵略という言葉の響きとはほど遠く、
いつもの「竹本泉ワールド」なので、そういう点では安心です。

さて、今巻で一番気になった女の子は、
シンリャクソノ8に登場した、小田原塔都(とうと)さん。

小田原塔都

黒髪ロングストレートで、前髪は7:3分け。
そしてメガネ。
可愛らしさやお色気は感じさせませんが、
主人公の友達ポジションで登場し、
主人公よりも積極的に男子に絡んでいったあたり、
竹本先生の昔の作品「ひまわりえのぐ」に収録されている、
「右手にげんこつ左手にはなまる」の、峰岸冴子さんに通じる魅力があります。

峰岸冴子

彼女の場合、最初は脇役として登場したものの、
その後ヒロインとして描かれるという展開があったので、
塔都さんについても、今後主役回があるかもしれません。
期待しましょう。

また今巻では、「てきぱきワーキンラブ」のお話もあり、
いつもの3人組が登場します。

3人の中でもナオミは特に好きなキャラなので、
うれしい登場でありました。

シンリャクモノデ 2巻

ナオミは、太い眉毛と肩胛骨が魅力です。

あとがきで触れられていますが、「てきぱき」の連載開始が約20年前。
それだけ昔のキャラが登場し、活躍できるのが竹本ワールドの魅力でもあります。

1巻で登場したお気に入りのキャラである真弓有希子ちゃんも、
今後また活躍の場が与えられる可能性だって、十分にあります。

2年でも5年でも10年でも、
待ち続けたい所存でありマス。
posted by 山田工作 at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス2014

2014年06月24日

イブニングツー

最近購読したコミックスをご紹介。

「少女ファイト」 11巻



最近、イブニング誌での連載が、
月イチから毎号掲載へと変更になった少女ファイト。

・・・本当に大丈夫なのでしょうか?

月イチの時ですら休載の多かった作品だけに、
無理がかかってしまわないか、とても心配です。
最近の、イブニング誌自体の方向性も心配ですが・・・

さて今巻では、練たちが参加する全日本女子の合宿が、
物語の主たる舞台となっています。

高校生レベルではスーパープレイヤーである練や隆子も、
日本代表のバレーボール選手が相手では子供扱い。

そんな、想像を絶するレベルの壁にブチ当たった時、
それぞれが抱える課題や、精神的な問題点が露わになり、
そういったものをどう乗り越えていくのかが、
今巻での大きなポイントとなっています。

これまで、練と隆子の困難への対処の仕方は、
とにかく自分の力で何とかするというものでしたし、
基本的にその考えは根底にあります。

ですが、黒曜谷での様々な経験を経てきた練は、
自分一人で問題を抱えているだけでは、
その解決は難しいということに、何となく気付いています。

少女ファイト 11巻

バレーボールがチームスポーツである以上、
プレー上の課題は、チーム内でオープンにし、
メンバー同士で共有しなければ克服できない。

同じように、人間関係の問題というものは、
どれだけ自分が悩み、行動してみたところで、
相手がいることなのだから、どうにもならない事がある。

それよりも、お互いに問題点を話し合う、
自分の抱えている問題を相手に、周囲に伝えることで、
問題の共有ができ、何か変わるかもしれない。
自分では気が付かなかったことを、教えてもらえるかもしれない。
より深く、自分を、相手を、人間を知ることができるかもしれない。

チームスポーツというのは、身体能力や技術だけでなく、
コミュニケーション能力、人間関係といったものが、
その活動に大きく関わってきます。

そういったことに眼目を置きつつ、
バレーボールに関する知識も豊富に盛り込み、
迫力あるバレーの描写が成されているのが、今巻の見所。

練と隆子は、その実力の高さゆえ、
高校バレーでは本気度がかなり抑えられていましたが、
この合宿では、全開で、必死になってプレーをする様子が描かます。

練と隆子

やはりバレーのシーンこそが、この作品の華だな、と思った次第。


「オールラウンダー廻」 14巻



とは言え、人間関係の妙が醸し出す味わいも、
漫画を読む上での楽しみなのもまた確か。

ことにそれが、色恋沙汰に関するものであれば尚更。

オールラウンダー廻 14巻

廻を巡り、熱い火花を散らすマキちゃんと三ツ矢。

この作品のヒロインは廻なのだなあと、
改めて認識した今巻でありました。
posted by 山田工作 at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス2014

2014年06月23日

タミヤのリューター

リューターが欲しくなったので、モノは試しと、
タミヤの「電動ハンディリューター」を購入。

電動ハンディドリル」は以前から愛用していましたが、
それと同じく、組み立てキットになっているので、さくっと組み立て。
簡単な構造でパーツ数も少ないので、
慎重に作業しても、出来るまで1時間とかからないでしょう。

今回は、リューターキットと一緒に、ボールベアリングも購入。
キットに付属の軸受けは樹脂製なのですが、
ネットで情報を集めてみると、ボールベアリングに交換している人が多く、
ならば最初から組み込んでしまおうと用意しました。

このベアリングは、11ミリ径で幅4ミリ。
ミニ四駆などのタミヤ製品に多く使われるサイズなので、
手持ちがある人もいるかもしれませんが、生憎自分は持っておらず。
近所に扱っているような店は無く、
ネット通販で単品で購入するにしても、
製品よりも送料の方が高価くなってしまう。

調べてみると、同じサイズのボールベアリングが、
ダンガンレーサーのグレードアップパーツとして売られています。
ベアリング2個と他のパーツも入っているため、無駄もあるのですが、
アマゾンであれば、リューターや他のものと一緒に購入することで、
送料が無料となるため、ポチッと購入。

組み立て自体、特に何の問題も無かったのですが、
最初からボールベアリングを使用して組み上げてしまったのが、
ちょっと後悔というか、反省点。
まずプラの軸受けで動かしてから、ボールベアリングに交換して、
動作音が静かになるのかどうかを確認しておけば良かったなあ、と。

実際の使用感は、とても良いです。
付属のビットしか使っていませんが、
U字型のパーツの奥まった部分を削るのに、とても便利。
ポリパテ程度の固さであれば、問題なく削れると思います。

本体形状がガンタイプなため、細かい作業には不向きかと思いきや、
持ち方をちょっと変えることで、充分に使えます。

タミヤ 電動ハンディリューター

人差し指をチャック側に置き、中指でトリガーをコントロール。
人差し指がガイドになり、狙った所を外さずに削れます。
先の細いビットであれば、相当細かい作業もできるように感じます。

残念ながら、今作っているモノはあとは仕上げだけなので出番無し。
もっと早くに買っておけばよかった・・・

この組み立てシリーズ、ドリルの方は、付属の2ミリ刃を付けておけば、
模型製作だけでなく、日常のちょっとした穴開けに、とても便利です。
(普通の人は、日常そんなに穴を開けませんか)

ではリューターはと言えば、日常ではそれほど使用しませんが、
模型製作では、様々な加工シーンで活躍するかと思います。

もしそれほど使えなかったとしても、
モーターで動くプラモを買ったと思えば良いのです。
「作ること」を楽しめますし、
自分で作ったモノなら、修理も自力で行え、
バージョンアップも容易です。

使ってみて、どうも物足りないなと感じたなら、
より本格的な製品にステップアップすれば良いのです。
まずは入門用として、オススメです。


  
posted by 山田工作 at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型造形

2014年06月22日

一番短い夜の漫画祭り

最近購読したコミックスをご紹介。

「虎蛇とブー子」 2巻



1巻についての記事で、ブー子こと風子さんの、
ぽっちゃりさんとしての魅力に触れました。

2巻ではトラジとの間に子供が産まれ、
よりぽっちゃり具合が増し、
お母さんキャラとして魅力が増しております。

市川風子

さて、晴れて母親となった風子さんですが、
今巻では彼女のママ友として、トラジと因縁のある、
スズヒロという女性が登場します。

まあ、人間模様についてはお話を読んでもらうとして、
このスズヒロさんの特徴として、痩せ型ということが挙げられます。

多分、風子さんとの対比の意味もあってのことなのでしょうが、
この二人の、体型だけでなく性格の違いを見てみると、
一般的な母親キャラの類型に当てはまっていないことが解ります。

漫画のキャラクターというのは、
どうしても見た目の分かりやすさが求められ、
その性格に、見た目が引っ張られることが多くあります。

母親キャラの場合、大柄ないしふくよかな外見は、
明るく朗らか、文字通り太っ腹な印象になり、
キャラクターとしては、ややデリカシーに欠ける、
肝っ玉母さんであることが多く、
逆にスリムな体型は、活動性の高さや理知的な印象を与え、
キャラとしては、主婦というよりはキャリアウーマン、
もしくは教育ママ、といった感じでしょうか。

勿論、こうして書いているうちにふっと想い浮かんだ、
「バカボンのママ」のように、例外は多くあります。

ですが、「人は見た目が9割」という本があるように、
見た目が他人に与える印象というのは強力です。
そしてそれが解っているからこそ、
一般的に認識されている、見た目と性格の類型と、
自分とのギャップに、多くの人が悩むのでしょう。

今巻でブー子もトラジに強く訴えます。

虎蛇とブー子 2巻

体つきがふくよかだからといって、
性格も福々しいワケでは無いんだよ、と。

見た目で性格が判るなら、誰も苦労はしない。

太っているからといって大食いとは限らないし、
甘いお菓子や揚げ物が特に好きでもないヒトもいる。

デブだからってカレーが好きと思うなよ!?

・・・まあ、そう言いたいワケです。


「ねじまきカギュー」 15巻



雑誌での連載は終わったものの、
コミックスはまだ出ます。次で最後。

雑誌の方で最終話は読んでいるものの、
どうも描き下ろしがありそうなので、
結末についての判断は、まだできません。

願わくば、途中でブッた切られるように終わってしまい、
放り出されるように消えていった、魅力的なキャラクターたちを、
少しでも活かしてくれるような追記があることを望みます。


「エゴコロ・トイロ」 2巻



グランドジャンプPREMIUMという、名前だけはやたら豪華な、
でもあまり一般には知られていない雑誌で連載されているこの作品。

作者の林崎文博先生は、ジャンプであれば「つきあってよ!五月ちゃん」で、
ヤングアニマルであれば「VE」「ぼっちの人魚姫」などで知られ、
特に「ぼっち」などで見られた、
ぷくぷくした女の子の描写が魅力的でした。

白泉社を離れて集英社に戻られたいきさつについては、
この作品の1巻にて、巻末描き下ろしとして説明されています。
漫画を巡る人の縁というものについて、
とても考えさせられる内容になっていますので、
漫画好きな人には是非読んで頂きたい。

話の内容はと言うと、2巻の帯の文章が端的でして、

「グラマラスな義妹とスレンダーな同級生…
 2人の美少女とダメ美大生が同居!?」

エゴコロ・トイロ 2巻

まあ、概ねこんな感じです。


「コンシェルジュ プラチナム」 9巻



今巻の表紙はなんと、水着美女が3人!

これまで表紙は主要キャラ2人で統一されていましたが、
これで今後は、色んなバリエーションが考えられそうですね。

とはいえ、今回の3人で水着が終わり、ってコトは無いですよね?

イリエちゃんの水着姿(カラー)が無いとか有り得ませんよ?

あと、男キャラの水着シーンとかもいりませんよ?

さて、お話の方は九音が研修から戻ってきて、
白金台が中心の、いつもの感じが戻ってきました。

細かい小ネタやパロディーが多いのも相変わらず。

今巻で一番ヒットだったのが、
ゆるキャラ対決での、腕立て伏せのシーン。

コンシェルジュ プラチナム 9巻より

これを見て「宇宙家族カールビンソン」を思い出した方は、僕と握手!



posted by 山田工作 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス2014

2014年06月16日

迷宮を抜けた先

「木造迷宮」の12巻が発売されました。



木造迷宮、これにて完結です。

レトロ感溢れる、昭和の時代の街を舞台に、
しがない小説書きの「ダンナさん」と、
女中として住み込みで働いている少女「ヤイさん」の、
日々の出来事を描いてきた作品でしたが、
多くの読者が納得するカタチでの、大団円となりました。

この作品の主人公は、ダンナさんとヤイさんですが、
その二人が出会うきっかけを作ったのが、
ダンナさんの従姉妹であるサエコさん。

サエコとヤイ

ダンナさんの生活能力の無さを心配し、
女中としてヤイさんを連れてきたのですが、
彼女自身、ダンナさんに淡い恋心を抱きつつも、
ヤイさんにも好意を覚え、次第に二人を応援し、
その生活を傍らから見守り続けてきたサエコさん。

ダブルのジャケットとタイトスカートに身を包み、
自ら車を運転し、仕事に邁進する彼女は、
この物語の時代としては、先進の女性であったでしょう。

木造迷宮 サエコ

長身で、スタイルも抜群で、眼鏡の似合う、
美しくも、逞しくも見えるサエコさん。

時に怒り、時に泣き、時に笑いながら、
颯爽と動き回る姿は、とても素敵でした。

サエコ

物語の全体を通して、ダンナさんやヤイさんとは異なる、
もう一人の主人公だったと言えるでしょう。

サエコさんのダンナさんへの想いは、
彼女の胸の内に秘められたまま、
物語は終わりを迎えました。

アサミ・マート先生の描く彼女の物語は終わり、
その続きのお話は、読者の心の中へと移ったわけです。

こんなに素敵なキャラを描き出してくれたこと、
今後を想像する余地を与えてもらったこと、両方に感謝しつつ、
アサミ先生の、次回作を期待したいと思います。
posted by 山田工作 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス2014